韓国映画ジョゼのヒロインはハン・ジミン!経歴や性格についても

キム・ジョングァン監督の新作映画「ジョゼ」が韓国で2020年12月10日に公開されました。

この映画は田辺聖子の短編小説「ジョゼと虎と魚たち」を原作としたもので、日本で2003年に犬童一心監督が実写映画化したもののリメイク版となっています。

ヒロイン・ジョゼ役のハン・ジミンさんについて調べてみました。

 

韓国映画ジョゼのヒロインはハン・ジミン!

ハン・ジミン(한 지민)さん ↓


引用:映画.com

プロフィール

本名 韓 志旼(한 지민)
生年月日 1982年11月5日
星座 さそり座
血液型 B型
身長 160cm
出身地 韓国・ソウル特別市
出身校 ソウル女子大学校人間開発学部社会事業科
所属事務所 BHエンターテインメント

ハン・ジミンさんは童顔なので若く見えますが、2020年現在38歳です。

経歴や性格について

ここからはハン・ジミンさんの経歴や性格について見ていきます。

経歴

ハン・ジミンさんは、ソウル市黒石洞で2女の次女として生まれました。

幼い時から3世代が集まって住む大家族の中で、祖父や祖母と多くの時間を過ごしたことで高齢者の問題に関心を持ち、大学の専攻は社会事業学科(ソウル女子大)を選びました。

芸歴は、中・高校時代から雑誌モデルや広告で活躍し、ファッション雑誌『Ceci』のモデルからタレントに抜擢されます。

2003年にSBSドラマ『オールイン』でソン・ヘギョの子ども時代を演じたことで注目されました。実際の年齢はソン・ヘギョと同じだったという事です。

その後『宮廷女官チャングムの誓い』で、主人公の友人シンビを演じ、人気者になりました。

『イ・サン』でヒロインを演じ、一躍トップ女優の仲間入りを果たします。

『屋根部屋のプリンス』では流暢な英語が話題を呼びました。

 

大使や慈善活動

ハン・ジミンさんは、多くの親善大使や広報大使として活躍しています。一部をあげてみます。

●2007年国際飢餓及び疾病及び識字機関である韓国JTSの広報大使
●2008年献血広報大使、納税広報大使、南フランスのワインの広報大使
●2010年ソウル市広報大使
●2012年国連環境計画(UNEP)韓国委員会親善大使
●2013年スイス親善大使
●2018年児童虐待防止広報大使

2007年から始めた国際飢餓及び疾病及び識字機関である韓国JTS(国際飢餓、疾病、識字機関)の広報大使としては、募金活動や各種行事にもれなく参加しているそうです。

ハン・ジミンさんは、オードリー・ヘップバーンやアンジェリーナ・ジョリーのような慈善活動を積極的に行うスターになりたいそうです。

フィリピンの町アッラーウォンを訪ねた際には、子供たちに本を読み一緒に歌ったり踊ったりと積極的に交流していたそうです。

ハン・ジミンさんの夢は2つあり、

1.記憶に長く残る演技者になること
2.シルバータウンを建てて運営すること

だそうです。

シルバータウンに関しては、三世代で育ち、祖父や祖母の見守る中で育ってきたことが関係しているのでしょう。

また、大学の専攻が、人間開発学部社会事業科であり、専門的な勉強をしてきたことも、そのような構想をもたらしたのだと思います。

性格が良い

共演した俳優からは性格の良さが絶賛されています。

「SHINHWA」のイ・ミヌは自身のインスタグラムで「 ハン・ジミンの性格は最高」と述べています ↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

M(@mstyle79)がシェアした投稿

俳優のイ・ソジンは、出演したバラエティ番組で、理想の結婚相手としてハン・ジミンの名前を挙げ、「今までに出会った人の中で一番優しい」と発言したそうです。

イ・ソジンとは恋愛のうわさもありましたが、イ・ソジンが40歳を過ぎて結婚願望がなくなったからか、うわさで終わったようです。

インタビューなどを見ると、常に人に感謝し、笑顔を絶やさない明るさが目立ちます。

美しい容姿に加えて明るく謙虚であることがよく分かります。

多くの大使に起用されてきたのもうなずけますね。

涙もろいところもあるようで、映画『ジョゼ』の制作報告会では、相手役のナム・ジュヒョクが試写会で涙を見せると、つられて泣いていました。

 

 

SNSの声

SNSでも 明るい性格と言われていました。

映画『ジョゼ』について

映画『ジョゼ』の予告動画 ↓

 

韓国版『ジョゼと虎と魚たち』は、原作とも日本の実写版とも少し違っています。

まず、ジョゼが30歳を過ぎた成熟した女性です。

ジョゼ(ハン・ジミン)とヨンソク(ナム・ジュヒョク)の出会いはジョゼの乗っている電動車椅子の事故によるものになっていました。

日本版がとても現実的に二人の関係を描いているのに対して、韓国版はジョゼとヨンソクの恋をロマンチックに歌い上げる感じです。

初キスシーンも夜に雪の降る中、家の前の路地でお互いの気持ちを確かめ合ってから、ととても丁寧に描かれていました。

日本版はラストの現実的で、二人がはっきりと分かれますが、韓国版は余韻を残して終わるので、田辺聖子の原作に近いと言えるでしょう。

 

★日本では、『ジョゼと虎と魚たち』のアニメ映画が2020年12月25日(金)に公開されます。

『ジョゼと虎と魚たち』のアニメ映画についてはこちらに書いています ↓

アニメ映画ジョゼと虎と魚たちの結末について考察!原作と実写版での最後の違いについても

インスタグラムよりハン・ジミンの美しい画像

ここからはハン・ジミンさんの美しい画像を集めてみました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hanjimin(@roma.emo)がシェアした投稿

甥っ子さんとの一枚。可愛いですね ↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hanjimin(@roma.emo)がシェアした投稿

『第3回CGVゴールデンアワード』演技賞受賞をお知らせ ↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hanjimin(@roma.emo)がシェアした投稿

雰囲気違いますね。「ミス・パック」の時か・・・?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hanjimin(@roma.emo)がシェアした投稿

やはりこの笑顔がハン・ジミンさんらしいですね! ↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hanjimin(@roma.emo)がシェアした投稿

まとめ

12月10日に韓国で公開される映画「ジョゼ」のヒロイン役のハン・ジミンさんについて見てきました。

性格も良くて頑張り屋の、とても素敵な女優さんですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です