王様ランキングのヘビはミツマタ!声優の佐々木望についても

2021年10月から放送を開始したアニメ「王様ランキング」は、出てくるキャラがいい人すぎて泣けるとTwitterなどでも大変話題になりました。

その人気から2021年秋アニメ満足度ランキングで1位を獲得し、今後の展開から目が離せません。

そんな王様ランキングの中でも、知的でボッジの師匠的な存在である大蛇ミツマタについて調査しました。ミツマタを演じる声優の佐々木望さんについてもみていきます!

くまた
『王様ランキング』の見逃し動画をお得にみる方法があるよ!
『王様ランキング』の動画を無料で見る方法はこちら

王様ランキングのヘビはミツマタ!

ミツマタは、頭が三個ある蛇の長のような存在です。

城の外の森の中で、べビンが作ってくれた巣穴で暮らしています。

入り口はとても小さく、ボッジがやっと入れるほどですが、中は大きなミツマタがトグロをまけるほど広い空洞になっています。

蛇は意外にも穴掘りが得意なようなので、もしかしたらミツマタが穴を掘って広げたのかもしれません。

https://twitter.com/osama_ranking/status/1074251863921311744?s=20&t=uIcuNtKplNPxdLnMK475mQ

ミツマタとは

ミドリニシキヘビ
引用:https://www.wallpaperbetter.com/ja/hd-wallpaper-ejwpu

ミツマタは、ミドリニシキヘビという蛇がモデルだそうで、全身緑色の綺麗な蛇です。

ボッジがミツマタに会った時は、体が小さく手乗りサイズでしたが、成長すると巨大な大蛇になります。

ミツマタはあまりその巣穴から出てくることはなく、子分の蛇を城に行かせてべビンの情報収集を手伝わせています。

知性が豊かで、デスパーのことを知っていたり、戦い方をボッジに教えたりします。

また、勘が鋭くボッジが成長することやべビンの危機を予測していました。

またべビンのことを「我が主」と呼び、自分自身の命を投げ出しても救いたいと思うほど慕っています。

なぜ頭が一つないのか

ミツマタは、ボッジに見つかった時はひどく虐待されていて、真ん中の頭はその時にはもうありませんでした。

さらに、左の蛇は目が傷つけられてもう見えていません。

右の頭も左目が傷付けられ見えていて、牙もかけている部分が多いです。

しかし、目が見えないからこそ、ボッジに目ではなく感覚で攻撃を避ける技を伝授できたのかもしれません。

ミツマタとベビン

ミツマタは、傷が治ってからボッジに迷惑をかけないようボッジの元から離れました。

しかし、また城の兵士に虐められてしまいべビンに助けられます。

べビンはミツマタに噛まれながらも、傷に薬を塗り巣穴を作ってやり、時々餌を巣穴に放り込みました。

献身的な介護の末、さらに居場所を獲得したミツマタはべビンに仕えるようになりました。

べビンがなかなか強くなれず困っていた時に、デスパーの存在を教えたのもミツマタです。

しかしそれと同時に、ミツマタはボッジに読唇術を教え攻撃の見切り方について教えていて、べビンは少しヤキモチを焼いていました。

しかしミツマタは、ボッジはいずれダイダを助けられるほど成長できるだろうと話し、べビンにボッジを守ってくれるように頼みました。

べビンはボッジのことが嫌いではないし、大事なダイダの安全に繋がるならボッジを守るとミツマタに約束しました。

ミツマタとボッジ

ひどい虐待を受けたミツマタは、人間は怖いものと思っていたのか、花を見ていたボッジを見つけお尻に噛みつきました。

それを見たヒリングがミツマタを蹴っ飛ばしますが、ボッジは泣いてミツマタを治して欲しいといいます。

傷が治ったミツマタは、ボッジのベットで一緒に眠り安らかな時間を過ごしたのです。

ミツマタは助けてくれたボッジに恩を感じていて、ボッジに訓練をしてあげています。

無数の小石を手下とともにボッジに向かって投げ、全て避けれるよう目ではなく感覚を研ぎ澄ますようボッジに言い聞かせました。

冥府の罪人との戦い

まず、ミツマタは罪人たちに襲われているヒリングを助けました。

そしてヒリングに、自分は以前傷を直してもらった蛇だとを告げます

ミツマタは魔物を丸呑みにして、まとめてしっぽで打ち、とても勇敢に戦いました。

しかし、ギガンの怪力には勝てずトドメを刺されそうになった時、ボッジがやってきます。

ギガンを倒した後、ミツマタはヒリングに傷を治してもらうことができました。

またミツマタは、カゲのがボッジの親友で命を何度も助けたとヒリングに告げ、カゲが悪いものだと思ったヒリングの誤解を解いてあげます。

その後ミツマタは、瀕死のボッジを助けるために、満身創痍の体で冥府の罪人オウケンと戦います。

ミツマタは大きな蛇なので、オウケンにも有利かと思いましたが苦戦します。

剣で傷つけられ、血を飲まれるミツマタを助けたのは…

本編で確認いただければと思います。

*『王様ランキング』の漫画を安く読む方法は?

 


声優の佐々木望についても

大蛇ミツマタの声は、大ベテラン声優で東大も卒業されたインテリジェント溢れる佐々木望さんです。

佐々木望さんの声は優しく温かく、ミツマタの声にぴったりですね!

そんな佐々木望さんのプロフィールや経歴について調べてみました。

佐々木望のプロフィール

 

佐々木望引用:佐々木望 OFFICIAL WEB SITE https://nozomusasaki.com/

佐々木望さんは1967年1月25日生まれで、広島県出身です。

友人に誘われて新人育成オーディションを一緒に受けたことから、声優になったそうで、日本ナレーション演技研究所の特待生として入学しました。

声優のお仕事をしながら、東京大学法学部に合格して勉強していたそうで、卒業するまではそのことを誰にも言わなかったそうです。

特技は英語とスペイン語で、英検1級と通訳案内士の資格もお持ちでいらっしゃり語学も堪能だそうです。

声優活動を始めたときは、少年役が多い印象でしたが、2000年頃に喉を酷使したせいか声が低くなったそうです。

現在は落ち着いた大人の男性の声を演じられることが多いです。


佐々木望の経歴

佐々木さんは1986年に『ドテラマン』の短鬼役で声優デビューを果たしました。

1988年には劇場アニメ『AKIRA』の鉄雄役を演じ、1992年には『幽遊白書』の浦飯幽助役、1994年『キャプテン翼』の大空翼役も演じられました。

令和になった現在でも、いまだに名前があげられる有名作品に出演されていたんですね。

2000年以降も、2004年『MONSTER』のヨハン役や、2018年『からくりサーカス』ギイ・クリストフ・レッシュ役で知的な男性を演じられています。

今後の佐々木望さんが演じるミツマタの活躍が楽しみですね!

まとめ

ミツマタは、知性あふれる優しい蛇で、命を助けてくたべビンとボッジのために尽くします。

ボッジに読唇術と、攻撃の見切り方を教えてくれただけではなく、べビンにボッジを守ってくれるように頼みました。

また、ヒリングやボッジが劣勢におちいった時に駆けつけてくれて本当によかったです。

今後ミツマタとボッジがどうなってしまうのか…

アニメ「王様ランキング」から目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です