カットデニングスのワンダヴィジョン出演は何話まで?マイティソーのダーシールイス役

マーベル・スタジオが製作するインターネットテレビドラマシリーズ『ワンダヴィジョン』(WandaVision)が、2021年1月15日から動画配信サービスのディズニープラスで日米同時配信されています。

その中で、4話から「マイティ・ソー」のダーシー・ルイス役・カット・デニングスが出演しています。

役柄もそのままダーシー・ルイス役で、成長した姿が見られます。

カットデニングスについて調べてみました。

 

カットデニングスのワンダヴィジョン出演は何話まで?

カットデニングスが登場したのは4話からですが、ワンダとヴィジョンの謎を突き止めようと調査を依頼された役ですから、最後まで登場するのではないかと思われます。

ワンダヴィジョンが全体で6時間の作品ですから、1話30分で12話なので、12話まで出演すると考えても良いと思います。

ダーシー・ルイスがジミー・ウーと協力してどんなふうに調査を進めて解決に至るのかが見どころの一つになっていくでしょう。

ワンダヴィジョン出演のカットデニングス ↓


引用:https://www.imdb.com/name/nm0993507/bio?ref_=nm_ov_bio_sm

最近のインスタから。美しいですね ↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kat Dennings(@katdenningsss)がシェアした投稿

 

「ワンダヴィジョン」とは?

『ワンダビジョン』は、マーベル・スタジオが製作するアメリカ合衆国のインターネットテレビドラマシリーズです。

2021年1月15日17時からディズニープラスで日米同時配信されています。

内容は、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でサノスに破壊されて壮絶な戦死を遂げた人造人間のヴィジョンと、その恋人である強化人間ワンダ・マキシモフを主人公とした物語。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』から約一年半、結婚したワンダとヴィジョンが郊外の街ウェストビューに引っ越してきてお話が始まります。

幸せな結婚生活を送る二人でしたが、奇妙なことが次々怒り、徐々に隠されていた秘密が明らかになっていく、というホラー要素もあるお話です。

ワンダビジョンの予告動画 ↓

 

カット・デニングスのワンダヴィジョンでの役どころ

ワンダビジョンでダーシー・ルイス(カットデニングス)は4話から登場しました。

『アントマン&ワスプ』のジミー・ウーとともにシットコムの世界に住むワンダとヴィジョンの謎を突き止めようとします。

ワンダ達のいる世界が現実なのか、タイムトラベルなのか、全く真相を掴めませんが、唯一の鍵であるモニカを頼りにさらなる調査を進めていきます。

ダーシー・ルイスとジミー・ウーが共演したことで、二人のスピンオフ作品の噂もあるようです。二人はそのような機会があればぜひ出演したい、と意欲を見せています。

マイティソーのダーシールイス役!

ダーシー・ルイスとは?


引用:マーベル・データベース

ダーシー・ルイスはカルバー大学の学生で、ジェーン・フォスター(ナタリー・ポートマン)の親友です。

ジェーンとセルヴィグ教授が実験や観測を行う際の助手も務めています。

ニューメキシコの砂漠で嵐を観測するふたりを乗せたバンを運転していた時に、突然現れたソーをはねたことでからソーと知り合いました。

『マイティ・ソーラブ&サンダー』に出演は?

『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』の撮影が2021年1月26日(現地時間)よりオーストラリアにてスタートしました。

2022年5月6日に米で公開予定です。

カットデニングスが出演するかどうかですが、IGNのインタビューに「まだ電話を受けていないし、撮影は始まっているからたぶん私は出ないでしょうね。でも頼まれたらもちろん答えはイエスよ」と答えていました。

https://www.ign.com/articles/kat-dennings-on-thor-4-return-i-have-not-gotten-a-call?utm_source=intl

なので残念ですが出演の可能性は少ないようです。

 

ダーシー出演で喜ぶSNSの声

ワンダヴィジョンにダーシー役のカットデニングスが出演するので喜んでいる人がたくさんいました ↓

ダーシールイスはマイティーソーでは大学生でしたが、ワンダビジョンでは博士になっていましたね ↓

イラストも可愛いですね ↓

カットデニングスは、『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』には出演しないようですが、ワンダビジョンでまたダーシーがみられるので楽しみですね。

カットについてはこちらにも書いています ↓

カット・デニングスのビリー・アイリッシュ擁護はなぜ?関係性についても

カットデニングスについて

経歴

カット・デニングス(Kat Dennings)は、1986年6月13日にアメリカ合衆国 ペンシルベニア州 フィラデルフィアで生まれました。

本名はキャサリン・リトワック(Katherine Litwack)です。

家族はユダヤ系で、詩人でスピーチセラピストの母と分子薬理学者の父の間に生まれ、5人兄弟の末っ子です。

ホームスクールで学習し、14歳で高校を卒業しました。

その後家族はカットが演技を本格的に行うためにカリフォルニアに移りました。

テレビ出演はコマーシャルが最初で、HBO制作の「Sex and the City 」の出演で本格的に女優としての活動を始めました。

主な出演作品

映画

●2005年 40歳の童貞男
●2005年『ダウン・イン・ザ・バレー』(Down in the Valley)
●2008年『キミに逢えたら!』
●2009年『ディフェンドー 闇の仕事人』
●2011年『マイティ・ソー』(Thor)
●2013年『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(Thor: The Dark World)

 

ドラマ

●2000年『セックス・アンド・ザ・シティ』第3シーズン第15話
●2001~2002年『Raising Dad』
●2003年『FBI 失踪者を追え!』
●2005年『ER緊急救命室』
●2011~2017年『NYボンビー・ガール』
●2019年『Dollface』
●2021年『ワンダヴィジョン』

 

まとめ

ワンダビジョンにダーシー・ルイス役で出演のカットデニングスについて見てきました。

ワンダビジョンは原作を読むとさらに面白いですよ! ↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です