【バシャール】過去の自分を断ち切るには?覚醒の道を選ぶステップ3の方法について

2020年頃から地球の二極化が起こっています。

覚醒の道に進むか眠りの道に進むか二手に分かれつつあります。

バシャールによると、覚醒の道に進むには5つのステップが必要だそうです。

こちらではステップ3の「過去の自分を断ち切る」やり方について、ネブラチャンネルのさえさんの話を参考に考えてみました。

【バシャール】過去の自分を断ち切るには?

覚醒の道に進むには5つのステップが必要だという事でした。

針の目を通り抜ける時期が2023年に延長された、ということなので、十分な時間があるのはありがたいですね。

覚醒の道を選ぶ5つのステップについては、こちらの記事にまとめています ↓

バシャールのメッセージ針の目とは?覚醒の道を選ぶ5つのステップについても

5つのステップとはこちらです ↓

1.全ての人を許す: どんなことをしてもどんなことをされても全部許す。自分を裏切った人も全部許してよしにする

2.自分を赦す: 物質界に執着するエネルギーを手放して自分の在り方を愛して受け止める

3.過去の自分を断ち切る: 過去の自分に振り回されない

4.未来の自分にリンクする:  ハイヤーマインドの高いエネルギーをもらって引っ張ってもらい、未来の自分に寄り添う

5.1~4を実施して今ここをワクワクで生きる

引用:ネブラチャンネル

覚醒の道を選ぶステップ3の方法について

ステップ3は「過去の自分を断ち切る」となっています。これはステップ2の「自分を許す」の応用編だということです。

ニュートラルの視点から今までの自分を見る

ステップ3を行うには、「傍観者のニュートラルの視点から今までの自分を見る」ことが必要です。

今の自分が過去の自分の経験に引きずられて、「こんなことをしてもどうせ無駄だ」「自分がうまくいくわけがない、今までもそうだったし」

などと考えて、行動を起こさない状態をやめよう、ということです。

新しい自分に向けて行動する

心のワクワクを見落とさずに、それに従って行動するといいそうです。

今は、それが許される時代になってきているということもありますね。

それには、周囲が自分のことを全く知らない環境に行ったと考えて、今までの自分なら決してしない行動でも、やってみたい気持ちがあるならやってみる、ということです。

その時に、過去の自分に感情移入せずに、誰かほかの人のように見て、過去の自分と今の自分を切り離すといいですね

そうすれば全く新しい自分を自由に構築することができます。

今の自分を変えたい気持ちがあるなら、2021年の今がやってみるのにちょうどいい時期ですね。

コロナ禍での閉塞感の中で生活していると、エネルギーが鬱積してくるのが分かります。

それをポジティブに発散させるかネガティブに発散させるかで、今後が大きく変わってきます。

それは自分で選べることなので、自分軸を大切にして過去の自分を切り離し、新しい自分を構築してみましょう。

それが、針の目を通り過ぎたときに覚醒の道に行くことにつながります。

●お勧め本:バシャールやその思考について、漫画で分かりやすく解説しています ↓

まとめ

今回は、バシャールによる「覚醒の道に進む5つのステップ」より、ステップ3の「過去の自分を断ち切る」やり方を見てきました。

1.傍観者のニュートラルの視点から今までの自分を見る

2.過去の自分に引きずられずに今の自分のワクワクに向かって行動する。

実践するのにこちらも参考になります ↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です