ハウルの動く城でソフィーはなぜ魔法をかけられた?時々魔法が解ける理由も考察

ハウルの動く城は、帽子屋を継いだ18歳のソフィーが荒地の魔女に魔法をかけられて90歳になってしまい、魔法使いのハウルと共に生活するうちに自分らしい心を取り戻していく、というお話でした。

こちらでは、ソフィーがなぜ魔法をかけられたのか、また、時々魔法が解けて少女の姿に戻るのはなぜなのかについて見ていきたいと思います。

 

ハウルの動く城でソフィーはなぜ魔法をかけられた?

荒れ地の魔女は若さ・美しさを保つために能力の高いハウルの心臓を欲しがっていました。

それがハウルがソフィーといるところを見て、ハウルの心臓がソフィーの手に渡るのではないかと思い、ハウルとソフィーを離れさせるために呪いの魔法をかけたのではないかと思われます。

映画では説明がないので憶測になってしまいますが、ソフィーがハウルと出会った夜に荒れ地の魔女が帽子屋に来て、ソフィーに魔法をかけたことからそのように考えました。

英語版予告編 ↓

 

ソフィーにかけられた魔法が時々解ける理由

ソフィーは荒れ地の魔女に魔法をかけられて90歳になってしまいますが、ずっと90歳のままではありません。

その時々で元の年齢に戻ったり、50歳くらいになったりしています。

ソフィーの心の変化が関係している

それは、ソフィーの心の変化によるもののようです。

ソフィーは父の亡き後帽子屋を継ぎ、あまり外にも出ずに生活していました。

自分に自信がなく、華やかな妹のレティ―や継母のファニーと違う自分にコンプレックスがあったのです。

それが荒れ地の魔女の呪いで90歳に変えられてしまいます。

驚きショックを受けますが、90歳の姿を受け入れているようにも見えます。

それはセリフからも分かります。

「大丈夫よおばあちゃん、あなた元気そうだし、服も前より似合ってるわ」(鏡を見ながら自分に言い聞かせているセリフ)

「頑固な枝ねえ。ソフィーばあちゃんを甘く見ないで」(かかしのカブの枝の部分を杖にしようとして引き抜こうとしたときのセリフ)

「年を取っていいことは、驚かなくなることね」

老婆の姿を受け入れ、城の掃除をしたりカルシファーやハウルと話したりしているソフィーは、以前の引っ込み思案の少女とは違う人格になってしまったようです。

だんだん元気になり、若返っていくのですが、自分を否定したりネガティブな気持ちになると90歳に戻ってしまいます。

そのような心の変化が外見に現れて変化しているようです。

最終的にハウルに「ソフィーの髪の毛、星の光に染まってるね!きれいだよ」と言われて「ハウル、大好き。よかった」とハウルの言葉を受け入れ魔法が解けます。

自分を肯定できたので魔法の中にいる必要がなくなったのです。

ソフィーの魔力について

原作ではソフィーにも魔法の力があることが描かれていますが、映画でははっきりとは説明されていません。

でも、ところどころに魔力がある描写があります。

映画の最後で「どうか、カルシファーが千年も生き、ハウルが心を取り戻しますように」とソフィーが祈ると二人が生き延びたのは、ソフィーが魔法を使ったからと考えられます。

また、ソフィーがカブの頭にキスをすると、カブの魔法も解けて隣の国の王子に戻ります。

まとめ

「ハウルの動く城」でソフィーがなぜ魔法をかけられたのか、また、時々魔法が解けて少女の姿に戻るのはなぜなのかについて考察してみました。

関連記事:「ハウルの動く城」をフルで無料で観る方法!AmazonやNetflixで見れる?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です