ミスシャーロック出演の伊藤蘭の経歴は?家主ハドソン夫人(波多野君枝)役で人気!

「ミス・シャーロック」は、2018年にHuluで毎週金曜日に配信された配信ドラマです。

その中でシャーロック(竹内結子)が住む家の家主・波多野君枝を演じたのが伊藤蘭さんです。

伊藤蘭さんについてまとめてみました。

 

ミスシャーロック出演の伊藤蘭の経歴は?

伊藤 蘭(いとう らん )さんは、1955年生まれの女優、ナレーター、歌手で、元キャンディーズのメンバーです。キャンディーズは、1970年代に活躍した日本の女性3人組のアイドルグループです。

 

今でも綺麗ですね。↓ ↓ 上品で美しい…

プロフィール・経歴

中学の時は演劇部、当時ファンだったフォーリーブスのバックで踊るスクールメイツに憧れていました。

1969年に渡辺プロダクションが経営する東京音楽学院に入学し、スクールメイツのメンバーに選抜されました。田中好子・太田裕美らが同期生でした。

日本大学第二高等学校卒業後、1973年に日本大学芸術学部演劇学科に進学しています。

1972年にNHKの歌番組『歌謡グランドショー』のマスコットガール兼アシスタントとして活動。田中好子・藤村美樹とともにキャンディーズと命名されました。

1973年9月1日にキャンディーズが「あなたに夢中」で歌手デビュー。伊藤蘭さんのニックネームはランちゃんでした。

1977年の日比谷野外音楽堂でのコンサート中、突然キャンディーズの解散を宣言し日本国中が驚きました。当時流行語になった「普通の女の子に戻りたい!」は蘭さんが発言したものだったそうです。翌1978年にキャンディーズ解散コンサートの後芸能界を一時引退します。

その後俳優の水谷豊さんと結婚、1980年からは女優として芸能界に復帰し、数々の作品に出演しています。

家主ハドソン夫人(波多野君枝)役で人気!

波多野君枝とは?

伊藤蘭さんが演じる波多野君枝は、目白台の住宅街にあるシャーロックが住むお屋敷、221Bの家主で未亡人です。亡夫は商社マンでした。

原作のシャーロック・ホームズシリーズでも、シャーロック・ホームズとジョン・H・ワトスンが住むのはロンドンのベーカー街221Bで、ハドソン夫人が下宿の女主人でした。なので、伊藤蘭さんの役どころは、ハドソン夫人ということになります。

ドラマではシャーロックの両親に危機を救われたらしく、恩返しとしてシャーロックの面倒を見ている設定です。

「シャーロックの身の上に起こったことは全て知っているようだが、語ろうとはしない」ようです。う~ん、謎めいていますね。

伊藤蘭さんのコメント

私は、事件とは全く関係のない箸休めキャラクターですので、あまり深いことは考えず役に臨もうと思いました。実際に撮影現場でもシャーロックにふんした竹内(結子)さんと貫地谷さんととても穏やかで平和な時間を過ごせて楽しかったです。

引用:シネマトゥデイ https://www.cinematoday.jp/page/A0006020

 

ツイッターでも人気!

まとめ

ミス・シャーロックに出演の伊藤蘭さんについてまとめてみました。 地上波で拝見できるのがうれしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です