モコミで主演の女優は小芝風花!清水萌子美の役どころについても



テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』が2021年1月にスタートします。

主演するのは、2020年に『妖怪シェアハウス』や『美食探偵 明智五郎』で活躍した女優の小芝風花さんです。

モコミの見どころや清水萌子美の役どころについて調べてみました。

モコミで主演の女優は小芝風花!

小芝さんは、2021年1月スタートのテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』で主人公「清水萌子美」を演じます。

オスカープロモーションに所属の、大注目の女優さんです。


引用:https://www.oscarpro.co.jp/talent/fuka_koshiba/

小芝風花さんについてはこちらに書いています ↓

小芝風花の性格や経歴は?かわいいインスタやファッションについても

ここからは『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』について見ていきます。

 


清水萌子美の役どころについて

主人公・清水萌子美(モコミ)は、モノの気持ちが分かる特殊能力を持つ女性です。

縫いぐるみや石、植物など、感情を持たないとされている「モノ」の気持ちが分かってしまうのです。

そんな不思議な感覚を持っているために、他人との関わりを極力持たないようにして生きてきました。

ところがあることをきっかけに、自分自身を狭い世界に閉じ込めていた彼女が、広い世界に踏み出すことを決意します。

萌子美がさまざまな経験を重ねながら、成長していくというストーリーです。

家族との関係も、モコミが自分の足で歩み出したことから変わっていきます。

家族は、モコミのことを大切に思っていますが、モコミの特殊能力のために、ときに優しいだけではいられないこともあるのでした。

この作品は家族の再生というテーマも含めた家族の大切さを描いた「人間賛歌」のドラマです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小芝風花(@fuka_koshiba_official)がシェアした投稿

モコミの見どころ

脚本家・橋部敦子の作品

橋部敦子さんが脚本を担当します。橋部敦子さんは、草彅剛主演の『僕シリーズ』を筆頭に、数々のヒューマンドラマを手掛けてきた脚本家として有名です。

2018年には高橋一生主演の『僕らは奇跡でできている』の脚本も担当しました。

2021年には『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』のほかに、大倉忠義、広瀬アリス主演の『知ってるワイフ』でも脚本の担当が決まっています。

テレビ朝日系連ドラでは初登板の橋部さんが、オリジナルで脚本を手掛けるという事で、とても期待が持てますね。

相手役が加藤清史郎

モコミの相手役はCMの「子ども店長」で人気を博した加藤清史郎(かとうせいしろう)さんです。成長した姿が見られるのも楽しみですね。

すっかり成長した加藤清史郎さん ↓


引用:https://www.ken-on.co.jp/artists/kato/


第1話のあらすじ

清水萌子美(小芝風花)は、感情を持たないとされている「モノ」の気持ちがわかってしまうという特殊能力を持つ女性。

仕事は工場で不良品のチェックをしています。

モコミは特殊能力のために小さい頃から周りにうまく溶け込むことができないのでした。

工場でもどこか周りから浮く萌子美は、ある時工場で思わぬ行動に出てしまい、そのことで周囲に迷惑を掛けてしまいます。

萌子美の母・千華子(富田靖子)は娘が工場で問題を起こしたと知らされます。

千華子は、夫の伸寛(田辺誠一)や、萌子美の兄で長男の俊祐(工藤阿須加)と共に、モコミををサポートしてきたのですが、萌子美が他の子どもたちとどこか違うことに長年悩んでいました。

数日後、萌子美は22歳の誕生日を迎えます。

しかしある理由から工場に行きたくないと言い、千華子は娘の言うことを聞くことにします。

その夜、家族そろって萌子美の誕生日を祝っていると、ある訪問者がやって来るのでした。

まとめ

2021年1月にスタートの、テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』について見てきました。

特殊能力のため人とのかかわりを避けてきた主人公が、どのように人とかかわりを持ち変化していくのか、とても楽しみなドラマですね!

1話の感想はこちらに書いています ↓

「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」1話の感想!母や祖父との関係についても!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です