ワイスピでホブスの娘が変わった理由は?なぜアイスブレイクとスーパーコンボで違うのか



ワイスピホブスの娘を演じる俳優が変更されました。

ホブスの娘役が突然変わったことにファンは驚いたようです。

今回はホブスの娘役がアイスブレイクスーパーコンボで変わった理由について見ていきましょう。

ワイスピでホブスの娘が変わった理由は?

ワイスピでホブスの娘サマンサ役が変更になりました。

その経緯について見ていきましょう。

 ホブスの娘はサマンサ・ホブス

ルーク・ホブスの娘サマンサ・ホブスは「ワイルドスピード/スカイミッション」に初登場します。

オーウェン・デッカードに襲撃され負傷したホブスの病室をドミニクが訪ねた際にサマンサが登場します。

サマンサは病室を訪れたドミニクに対して「パパが一度ボコったと言っていた」と話し、父から口が悪いと叱られます。

ホブスも愛娘を溺愛しており、「サム」という愛称で呼んでいます。

何よりも娘のことを大事にしているようですね。

アイスブレイクでのサマンサ

アイスブレイクでサマンサを演じたのはエデン・エストレヤです。

エデンはアメリカのロサンゼルス出身、2004年3月30日生まれの17歳です。(2021年9月現在)

少しウェーブがかかったロングヘアが似合う美少女として注目されました。

歌も上手な彼女は歌唱した動画をSNSに投稿しています。

素晴らしい美声の持ち主なので、これからは歌手としても活躍するかもしれませんね。

ワイスピシリーズのスカイミッションとアイスブレイクに出演しました。

スカイミッション出演時の年齢が11歳、アイスブレイク出演時が13歳です。

スカイミッションの初登場時はまだ幼かったのですが、アイスブレイク出演時には身長も伸びて大人っぽくなっていました。

前作から2年しか経っていないのにビックリですね。

アイスブレイクでは父親であるルーク・ホブスが家族の為に休暇を取ると宣言し、サマンサが嬉しそうに寄り添うシーンが素敵です。

スーパーコンボでのサマンサ

スーパーコンボでサマンサを演じたのはエリアナ・スアです。

エリアナはアメリカのケンタッキー州出身、2008年1月9日生まれの13歳です。(2021年9月現在)

スーパーコンボ出演時の年齢は11歳で、カーリーヘアの可愛い女の子を演じました。

父に連れられてグランマと感動の対面を果たすシーンに出演しています。


なぜアイスブレイクとスーパーコンボで違うのか

次にホブスの娘サマンサ役が変更された理由について見ていきましょう。

変更の理由を考察

サマンサ役が変わったのはホブスの娘を演じるのにエデンが成長しすぎてしまったというのが一番の理由だと考えられます。

前作のアイスブレイクにおいて13歳になったエデンは成長して落ち着いた雰囲気になっていました。

スーパーコンボが公開された2019年当時、エデンは既に15歳になっています。

ティーンエイジャーになり急成長したエデンがサマンサ役を降板し、エデンより4歳年下であるエリアナが新しく配役されたのだと考えられます。

ただエデンとエリアナは髪型や雰囲気も違いますし、なんといっても前作で成長していたサマンサが以前より幼くなっているのは不自然です。

おそらく映画を観た多くのファンが違和感を覚えたはずです。

とはいってもティーンエイジャーになると急に身長が伸びて大人っぽくなるものなので変更を余儀なくされたのかもしれませんね。

 まとめ

今回はワイスピのアイスブレイクとスーパーコンボでホブスの娘が変わった理由について紹介させていただきました。

ホブスの娘サマンサ役が変わったのは初代サマンサ役のエデン・エストレヤが成長したからという理由が有力です。

ただやはり突然の配役変更は不自然さがありました。

エデンもエリアナもホブスの娘役にピッタリですが、なぜ変更になったのかファンは不思議に感じたかもしれませんね。

サマンサ役を演じた2人はとても可愛らしい女の子なので是非チェックしてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です