アニメ映画ジョゼと虎と魚たちの結末は?原作と実写版での最後の違いについても

『ジョゼと虎と魚たち』は、芥川賞作家「田辺聖子」の原作で、2003年に妻夫木聡・池脇千鶴主演で実写映画化もされました。

この作品がアニメーション映画となり、2020年12月25日(金)に全国ロードショーされます。

 

アニメ映画「ジョゼと虎と魚たち」の結末は?

『ジョゼと虎と魚たち』がアニメ映画になるのは楽しみですが、とても気になるのが、結末がどうなるのか、という事です。

なぜなら、原作と実写版では、結末が異なり、賛否両論あるからです。

私自身は原作を読んでから実写映画を観たのですが、どちらの結末もいいと思いました。

アニメはどんな結末になるのでしょうか。楽しみです。

アニメ映画のあらすじ

趣味の本と想像の中で、自分の世界を生きるジョゼ。

幼いころから車椅子の彼女は、ある日、危うく坂道で転げ落ちそうになったところを、大学生の恒夫に助けられる。

海洋生物学を専攻する恒夫は、メキシコにしか生息しない幻の魚の群れをいつかその目で見るという夢を追いかけながら、バイトに明け暮れる勤労学生。

そんな恒夫にジョゼとふたりで暮らす祖母・チヅは、あるバイトを持ち掛ける。それはジョゼの注文を聞いて、彼女の相手をすること。

しかしひねくれていて口が悪いジョゼは恒夫に辛辣に当たり、恒夫もジョゼに我慢することなく真っすぐにぶつかっていく。

そんな中で見え隠れするそれぞれの心の内と、縮まっていくふたりの心の距離。

その触れ合いの中で、ジョゼは意を決して夢見ていた外の世界へ恒夫と共に飛び出すことを決めるが……。

引用:fashion press

アニメ版では設定や内容が原作や実写映画とかなり違っているようですね。

結末はどうなるのでしょうか。

アニメ版の結末については、外国人の間でも話題になっていました。

特報60秒へのコメントより

H Wong
I’m kinda getting the feeling… I’m not gonna like the ending of this… I’m scared

「結末が気に入らないかもしれない。そんな気がして怖い」

これに対して30もの返信があり、ハッピーエンドなのか否か、また、他のアニメの結末について述べたものもあり、改めて日本のアニメ映画のファンが外国にたくさんいることが分かりました。

原作と実写版での最後の違いについて

原作のあらすじ

足が不自由で、車椅子がないと動けないため、ほとんど外出したことがなく人形のようになっているジョゼと、大学を出たばかりの共棲みの管理人・恒夫。

二人はひょんなことから出会い、お互い惹かれ合っていく。

原作の結末

小説ではジョゼと恒夫は、結ばれて籍は入れないものの平穏な同棲生活を送っているところで終わっています。

その後結婚するのか、別れるのかは分かりません。

 

実写映画のあらすじ

恒夫(妻夫木聡)は、雀荘でアルバイトをしている大学生。

恒夫はある日、偶然ジャン道で話題になっていたおばあさんの乳母車に乗っている少女ジョゼ(池脇千鶴)に会った。

足の不自由なジョゼは外の世界をほとんど知らなかったが、恒夫と出会ったことで様々な経験をする。

実写映画の結末

実写版では二人は別れます。恒夫はジョゼのもとから去っていくのです。

ジョゼはそれを受け入れているようです。恒夫が出て行く時に玄関で餞別といってエロ本を渡します。

恒夫とジョゼは違う道を歩き始めます。

恒夫はジョゼのことを思って泣き、ジョゼは新しく、電動車いすでの生活を始めるのでした。

二人は別れましたが、出会ってひと時を共に過ごしたことでお互い成長したのが分かります。

ジョゼはもともと強い女性で、恒夫がいつまでも自分のところにいるとは思っていなかったようです。

それは、二人で行ったラブホテル「お魚の館」での会話からも分かります。

ジョゼ:「なあ」

恒夫:「うん?」

ジョゼ:「めえとじて」

「何が見える?」

恒夫:「なーにも。真っ暗。」

ジョゼ:「そこが昔うちがおった場所や。」

恒夫:「どこ?」

ジョゼ:「深い深い海の底。うちはそっから泳いできたんや」

恒夫:「なんで?」

ジョゼ:「あんたとこの世で一番エッチなことするために」

恒夫:「そっかー、ジョゼは海底に住んでたのか」

ジョゼ:「そこには光も音もなくて風の吹かへんし雨も降らへんでシーーーンと静かやで」

恒夫:「寂しいじゃん」

ジョゼ:「別に寂しくない。始めから何もないねんもん。ただ、ゆっくりゆっくり時間が過ぎていくだけや。

うちはもう二度とあの場所には戻られへんのやろ。いつかあんたがおらんようになったら、迷子の貝殻みたいに、独りぼっちで海の底をコロコロコロコロ転がり続ける事になるんやろ

でもまあ、それもまたよしや

恒夫は寝てしまっているのですが、ジョゼはこんな風に言って恒夫にキスするのです。

恒夫がいなくなって一人ぼっちでさまようことになっても、それも良し、と言っているのです。ジョゼの強さと切なさにジーンとくる場面です。

 

まとめ

「ジョゼと虎と魚たち」のアニメ映画が12月に封切されるという事で、結末について考察してみました。

どんな作品になるのか、早く見たいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です