【ハリーポッター】セドリックの死因は?殺されたのはハリーのせいなのかも考察

ハリーポッターに登場するキャラクター、セドリック・ディゴリーはホグワーツ魔法魔術学校のハッフルパフ寮に所属する魔法使いです。

セドリックはイケメンで優等生、勤勉で人柄も良いという完全無欠なキャラです。

しかし、魔法学校対抗試合でハリーと競い合った際に命を落とすという悲しい最期を迎えました。

この記事ではセドリックについて(死因や、殺されたのはハリーのせいなのか)、セドリック役のロバート・パティンソンの経歴についても紹介させていただきます。

【ハリーポッター】炎のゴブレットでセドリックの死因は?

「ハリーポッターと炎のゴブレット」に登場するキャラクター・セドリックについて見ていきましょう。

セドリック・ディゴリーとは?

セドリック・ディゴリーはエイモス・ディゴリーの息子で優秀な魔法使いです。

ホグワーツ魔法魔術学校のハッフルパフ寮に所属する6年生です。

セドリックは在学中、監督生、シーカーを務めていました。

三大魔法学校対抗試合の時には出場を狙い、炎のゴブレットに名前を入れます。

その結果、セドリックはホグワーツ代表選手として選ばれます。

また、セドリックはハリーポッターシリーズにおいて屈指のイケメンキャラとしても知られています。

セドリックの死因は?

セドリックはハリーと共にリトル・ハングルトンの墓地に飛ばされた際、不審な男が放った死の呪文「アバタケタブラ」で死亡しました。

不審な男の正体はピーター・ペティグリューで、彼はヴォルデモートの命令によってセドリックを殺しました。

セドリックの最期

三大魔法学校対抗試合の最後の課題をハリーとセドリックは同時に終了します。

2人が優勝杯に触れると、リトル・ハングルトンの墓地に飛ばされてしまいました。

そこでハリーを待ち受けていたピーター・ペティグリューが邪魔だったセドリックを死の呪文で殺してしまいました。

「呪いの子」ではデスイーターに?

「ハリーポッターと呪いの子」でハリーの息子アルバスとドラコの息子スコーピウスは殺されたセドリックを助けるために過去に戻ります。

その結果、2つのパラレルワールドが生み出されました。

魔法学校対決試合に戻ったアルバスは、セドリックを勝たせないようにするため彼の杖を奪います。

しかし、アルバスたちがセドリックに大恥をかかせたことが原因で、セドリックはデスイーター(死喰い人)になってしまいます。

デスイーターになったセドリックがネビル・ロングボトムの命を奪ったため、ハリーたちがヴォルデモートに勝てないという事態になります。

アルバスとスコーピウスが過去に戻ったことが原因で混乱が生じるという結果になりました。


殺されたのはハリーのせいなのかも考察

続いて、セドリックが殺された背景についてみていきましょう。

セドリックが死んだのはハリーのせい?

セドリックはハリーと墓地に飛ばされた際、突然現れた不審な男を警戒し、うずくまるハリーをかばうように杖を構えた際に攻撃され死亡しました。

しかし、ヴォルデモート派が優秀な魔法使いであるセドリックを始末したいという意図からセドリックは殺されました。

セドリックはハリーよりも優秀な魔法使いだったことから脅威になり得たからです。

ハリーが殺されそうになったのを庇ったわけではありませんし、たまたまヴォルデモート派に遭遇してしまったのが原因なので非常に不運だったと言えるでしょう。

ですからセドリックが殺されたのはハリーのせいではありません。

セドリックの死をハリーはどう受け止めた?

ハリーはセドリックが目の前で殺されたことに衝撃を受けます。

身近な人が目の前で死んでしまったのはハリーにとって初めての経験でした。

セドリックを助けられなかったことに罪悪感を抱いたハリーをダンブルドア校長が励まし、「友達を大切に」というメッセージを送ります。

セドリックがハリーの初恋相手チョウ・チャンのボーイフレンドだったことに嫉妬し、セドリックにきつく当たったことも申し訳なく感じたのではないでしょうか。

セドリック役の俳優はロバート・パティンソン

続いて、セドリック役のロバート・パティンソンについて紹介します。

ロバート・パティンソンのプロフィール

https://twitter.com/pottermaniajp/status/1392616845182656512?s=20

ロバート・パティンソンは1986年5月13日生まれ、イギリスのロンドン出身です。

職業は俳優・モデル・ミュージシャン、185cmの高身長が目を引きます。

2005年に公開された「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」で注目され、2008年に公開された「トワイライト~初恋~」でブレイクしました。

トワイライトはその後もシリーズ化される人気映画となり、彼の代表作となりました。

トワイライトシリーズで共演したクリステン・スチュワートと交際していたことでも有名です。

ロバート・パティンソンの経歴

ロバート・パティンソンは2004年にテレビ映画「ニーベルングの指環」でデビューを飾り、2005年に公開された映画「ハリーポッターと炎のゴブレット」のセドリック・ディゴリー役で注目されます。

2008年公開の「トワイライト~初恋~」で主人公ベラ・スワンの恋人エドワード・カレン役でブレイクします。

2015年公開の「ディーン、君がいた瞬間」ではジェームス・ディーンを撮影したカメラマン、デニス・ストックを演じました。

2022年3月公開予定の「THE BATMAN-ザ・バットマン-」では主演のブルース・ウェイン/バットマン役を務めます。

主な出演作品

  • 「トワイライト」シリーズ
  • 「ハリーポッターと炎のゴブレット」
  • 「ディーン、君がいた瞬間」
  • 「リメンバー・ミー」
  • 「グッド・タイム」
  • 「ライトハウス」
  • 「TENET テネット」
  • 「THE BATMAN-ザ・バットマン-」

まとめ

「ハリーポッターと炎のゴブレット」に登場するキャラクター・セドリックについて、セドリック役のロバート・パティンソンについて紹介させていただきました。

セドリックの死因はヴォルデモートの命令によってピーター・ペティグリューがかけた死の呪文でした。

彼が殺されたのはハリーのせいではありませんが、最期までハリーを守ろうとした姿勢はジェントルマンでかっこよかったと思います。

kindle Unlimitedのお試し登録で、ハリーポッターシリーズが読み放題! 詳しくはこちら ↓

KindleUnlimited(キンドルアンリミテッド)で無料で読めるハリーポッターシリーズは?登録の仕方も

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です