バシャールのメッセージ針の目とは?覚醒の道を選ぶ5つのステップについても

地球外知的生命体の予言者、バシャールが最近多くのメッセージを発信しています。

それは、今が覚醒と眠りに分かれる重要な時期で、人類が「針の目」The eye of the needleをまさに通り抜けている段階だからだそうです。

覚醒する人が多くなるか眠ったままの人が多くなるかで、今後の地球の状況が変わってくるのでしょう。

 

バシャールのメッセージ針の目とは?

「針の目」とはもともとは聖書にあるイエスの言葉です。新約聖書にこのようにあります。

「金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい」

この発言の前のエピソードがあります。

以下引用部は新約聖書からです。

ひとりの人がイエスに近寄ってきて言った「先生、永遠の生命を得るためには、どんなよいことをしたらいいでしょうか」

イエスは言われた「なぜよい事についてわたしに尋ねるのか。よいかたはただひとりだけである。もし命に入りたいと思うなら、いましめを守りなさい」

彼は言った「どのいましめですか」

イエスは言われた「『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証を立てるな。父と母とを敬え』

また『自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ』」

この青年はイエスに言った「それはみな守ってきました。ほかに何が足りないのでしょう」

イエスは彼に言われた「もしあなたが完全になりたいと思うなら、帰ってあなたの持ち物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に宝を持つようになろう。そして、わたしに従ってきなさい」

この言葉を聞いて、青年は悲しみながら立ち去った。たくさんの資産を持っていたからである。

 

聖書 新共同訳 新約聖書を、Kindle Unlimitedの無料お試しで無料で見ることができます。

>>Kindle Unlimited

 

お金持ちの青年は、自分の財産を施すことができなかったのです。

この後にイエスが弟子に言った言葉が

「金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい」

という事です。

新約聖書の訳では、「針の穴」となっていますが、英語では、the eye of a needleとなっているので、「針の目」と言われることも多いです。

覚醒の道を選ぶ5つのステップについて

バシャールは今私たちの起こっている状況が、地球が大きく変動するためで、人類はまさに針の目を通っている途中なのだ、と言っています。

バシャールに限らず、スピリチュアルな感性を持っている人たちはみな同様のことを言っています。

意識しているかいないかにかかわらず、針の目(ゲートと呼んでいる人もいる)を通ることになるらしく、そこで、この青年のように物に執着していると、通り抜けた先で、眠りの世界に入ってしまうことになるようです。

以前の状況と全く変わらずに重たい地球の波動にとりこまれて同じことをぐるぐる繰り返してしまうという事です。

それは選択の問題なので、どちらがいいという事ではないのですが、もし、針の目を通り向けたときに覚醒の道を選びたければ、荷物(物質的にも精神的にも)をそぎ落とすことが必要です。

そのためには5つのステップが必要だそうです。

この5つのステップについては、「ネブラチャンネル」さんからの引用です。

1.全ての人を許す: どんなことをしてもどんなことをされても全部許す。自分を裏切った人も全部許してよしにする

2.自分を許す: 物質界に執着するエネルギーを手放して自分の在り方を愛して受け止める

3.過去にリンクするのを手放す: 過去の自分に振り回されない

4.未来の自分にリンクする:  ハイヤーマインドの高いエネルギーをもらって引っ張ってもらい、未来の自分に寄り添う

5.1~4を実施して今ここをワクワクで生きる

 

これらを実践するにはいろいろなワークがあるようです。自分に合ったものを選ぶのがよいでしょう。

私はkindle unlimitedに登録して、たくさんの本からいくつか選んでワークをやってみました。

kindle unlimitedを無料体験してみる

まとめ

ステイホームの期間に、断捨離をした人がたくさんいる、と聞きました。

物質的な荷物を捨てることは執着を捨てることになるので、精神的な荷物も捨てやすくなるのではないでしょうか。

見についたものを手放すことは痛みを伴うこともありますが、そこから新しい世界が広がる可能性がありますね。

スピリチュアル関連の記事はこちらにもあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です