ワイスピ8でドムが息子にブライアンと名付けた理由は?賛否両論についても解説

 

 

ワイスピ8でドムがエレナとの間に授かった息子にブライアンと名付けました。

ブライアンという名前はワイスピ7の撮影中に亡くなったポール・ウォーカーが演じていた役名です。

今回はドムが息子にブライアンと名付けた理由や、ファンの間で賛否両論起きていることについて紹介させていただきます。

うさこ
「ワイルドスピード・アイスブレイク」を動画で観る方法はこちらだよ!
「ワイルドスピード」の見逃し動画を無料で視聴する方法は?

ワイスピ8でドムが息子にブライアンと名付けた理由は?

理由はポールへの追悼?

「ワイルド・スピード」シリーズでブライアン・オコナー役で出演していたポール・ウォーカーが2013年11月に自動車事故に見舞われ、40歳の若さでこの世を去りました。

「ワイルド・スピード SKY MISSION」のクランクアップ前の悲劇でした。

ポールの逝去は映画関係者はもちろん世界中のファンに大きな衝撃を与えました。

「ワイルド・スピード SKY MISSION」はクランクアップ前だったのでポールの弟さん2人が代役を務めました。

その後のシリーズではブライアンは家族と過ごす時間を優先するために一線を退いたという設定になっています。

ドムの息子がブライアンと名付けられた理由はポール・ウォーカーが演じていたキャラクター、ブライアン・オコナーに敬意を払ったのが理由だとワイルドスピードの監督、F・ゲイリー・グレイ氏が明かしています

他の可能性

「ワイルド・スピード」のファンにブライアンを演じたポール・ウォーカーを忘れてほしくないという意図があったかもしれません。

ポールはワイスピ1作目から主演を務めてきましたからね。

ドムがファミリーに息子を紹介

「ワイルド・スピード ICE BREAK」のラストシーンでドムは息子を抱きかかえながら

「紹介しよう、この子はブライアンだ」と発表します。

みんなで拍手しながら歓迎し、ブライアンも嬉しそうに笑みを浮かべまていました。

これには映画を観ていたファンも驚いたのではないでしょうか。

8作目で赤ん坊だったブライアンは9作目では3歳くらいに成長しています。

目の大きい可愛い男の子ですね。

 

ブライアンと名付けたことへの賛否両論について

賛成の意見

ドムが息子にブライアンと名付けたことに感動したファンは多いようです。

「ドムがブライアンと言った瞬間鳥肌立った」

「感動で滝のような涙出た」

 「思わずニヤけた」

という意見があがっていました。

第1作目からドムを最も支えてきたのはブライアンでした。

そんな経緯もあり、親友の名を子どもに付けたことに感動したのでしょう。

反対の意見

ポール・ウォーカーが演じたブライアン・オコナーは奥さんや子どもと過ごす時間を優先させるために一線を退いたという設定になっています。

まだ生きているという設定なのに、ドムが息子にブライアンと名付けたことは不自然だと感じたファンもいたようです。

「まだ生きている親友の名前をつけるのはおかしい」

「たとえ亡くなったとしても友人の名前はつけない」

ということです。

ですが欧米では家族や友人など、大切な人の名前を自分の子どもにつけるのは一般的です。

子どものミドルネームに亡くなった人の名前を入れることもあります。

また祖父母や曾祖父母の名前を受け継いだりすることもあります。

日本ではそこまで一般的ではないので少し不自然なのかもしれません。

まとめ

ドムの息子がブライアンと名付けられた理由は亡くなったポール・ウォーカーに敬意を示したというのが大きな理由でした。

ドムとブライアンは1作目から親友でありライバルでもありましたから、今回の名付けには大きな意味があったと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です