オリエントで武田武士団の尚虎とは?炎獄天狗や淡路島奪還作戦についても

みなさんは「オリエント」というマンガをご存知でしょうか?

「オリエント」は「別冊少年マガジン」にて連載中の少年マンガです。

 戦国時代に似た世界を舞台に、神と崇められる「鬼神」と戦う武士を目指す少年の物語が繰り広げられます。

2022年1月からテレビ東京ほかにてアニメも放送予定の大注目作品です!

この記事では、「オリエント」に登場する武田武士団の武田尚虎(たけだ なおとら)について解説していきます。

また、炎獄天狗との戦いや、淡路島奪還作戦における尚虎の活躍も振り返っていきます。お楽しみに!

オリエントを試し読みしよう!
オリエントをebookjapanで試し読み!

↑ページが移ったら、「購入へ進む」の隣りの「試し読み」をタップ!

ebookjapan』なら無料初回ログインで、6回使える50%OFFクーポンがもらえます。

 

●オリエントを読むならebookjapan

ebookjapanの特徴や会員登録の方法!作品の購入の仕方も画像付きで解説

オリエントで武田武士団の尚虎とは?

武田武士団,そして武田尚虎とは

「オリエント」世界では、日ノ本を鬼神の手から取り戻すべく武士たちが武士団を結成し日夜戦いに明け暮れています。

その武士団の中でも、五本の指に入る強力な武士団が武田武士団です!

そして、武田武士団の団長であり、日本最強の五人の武士・五傑将に数えられる男が武田尚虎なのです!

尚虎は青い髪の毛とフランクな性格が特徴の青年です。

魂色は「青」。

五傑将最強の「青刀武士」であり、極まった「青刀」の技により自然を操り災害レベルの破壊力を生み出すことができます。

後述する淡路島奪還作戦では、人類で最も鬼神に近い存在と語られているほどです!

ポジション的に作者の代表作である「マギ」のシンドバッドにも近いものを感じています。

武田尚虎と武蔵の出会い

物語序盤、竜山鉱山に降臨した鬼神・炎獄天狗に苦戦する武蔵の前に、颯爽と現れたのが尚虎です。

初登場当初は仮面をつけていたので素顔は明かされていませんでした。

尚虎は武蔵を一般人と見なして鬼神退治を諦めるように諭したため、武蔵からは出会ってすぐに反感を持たれてしまいました。


炎獄天狗との戦い

次に、炎獄天狗との戦いについて解説していきます。

炎獄天狗との戦いとは

武蔵の故郷・竜山鉱山に現れた鬼神・炎獄天狗打倒を掲げ、武蔵が武士を目指す初陣となった戦いが炎獄天狗との戦いです。

しかし、当時鬼鉄刀すら持たない武蔵は苦戦を強いられます。

そんな武蔵の前に現れたのが武田武士団、そして尚虎でした。

武田武士団が炎獄天狗を倒したことで被害は食い止められましたが、武蔵は初手柄を奪われた形になってしまいました。

勝ち鬨

炎獄天狗倒した後、武田尚虎は武田武士団に号令をかけます!

「勝ち鬨を上げろ!!赤色鬼神「炎獄天狗」・・・武田武士団が討ち取った!!」

そして武田武士団はうなり声のような勝利の勝ち鬨を上げたのです。

この「勝ち鬨」は5話のサブタイトルになっています。

物語冒頭に出てくる敵としては破格の恐ろしさで描かれた鬼神・炎獄天狗を討伐した盛り上がりと、初手柄を横取りされ喜ぶに喜べない武蔵の対比が印象的な回でした。

周囲に迎合して本音を言えない自分からの脱却を図ったのに、邪魔されてしまった武蔵。

それでも、その悔しさをバネに最強の武士団を目指すため旅立つ展開が熱いですよね!

武蔵の尚虎への思い

炎獄天狗という初手柄を横取りした尚虎に対して、武蔵は悔しい思いを抱いています。

当初は周囲に合わせて炎獄天狗討伐を喜ぼうとした武蔵ですが、怒りを抑えきれず「横取り侍」と尚虎に突っかかっていきます。

しかし尚虎はさらに煽って武蔵の怒りに燃料を投下。

からかいまくります。

何もそこまで・・・と思うものの、尚虎もタメ口で突っかかってくる武蔵を面白く感じていたようです。

もしかしたらこの時点で既に、武蔵に何かを感じていたのかもしれませんね。

淡路島奪還作戦

最後に、尚虎が再登場する淡路島奪還作成について解説していきます。

淡路島奪還作戦とは

淡路島に降臨した鬼神・八岐大蛇を討伐するため、上杉武士団が行ったのが淡路島奪還作戦です。

尚虎は同じく五傑将である上杉竜臣(うえすぎ たつおみ)から要請を受け、援軍として淡路島奪還作戦に参加しました。

しかし、作戦開始直前に上杉武士団は黒曜石の8人から襲撃を受け、竜臣が攫われるなど甚大な被害を受けてしまいます。

しかし、上杉軍の軍師・宇佐美黒子により作戦内容が見直され、上杉竜臣救出も目的に加えられた形で作戦は決行されました。

淡路島奪還作戦は多くの登場人物が交錯する大規模な戦闘が描かれている「オリエント」の大きな見どころです!

アニメ前に是非原作を読むことをおすすめします!

犬飼四郎との対決

淡路島奪還作戦では、敵の主要人物として黒曜石の8人から犬飼四郎(いぬかい しろう)、犬川静六(いぬかわ せいろく)、犬田八太郎(いぬた やたろう)の3人が参戦していました。

いずれも高い戦闘力を持つ難敵ですが、その中でも特に強力な犬飼四郎を討伐する役目を負ったのが尚虎です。

犬飼四郎との戦闘では魂色「青」を馬鹿にされるも、極限まで高めた「青刀武士」の技を披露。

災害レベルの力を引き出し、まるで鬼神のような戦いを繰り広げました。

それまでの戦闘とはレベルが段違いで、別のマンガを読んでいるのかと一瞬心配になるほどでした。

閉鎖空間に閉じ込められた際には「青刀」の力で水や炎を圧縮、核爆発にも匹敵する破壊力を持つ短刀を生み出し、犬飼四郎を退却に追い込んでいます。

しかし、犬飼四郎を倒しきれなかったことに後悔しており、本人もしばらく鬼鉄刀が使えないほどにダメージを受けてしまいました。


まとめ

この記事では、「オリエント」に登場する武田武士団の武田尚虎について解説しました。

尚虎が活躍した炎獄天狗との戦いや、淡路島奪還作戦も振り返ってきましたが、いかがだったでしょうか?

尚虎はごく普通の「青」という魂色を持ちながら、腐らず技を鍛えて鬼神のように強くなった、努力の人です。

淡路島奪還作戦では魂色による島津家お家騒動なども描かれているので、より尚虎の努力や心構えが際立っていました!

なお、幼い頃の尚虎くんは今とは似ても似つかない可愛らしさなので、アニメ化前に原作最新展開も要チェックですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です