インディジョーンズでワニの餌食になるのは誰?サギーの高僧モラ・ラムについても



インディジョーンズ魔宮の伝説に登場する悪役が吊り橋から川に落ちてワニの餌食になるシーンがあります。

ワニの餌食になるのは誰でしょうか?

インディジョーンズに登場するサギーの高僧モラ・ラムについても紹介させていただきます。

インディジョーンズでワニの餌食になるのは誰?

インディジョーンズでワニの餌食になるのは誰なのか見ていきましょう。

ワニの餌食になるのはモラ・ラム

「インディジョーンズ魔宮の伝説」のラストシーンでモラ・ラム率いるサギー軍団に追い詰められたインディは吊り橋のロープを刀で切るという暴挙に出ます。

するとサギー軍団の一部が川に落ちてワニたちに食べられてしまします。

その後インディとの戦いに敗北したモラ・ラムも川に転落してワニの餌食となります。

イギリス軍に襲撃されたサギーの仲間たちも次々と川に転落してワニに食べられる運命を辿りました。

インディとモラ・ラムとの戦い

追手を振り切りながらトロッコで疾走し何とか脱出に成功したインディたちでしたが、再びモラ・ラムと信者たちに追い詰められます。

インディは吊り橋のど真ん中で信者数人に挟み撃ちにされるという絶体絶命のピンチです。

そこでインディはモラ・ラムに対して「地獄でカーリーに会わせてやる」と言いながら剣で吊り橋を切断します。

信者たちが川に落下しワニの餌食となる中、インディとモラ・ラムは切断された吊り橋にしがみつき宙づりになって死闘を繰り広げます。

初めは殴り合って互いを突き落とそうとした2人でしたが埒が明かず、モラ・ラムが必殺技を使いインディの心臓を抉り出そうとしますが失敗に終わります。

その後インディが祈りを捧げるとサンカラ・ストーンが炎に包まれます。

インディのバッグから落下するサンカラ・ストーンを掴み取ろうとしたモラ・ラムは暑さにダメージを受けて吊り橋から川に転落、ワニの餌食となって死亡します。

サギーの残党もイギリス軍が成敗してくれます。

自力で地上へ戻ったインディはサンカラ・ストーンを守り抜いた救世主として崇められます。


サギーの高僧モラ・ラムについても

続いてサギーの高僧モラ・ラムについて見ていきましょう。

モラ・ラムとは?

モラ・ラムはサギ-教の司祭であり、インディたちを追い詰める悪役です。

過去にイギリスから征服を受けたことを根に持つモラ・ラムはカーリーを神としたサギー教を作り、奇跡の石と呼ばれるサンカラ・ストーンを集めて強力な力を得ようとしていました。

鉱山に埋められたサンカラ・ストーンを村の子ども達に発掘させようと奴隷として働かせるなど、数々の悪事を働きます。

インディを洗脳してウィリーを殺そうとするなどやりたい放題です。

最後までサンカラ・ストーンに執着したことが彼にとって命取りになります。

モラ・ラムの必殺技は生身の人間の心臓を掴んで取り出すことです。

モラ・ラム役のアムリーシュ・プリー

モラ・ラム役のアムリーシュ・プリーは1932年6月22日生まれ、インド出身の映画俳優です。

1982年公開の「ガンジー」など多くのヒンディー語作品に出演しました。

そして1984年に公開された「インディジョーンズ魔宮の伝説」のモラ・ラム役で広く知られることになります。

惜しまれつつ2005年に72歳で亡くなりました。

まとめ

今回はインディジョーンズでワニの餌食になるのは誰かについて紹介させていただきました。

ワニの餌食になったのはシリーズ最恐の悪役であるサギーの高僧モラ・ラムでした。

インディジョーンズ魔宮の伝説はグロテスクなトラウマシーンが多いのですが、悪役であるモラ・ラムがワニの餌食になるシーンはスカッとします。

悪事を重ねてきたのだからワニの餌食になったのも仕方ないですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です