メイドインアビスでヴエコとは?イルミューイとの関係についても

2022年7月に待ちに待ったアニメ「メイドインアビス 烈日の黄金郷」の放送が始まります。

穴の淵の町・オースから出発したリコとレグは、とうとう第6層還らずの都へ「絶界行(ラストダイブ)」を果たしました。

辿り着いた村「イルぶる」には既に人間はいないものだと思っていましたが、リコは村の端にある目の奥(ドグーブ)でヴエコに出会いました。

村の住人が成れ果てて人間の姿を捨ててしまったというのに、なぜ彼女一人だけ人間の姿を保っていたのでしょうか。

本記事では、かつて三賢と呼ばれたヴエコと、イルミューイについてまとめました。

Amazonプライムの無料お試しで「メイドインアビス」を視聴する

 

メイドインアビスでヴエロエルコとは?

ヴエコ

http://miabyss.com/2nd_chara05.html

メイドインアビスのキャラクター、ヴエコは故郷に戻れず理想郷を探す決死隊「ガンジャ」のメンバーでした。

幼い頃からガンジャ隊に加入したヴエコは、義父がもっていた羅針盤を辿り、大穴アビスを発見することができました。

その功績が讃えられ、ヴエコは三賢と呼ばれ、皆に信頼されていました。

ヴエコの過去

ヴエコには身寄りがなく、引き取り手の義父は、ヴエコを日常的に虐待していました。

自由のない辛く苦しい日常の中で、義父から聞かされた黄金郷の話を頼りに、ヴエコはガンジャ隊に加入することに決めました。

探窟家として、辛い修行を受けながらも、黄金郷を目指す準備を着々と進めて来たのです。

頭からおでこにかけて、義父がつけた火傷の痕があり、隠すように帽子を被り前髪を長めに伸ばしています。

しかし、ガンジャ隊に加入し、自立した後でも、義父がヴエコを卑下する声は彼女の頭の中でずっと幻聴のように聞こえていたのです。

ebookjapanで「メイドインアビス」を試し読み!

ヴエコはなぜ三賢と呼ばれたのか

ヴエコは、ガンジャ隊のリーダーであるワズキャンから、隊の道標だと言われていました。

なぜなら、アビスへの道標である羅針盤も持っており、大穴アビスを見つけられたのはヴエコのおかげといっても過言ではないからです。

また、隊員のお世話もしていると話していましたが、医者的な役割として隊員の健康管理も行なっていました。

しかし、ヴエコ自信は三賢と呼ばれる自信はなく、常に暗い目をしていました。

アビスに到達

ガンジャ隊員達は、黄金郷の存在に半信半疑でしたが、とうとう大穴アビスのある孤島に辿り着きました。

島に上陸すると、そこには独自の文化と言語を持った原住民達が住んでいました。

ヴエコが羅針盤を取引しているところを見たイルミューイは、村を抜けてガンジャ隊について行きます。

当時は、アビスの呪いである上昇負荷についてもわかっていなかったので、アビスの危険を知っているイルミューイは重宝されました。

そして、成れ果ててしまった人の白笛を使い、ガンジャ隊はとうとう黄金都市と呼ばれた「ショウロウ(還らずの都)」に辿り着きました。

目の奥に幽閉された経緯

ヴエコが目の奥に幽閉された理由は、ヴエコがイルミューイといることが村の創設に必要だったからかと推測します。

イルミューイの願いは、ずっとヴエコと一緒にいることだったので、ヴエコなしで村を創設することはできなかったのです。

ワズキャンは、隊員の皆に成れ果てになってもらうよう誘導しましたが、ヴエコが自死しようとしたのを見ると血相を変えました。

ヴエコが死んでしまってはイルミューイの願いは叶わないので、ワズキャンはヴエコを目の奥に幽閉することにしたのです。


イルミューイとの関係についても

イルミューイはまだ子供で、隊について来たときは、仲間になることを反対されました。

しかし、ヴエコの説得のおかげでイルミューイは隊について行くことができました。

イルミューイとは

イルミューイ

引用:つくしあきひと「メイドインアビス」竹房書房

イルミューイは、アビスの大穴の近くに住む原住民の子供で、村に産まれた唯一の女の子でした。

アビス周辺の村では、子供は生まれるものの男の子だけで、子供をたくさん産む女は讃えられていたようです。

確かに、ガンジャ隊を取り囲んだ原住民達は、老人や男性が多かった印象でした。

しかし、イルミューイが子供を産めないとわかると、村人達の態度は一変しイルミューイは生贄に捧げられることになりました。

言語の理解が速く、難解な奈落文字も読むことができるのでガンジャ隊のメンバーにすぐ打ち解けることができました。

イルミューイとヴエコ

イルミューイとヴエコは、子供が産めないという苦しみが共通していていました。

またヴエコは、何の迷いもなく懐いてくれるイルミューイを心の支えとしていました。

二人とも可愛い動物が好きで、イルミューイのヤマネが死んでしまった時は、ヴエコはイルミューイにヤマネの爪のペンダントを作ってあげています。

イルミューイは「欲望の揺藍」で体が変わって行っても、そのペンダントを最後まで身につけていました。

やがてペンダントは体に取り込まれたのか、イルミューイの三本の角となり、ファプタにも頭に三本の爪のような名残が残っています。

ヴエコとリコの出会い

リコは、成れ果て村の食べ物でお腹を壊してしまい、回復した時にはレグもナナチもいませんでした。

食堂のおかみさんは、村人達は行かないが目の奥(ドグーブ)という場所なら、二人が迷い込んでいる可能性があるかもしれないと言いました。

リコは、マアアさんという成れ果てと一緒に目の奥に向かいました。

ヴエコとリコ

ヴエコは、目の奥と呼ばれるイルミューイの頭の中で、裸のままドロドロの思念と共に座り込んでいました。

リコは、成れ果て村に人間がいると思っていなかったので驚きましたが、現代のことを何ひとつ知らないヴエコを訝しげに見ていました。

ヴエコの首輪は、自分から外すことができず、誰かに外れろと願いながらとってもらうことが必要でした。

リコは、ヴエコが悪い人でも構わないといい、首輪を外してあげました。


まとめ

ヴエコとイルミューイの関係についてまとめて見ましたが、いかがだったでしょうか。

もしもヴエコがもっとしっかりした人間だったら、遺物の力で醜く変わっていくイルミューイを殺すべきだったのでしょう。

しかしその決断ができなかったヴエコは、人間の弱さを凝縮したような女性だったと言えます。

アニメ第二期では、ヴエコを演じるのは大人気声優の寺崎裕香さんです。

とても可愛い声だったので、アニメが始まるのが待ち遠しいですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です