タイガーアンドバニーでジェイクの最期は?声優の藤原啓治についても

「TIGER & BUNNY」(タイガーアンドバニー)は、2011年に放送されたサンライズ制作によるアニメ作品です。

この記事では、「TIGER & BUNNY」1クール目のボスであるジェイクについて解説していきます!

ジェイクの最期や声優を担当された藤原啓治さんについてまとめているのでお楽しみに。

2022年4月にはファン待望の新作「TIGER & BUNNY2」の配信が予定されています。

「TIGER & BUNNY2」配信を前に、ジェイクについておさらいしておきましょう!

 

タイガーアンドバニーでジェイクの最期は?

ジェイクとは?

ジェイクは「TIGER & BUNNY」1クール目のボスとして登場したNEXTです。

刑期250年の長期受刑者としてアッバス刑務所へ収監されていたのですが、仲間のクリームが起こしたテロによりシュテルンビルド市民の安全と引き換えに釈放されました。

バーナビーは20年前に両親を殺害した犯人だと考えていましたが、ジェイク本人は「何人も殺しているので覚えてない」と語っています。

ジェイクのNEXT能力

NEXT能力は掟破りの2つ持ち。

1つ目は「バリア」能力。

あらゆる攻撃を防ぐ光の盾を出現させます。

また、細く収束してビームとして打ち出したり、光の盾のまま相手を押しつぶしたりと攻撃にも転用できる強力な能力です。

2つ目は「人の心を読む」能力。

相対している人物の心を読めるのでジェイクには嘘が通じません。

また、あらかじめ相手どのような攻撃をしてくるのかもわかるため、ジェイクに攻撃を当てるのは至難の業です。

ジェイクの性格

性格は残虐で、NEXTは神に選ばれた者だという選民思想を持っています。

ジェイクは非常に高い戦闘力と偏った思想で、まさにヒーローに対するヴィランらしいヴィランとして強烈なインパクトを視聴者に残しました。

本編を通して、最もわかりやすい敵役だったと思います。

ジェイクの過去

ジェイクは過去に連続殺人、窃盗、誘拐など多数の犯罪を犯しており、アッバス刑務所に収監されていました。

アッバス刑務所に収監されるまでは、とある誘拐事件で知り合ったクリームを相棒として、やはり様々な犯罪行為を行なっていたようです。

また、犯罪者になる以前は傭兵をしていたらしく、その頃の事故で左足を失っています。

詳しい過去の経歴や逮捕時の詳細な状況、NEXT能力などは公的な記録に全く残されていません。

記録が残っていない理由は、逮捕したMr.レジェンドが八百長していた証拠の隠滅を図ったからです。

 

ジェイクはバーナビーの両親を殺したのか?

当初、バーナビーはジェイクこそが両親殺害の犯人だと考えていましたが、それは間違いでした。

ジェイクはバーナビーの両親を殺害してはいません。

この衝撃の事実は1クール目のラストにジェイクの相棒・クリームからバーナビーへ告げられました。

バーナビーの両親が殺害された日、ジェイクは別の場所でクリームの誘拐事件を起こしていたのです。

なお、バーナビーがジェイクを両親の仇と思い違いした理由は、真犯人であるマーベリックがNEXT能力によって記憶の改ざんを行ったからでした。

ジェイクの最期は?

ジェイクの最期は落下するヘリコプターに巻き込まれたによる事故死です。

ジェイクはアッバス刑務所から釈放された後、シュテルンビルド市民を人質に取ってヒーローたちをあるゲームに誘います。

それはジェイクと選ばれたヒーローでタイマン勝負を行い、もしジェイクに勝てたら市民を解放するというものでした。

賭けに乗りジェイクに立ち向かうヒーローたちでしたが、2つ目の能力を隠した状態のジェイクに次々と敗れてしまいます。

しかし、能力を見破った虎徹のサポートを得たバーナビーによってジェイクは敗北。

逃走を試みるも、救助に現れたヘリコプターを誤って攻撃してしまい、墜落に巻き込まれてしまいました。


声優の藤原啓治についても


引用:https://www.air-agency.co.jp/talent/man/keiji_fujiwara

藤原啓治のプロフィール

ここからはジェイクを担当されていた声優・藤原啓治さんについてまとめていきます。

まずはプロフィールです。

出生地 東京都
出身地 岩手県
生年月日 1964年10月5日
没年月日 2020年4月12日 (55歳没)
血液型 A型
所属事務所 AIR AGENCY
配偶者 なし
身長 175cm
体重 68kg

藤原啓治の経歴

出生地は東京都、育ちは岩手県。

専修大学北上高等学校卒業後、文学座付属演劇研究所へ入所。

文学座付属演劇研究所、劇団木山事務所、賢プロダクションを経て、2006年11月に個人事務所「AIR AGENCY」を立ち上げ。

2010年、「カッコカワイイ宣言!」で音響監督デビュー。

2016年8月8日、病気療養のために休業を発表。

持ち役は順次代役・後任が立てられました。

2017年6月16日、仕事再開が発表され「スパイダーマン:ホームカミング」の吹き替えにて復帰。

2020年4月12日、癌のため都内の病院にて死去(享年56)。

印象深い役はやはり「クレヨンしんちゃん」の野原ひろし役ですね。

平成における理想のサラリーマン像だと個人的には思っています。

https://twitter.com/HosiHosi/status/1250749018902155266

それと「アイアンマン」のトニー・スターク/ロバート・ダウニー・Jr.の吹き替えも外せません。

洋画は字幕派なのですが、トニーの声がピッタリすぎてMCUは吹き替え版も視聴しています。

まとめ

この記事では「TIGER & BUNNY」のジェイクについて解説しました!

ジェイクは「TIGER & BUNNY」前半のボスであり、派手な戦闘シーンが描かれ分、後半のボスであるマーベリックよりもヴィランらしいキャラクターだったと思います。

2022年4月配信予定の「TIGER & BUNNY」でもジェイクのようなインパクトある敵キャラクターの登場を期待します!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です