ペジテの王子アスベルのかっこいいところは?ナウシカとのその後や嫌いなところも

 

映画「風の谷のナウシカ」に出てくるアスベルは、ペジテ市の王子です。

アスベルはイケメンでかっこいいと言われています。

どんなことろがかっこいいのでしょうか。

また、一部では「嫌い」という声もありました。

どんなところが嫌いなのでしょう。

ナウシカとアスベルの関係も含めて見ていきます。

ペジテの王子アスベルのかっこいいところは?

アスベルとは?

ペジテ市の王子がアスベルです、ナウシカと同じ16歳 ↓


引用:http://neoapo.com/characters/1092

声優の松田洋治さんが声を担当しています。

アスベルの声担当の松田洋治さんについてはこちらに書いています ↓

アスベル声優はアシタカと同じ?松田洋治の経歴やプロフィールについても

自国を滅ぼしたトルメキアに恨みを抱き、巨神兵を奪ったトルメキア軍を倒すために、トルメキア軍司令官のクシャナが乗る飛行船をガンシップ(戦闘機)で襲い、撃墜します。

しかし、自らが乗るガンシップは腐海の森に不時着します。

虫たちに襲われたところをナウシカによって助けられるものの、ナウシカと一緒に腐海の底に落ちていき、腐海が世界を浄化するために必要な存在であることをナウシカから聞きます。

この時点では巨神兵による腐海の排除に賛同していました。

腐海の底からナウシカと一緒にペジテの町に戻り、ペジテの市長をはじめとする仲間と再会します。

トルメキア兵排除と巨神兵奪取のために自らの国ペジテを滅ぼし、また王蟲に風の谷にいるトルメキア軍を襲わせる作戦で、罪も無い風の谷の民までも殺そうとする仲間に失望し考えを改めます。

作戦をやめさせようとするナウシカに味方するものの、頭を殴られて気絶してしまいます。

しかしその後ペジテの飛行船に閉じ込められたナウシカを助け出し、風の谷に向かわせます。

その後自分もユパたちと風の谷に向かい、ナウシカが王蟲を止める光景を目撃しました。

ペジテ市とは?

ペジテ市は、都市国家の一つであり、辺境諸国の一つで工房都市です。

巨神兵の骨格が発掘され、それを狙った軍事大国のトルメキアの侵攻を受けたことから物語が始まります。

ペジテ市長とその仲間は、トルメキアから巨神兵を取り戻し、巨神兵の力で腐海を焼いて人間の住める土地を取り戻そうと考えています。

そのために、まずペジテ市に駐留するトルメキア軍を壊滅させるために人工的に王蟲の暴走を起こし、自らの手でトルメキア軍もろともペジテの街を腐海に飲み込ませ滅ぼしてしまいました。

さらに幼生の王蟲を捕らえておびただしい数の王蟲をおびき寄せ、風の谷にいるトルメキア軍を襲わせようとするのでした。

アスベルのかっこいいところは?

アスベルがかっこいいと言われているのは、見た目の他にもいくつかあります。

ツイッターの声で見てみます。

●正義のために行動する

仲間のやり方に賛同できなくなった時に、彼らを裏切ってまで正義のためにナウシカを逃がそうとします ↓

●セリフに相手を思いやる気持ち

逃がすときのセリフも相手を思いやる気持ちが現れています ↓

●ちょっとしたしぐさや行動

エスコートしたり危ない時に支えたりするところに女性はしびれますね ↓

自分のことを顧みずに相手を思ったり、先を読んで行動ができるのがいいですね ↓

●ちょっと頼りないところ

確かにナウシカに助けられたり、仲間に頭を殴られて気絶したりと頼りない部分もありますが、そこがまたいいみたいです ↓

ナウシカとのその後

映画ではナウシカとアスベルが今後どうなるのかははっきり分からずじまいでしたが、原作では二人は一緒になることはありませんでした。

アスベルは当初はナウシカの相手になるはずだったそうですが、宮崎駿監督が「くっつきそうだからあえて外した」との旨の発言をしているそうです。

原作ではアスベルはマニ族の娘のケチャと結ばれるようです。

そのことに絶望したというツイート ↓

アスベルの嫌いなところ

アスベルが嫌いという声もいくつかありました。

●原作を読むと嫌いになる(ナウシカを振るから?) ↓

●馴れ馴れしい

ナウシカに馴れ馴れしいから嫌い ↓

●子供っぽい

一部のシーンが子どもっぽくて嫌いとのこと ↓

まとめ

「風の谷のナウシカ」に出てくるアスベルについて

●かっこいいといわれる理由

●ナウシカとのその後

●嫌いといわれる理由

について見てきました。

アスベルとナウシカが結ばれるその後も見てみたい気がしますね。

映画「風の谷のナウシカ」を無料で見る方法はこちら ↓

「風の谷のナウシカ」をフルで無料で観る方法!ジブリ作品はTSUTAYAの宅配レンタル!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です