タイガーアンドバニーは面白い?人気の理由や評判についても!

「TIGER & BUNNY」(タイガーアンドバニー)は、2011年に放送されたサンライズ制作によるアニメ作品です。

この記事では、「TIGER & BUNNY」の人気の理由や評判についてまとめていきます!

2022年4月にはファン待望の新作「TIGER & BUNNY2」の配信が予定されています。

「TIGER & BUNNY2」配信を前に、前作についておさらいしておきましょう!

 

タイガーアンドバニーは面白い?

タイガーアンドバニーは面白いのか

個人的な感想になりますが、「TIGER & BUNNY」はとても面白いアニメ作品です!

2011年の放送当時もリアルタイムで視聴していて夢中になっていましたが、「TIGER & BUNNY2」に備えて見返したところ「こんなに面白かったっけ・・・?」と当時よりも更にハマってしまいました(笑)。

そこで感じた「TIGER & BUNNY」の面白いポイントを解説します。

 

タイガーアンドバニーの面白いところを解説

①バディものは熱い!

「TIGER & BUNNY」の魅力はなんと言っても主役のバディ!

全くタイプの異なる2人がコンビを組み、様々なことで衝突を繰り返しながらも徐々に互いの理解を深め、コンビネーションが合ってくる様子が丁寧に描かれています。

特に主役の鏑木・T・虎徹(かぶらぎ・てぃー・こてつ/通称おじさん)とバーナビー・ブルックス・Jr(通称バニー)は、その年齢やヒーローとしてのスタンスは異なるものの内面には似た部分も持っており、序盤から反発し合いながらも要所要所で息の合った活躍を見ることができます。

そして1クール目のラストにて、2人の信頼関係が強固に構築される様子は見ている誰もが胸を熱くすることでしょう。

やはり、バディものは信頼関係を構築していく過程が見ていて面白いですよね。

なんなら、2クール目のバーナビーは虎徹を信頼しすぎていて物足りないという感想すら抱きます。

②ヒーローものとして見ても面白い!

「TIGER & BUNNY」は「NEXT(ネクスト)」と呼ばれる超能力者達がヒーロースーツを見に纏い、スーパーヒーローとして活躍する作品です。

イメージとしては「X-MEN」や「アベンジャーズ」、後発の国内作品で言うと「僕のヒーローアカデミア」などが近いでしょう。

ヒーローと言えば、幼少期に戦隊や仮面ライダー、ウルトラマンにハマったという経験を持つ方も多いのではないでしょうか?

やはりヒーローの活躍する姿は何歳になってもワクワクするものですよね。

また、「TIGER & BUNNY」のヒーローたちは職業としてヒーロー活動を行なっています。

好成績を修めるために打算的な面を見せることもあり、新たなヒーロー像として当時は新鮮に見ていました。

③主人公が魅力的!(超個人的感想)

3点めはより個人的な感想なのであまり参考にならないかもしれませんが、主人公の虎徹が非常に魅力的なキャラクターだという点です。

魅力的というか、同世代ということです。

放送当時よりも最近の方が面白く感じたのは、私自身の年齢が虎徹と同世代になったことが原因だと推測しています。

非常に感慨深いことですが、感情移入レベルが10年前とは段違いでした。

後輩からおじさん扱いされている様子や、能力に陰りが見えてくる展開なども非常に共感しました。

おそらく、劇場版1作目で描かれた虎徹の過去回想シーンを今見たら、確実に涙腺が崩壊してしまうと思われます。

上記の3点が今回見直して感じた「TIGER & BUNNY」の面白いポイントでした。

 

人気の理由は何?

上記は個人的な感想が主でしたが、その他の人気の理由はなんでしょうか?

やはり「TIGER & BUNNY」の人気の理由は「魅力的なキャラクター」でしょう。

主役の虎徹、バーナビーは正直別格ですが、その他のヒーローたちも非常に個性的で魅力に溢れています。

恋するツンデレ乙女、ブルーローズ。

天然イケメンのナチュラルボールヒーロー、スカイハイ。

虎徹の理解者であり、誰よりも企業ロゴが似合っている、ロックバイソン。

天真爛漫でボーイッシュな魅力溢れる、ドラゴンキッド。

作中でも精神的に大きく成長した見切れ王子、折紙サイクロン。

ヒーローたちの潤滑油でもある大人のオネエ、ファイヤーエンブレム。

全員が魅力的で、欠かすことのできないキャラクターたちです。

ヒーローをモチーフにした、↓のようなグッズも出ています。

彼らの高い人気が「TIGER & BUNNY」の人気に直結していると言っても過言ではないでしょう。

 


タイガーアンドバニーの評判についても!

タイガーアンドバニーの評判

次にインターネット上での「TIGER & BUNNY」の評判についてまとめていきます。

「TIGER & BUNNY」に対しては、概ね肯定的、好意的な評判をよく見かけました。

上記に挙げたキャラクター人気を抜きにしても、総じて「完成度が高くまとまっている」といった旨の評判が多かったように思います。

これは私も同意見で、老舗のサンライズが原作なしのアニメ作品としてきっちり作り込んでいるなと当時感じました。

とは言え、全てにおいて絶賛されるような作品ではなく、否定的な意見も散見されます。

 

つまらないという意見も

つまらないという意見としては、「既視感がある、新鮮味がない」といったものが見受けられました。

職業としてのヒーローという点は多少新鮮ではあるものの、モチーフにしているアメコミヒーローのイメージを引きずり過ぎているとか、キャラクター造形がテンプレートすぎるといった意見です。

熱血主人公、クールな相棒、主人公に恋するツンデレヒロイン、陽気な黒人オネエ、etc…

確かにテンプレートと言われてしまうと言い返せないかもしれません。

また、

・2クール目のクライマックスが期待ほど盛り上がらない点

・全ての謎が解明されずに終了する点

なども「TIGER & BUNNY」への否定的な意見では見受けられました。

 

TIGER & BUNNY2へ期待すること

上記の意見も踏まえて、「TIGER & BUNNY2」への個人的な期待をまとめます。

期待することとしては、主役2人の関係性に何かしらの動きが欲しいです。

正直、「TIGER & BUNNY」1クール目で信頼関係を構築しきっているため、大掛かりな仕掛けがないと2人の関係性では話を転がせないと思っています。

その信頼関係を崩すため、バーナビーの記憶を消したり、新しい相方を出してみたりした訳ですが。

例えば、バーナビーが更なる成長を経て、虎徹から完全に独り立ちするなどどうでしょうか?

バディものとして残された選択肢は「別れ」しかないのではないかと思うのです。

ウロボロス打倒という目標は残っているものの、主役2人の関係が今のまま維持されるだけでは蛇足感が出てしまう気がしています。

前作で残された伏線の回収も大切ですが、バディの関係をどう描くかも要注目です!

 

まとめ

この記事では「TIGER & BUNNY」の人気の理由や評判についてまとめました。

2022年4月には「TIGER & BUNNY2」の配信が予定されていますが、前作から10年以上も空いているため期待値が高くなりすぎていて正直不安を感じています。

そんな不安を払拭してくれるような、素晴らしい作品になっていてほしいですね!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です