バシャールのコロナウイルス予言メッセージ最新!コロナ収束までに私たちがしておくこと!

地球外知的生命体の予言者、バシャールのイベントが4月25日(日本時間26日)にあり、そのイベントでバシャールの新型コロナウイルスに関するメッセージがあったそうです。

バシャールのコロナウイルス予言メッセージ最新

 

以下の情報は「ネブラチャンネル」さんによるものです。

4月25日のイベント

4月25日のイベントは、The eye of the needle(針の目)というもので、新型コロナウイルスに関する極めて重要なメッセージだったようです。

また、パンデミックを超えた向こう側の世界に関して、今私達がしておく事をお話してくれました。

バシャールが言うには、コロナウイルスは人為的なものではない、人間が自然界を侵食して、エコシステムを破壊した結果、ウイルスは新しいホストを探して、私たち人間に感染するようになったそうです。

ワクチン開発よりも破壊されたエコシステムを戻すことが大切、ということでした。

コロナ収束はいつ?

今のコロナの状況は3ヶ月くらい前から始まったが、今がピークで、これから3ヶ月くらいかけておさまるだろう

収束した後に第2派が来るかもしれないが、それは私たちのあり方によって体験する未来が変わってくる。

今のパンデミックは針の目のようなもので、細い糸1本しか通れないような細いトンネルをみんなが通過している途中段階である。4か月前からそこを通り始めて、今はその中間地点にいる。

4カ月後にそのトンネルを出るときには覚醒していく人と眠りに入る人と2つにはっきり分かれる。

覚醒する人はハイヤーマインドとつながってもっと覚醒していく。

眠りに入る人はスピリチュアル系の情報に触れることもなくもっと深い眠りに入っていく。

針の穴を通るにはいらないものをそぎ落とさなくてはならない。今までずっと自己浄化をしてきた人は大丈夫だが、してこなかった人は大変な思いをする。

コロナ収束までに今私達がしておくこと

困難な状況を上手に切り抜けるための5つのステップ

今私たちは針の目を通っている状況ですが、上手に針の目を通るには5つのステップが必要だそうです。

1.全ての人を許す: どんなことをしてもどんなことをされても全部許す。自分を裏切った人も全部許してよしにする

2.自分を許す: 物質界に執着するエネルギーを手放して自分の在り方を愛して受け止める

3.過去にリンクするのを手放す: 過去の自分に振り回されない

4.未来の自分にリンクする:  ハイヤーマインドの高いエネルギーをもらって引っ張ってもらい、未来の自分に寄り添う

5.1~4を実施して今ここをワクワクで生きる

 

補足:コロナは人為的に手を加えられたものだ、と言っている地球外知的生命体の予言者もいる。

いずれにしても地球に重たい感情を残さないようにして上手に針の穴を通り、通り抜けた世界で会いましょう、という事でした。

まとめと感想

今起こっていることはスピリチュアル的に意味がある、とはよく言われていますが、より具体的に今がどんな状況なのか、私たちはどうやって切り抜ければよいのかが具体的に分かりました。

5つのステップですが、「許す」ことや過去にリンクするのを手放す、というのができたら本当にいいですね。

一見難しそうですが、意外に簡単なのかもしれません。カミュの「ペスト」の中の主人公が必死でできることをしたように、聖書のコヘレトの言葉から「それでも生きていく」「他者と共に生きる」とあるように、この大変な事態をきっかけにしてようやく私たちは重い腰を上げて変化することができるのかもしれません。

スピリチュアル関連記事はこちら

新型コロナウイルスに関する他の記事はこちら

 
 

4 件のコメント

  • 今、スピリチュアル系もコロナで大騒ぎですが知的生命体にしろ、どんな存在にしろ、パンデミックが起きる前にコロナ情報って与えてくれてなかったんですかね?コロナ→パンデミックの事後にメッセージって、、、並木さんって人もコロナの前の講演会では地震のことは言ってたけどウィルスの情報はもらってなかったみたい。私もスピリチュアル勉強してきましたが今回の後だしじゃんけんがどうも腑に落ちないのです

    • 山田様

      コメントありがとうございます!山田様はスピリチュアルの勉強されてきたのですね。私もよくわかりませんがウィルスの情報はスピリチュアル系の方たちよりもビルゲイツなどの実業家のほうがよっぽど把握していたようですね。それとも情報があっても何らかの理由で発表を避けていたのか?確かに後出しじゃんけんのような気もします。

      • ビルゲイツが出資している企業のコロナウイルスワクチンは、危険なので打たないことを強くお勧めします。ネットでお調べください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です