裏世界ピクニックの元ネタ「ストーカー」とは?あらすじや類似点についても

アニメ「裏世界ピクニック」が1月4日(日)からスタートしました!

日本の都市伝説を舞台にしたアニメで注目されています。

作者の宮澤伊織(みやざわ いおり)さんはインタビューで、ストルガツキー兄弟の『ストーカー』(ハヤカワ文庫SF)をやりたい、という発想から「裏世界ピクニック」を作った、と述べています。

ストルガツキー兄弟の『ストーカー』とはどんな作品なのか、「裏世界ピクニック」との類似点や相違点についても見ていきます。

 

裏世界ピクニックの元ネタ「ストーカー」とは?

「ストーカー」はロシアのストルガツキー兄弟によって書かれ、1972年に出版された長編小説です。原題は「路傍のピクニック」。ハヤカワ文庫SFで読むことができます。

 

1979年にアンドレイ・タルコフスキー監督、ストルガツキー兄弟脚本で映画化もされました。

 

あらすじ

ある時異星人が地球に来訪し、地球人と接触することなく去っていった。

異星人が去ったとに謎の地帯、ゾーンが残されていた。

ゾーンの謎を探るべく、国際地球外文化研究所が設立され、その管理と研究が始められた。

その後警戒厳重なゾーンに不法侵入し、異星文明が残していったさまざまな物品を命がけで持ちだす者たち、ストーカーが現われた。物品は高値で売買されたからだ。

研究所でガイドを勤めていたレドリックは、ある時友人キリールと助手テンダーと3人でゾーンへ向かい、目当ての「空罐」を回収し達成感を味う。

しかし一緒に行って、ゾーンでクモの巣に触れたキリールが突然死する。

愕然とするも熟練のストーカー・バーブリッジとストーカー行為を続けるレドリック。恋人から妊娠を告げられ結婚するも、生まれた子供はだんだん猿に形状が似てくる奇形児だった。

レドリックはバーブリッジの息子アーサーと共に、あらゆる願いを叶えるという「黄金の玉」を取りにゾーンへと向かう。

ゾーンの実体とは? 異星の超文明が来訪したその目的とは何だったのか? 

 

裏世界ピクニックとの類似点

裏世界=ゾーン

「裏世界ピクニック」の裏世界に当たるのが「ストーカー」のゾーンです。「裏世界ピクニック」では裏世界はもともと存在していますが、「ストーカー」では、異星人の来訪により「ゾーン」がもたらされた、とあります。

物を持ち帰って売る

ゾーンに異星文明が残していったさまざまな物品を不法侵入して持ち出すのがストーカー。一方裏世界の主人公の空魚は廃墟探索が趣味で、その際に見つけた扉で「裏世界」の存在を知りました。

一般に「裏世界」の存在は知られていなく、たまたま迷い込んでその存在を知った人が多いと思われます。

裏世界やゾーンから品物を持ち出して売る、という行為は同じです。

危険なものに遭遇

裏世界の住人である妖怪に接触すると体の一部が変化し、特殊能力が生まれます

一方、ゾーンに生息する生物に接触すると、けがをしたり、下手をすると死ぬこともあります。

裏世界やゾーンには妖怪や異生物がいて、接触することで人間に被害をもたらすのは同じです。

題名

「ストーカー」の原題は「路傍のピクニック」。「裏世界ピクニック」とかなり似通っています。

裏世界ピクニックとの異なる点

登場人物

登場人物が大きく違います。

ストーカーのメインキャラクターは、研究員のレッド(レドリック)という男性です。

一方「裏世界ピクニック」のほうは大学生の女子2人が主役で、二人の間には百合の要素があります。

探索の目的

ストーカーのほうが、「黄金の玉」という、あらゆる願いを叶えるというものを見つけるのが目的になっていくのに対し、「裏世界ピクニック」では、鳥子は行方不明になった元家庭教師の冴月を探しだすのが目的で、協力者として空魚を誘います。

「裏世界ピクニック」について


引用:dアニメストア

『裏世界ピクニック』宮澤伊織氏による人気シリーズで、「この世界」と「裏側」を行き来するSFホラーです。

ホラーといっても主人公の2人空魚(そらお)と鳥子(とりこ)が二十歳ちょっとの女性で、冒険物語的要素が強く、百合的要素もあるので、二人をめぐる物語として見ても面白いです。

あらすじ

紙越空魚 (かみこしそらお)は、「くねくね」や「八尺様」などネット上の実話怪談として語られる怪異(かいい=ばけもの)が徘徊する「裏世界」の存在を知り、たびたび探検していました。

ある日、怪異に遭遇し、身動きが取れなくなってしまった空魚の前に、一人の美少女が現れます。

彼女は仁科鳥子 (にしなとりこ)でした。

鳥子はある目的があって、この「裏世界」を探索していたのです。

鳥子との出会いが空魚の人生を一変させます。

鳥子は空魚に「裏世界」の探索の協力を依頼するのでした。

彼女は「裏世界」で行方不明になった閏間冴月(うるま さつき)という女性を探していました。

探検と研究、そしてお金稼ぎのため、空魚は鳥子と行動をともにします。

非日常へ足を踏み入れた二人は様々な怪異と遭遇し、危険なサバイバルが始まります。

◆PVはこちら ↓

まとめ

「裏世界ピクニック」の元ネタとされる『ストーカー』についてや、「裏世界ピクニック」との類似点や相違点について見てきました。

「裏世界ピクニック」の見逃しを最速で見たいなら… ↓

「裏世界ピクニック」最速で見逃しを見たいならdアニメストア!Amazonプライムで見れる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です