レディプレイヤー1の原作は?ゲームウォーズを書いたアーネストクラインについても

レディプレイヤー1が金曜ロードショーで放映されますね。2018年公開のSF映画で、監督はスティーヴン・スピルバーグ、主演はタイ・シェリダンとオリヴィア・クックです。

レディプレイヤー1には原作があるのでしょうか?調べてみました。

レディプレイヤー1の原作は?

レディプレイヤー1は、アーネスト・クラインの小説『ゲームウォーズ』が原作です。

『ゲームウォーズ』は邦題で、原題は『READY PLAYER ONE / レディ プレイヤー ワン』です。

映画は原題をそのまま使ったのですね。

この本はアメリカ図書館協会のヤングアダルト図書館サービス協会部門からアレックス賞を、2011年にはプロメテウス賞を受賞しました。

ニューヨークタイムズのベストセラーにも選ばれています。

『ゲームウォーズ』を書いたアーネスト・クラインについて見ていきましょう。

ゲームウォーズを書いたアーネスト・クラインについて

プロフィール

誕生日 1972年3月29日
出身地 アメリカ合衆国オハイオ州アッシュランド
小説 『ゲームウォーズ』『アルマダ』
脚本 『ファンボーイズ』『レディプレイヤー1(共同執筆)』
結婚 2016年 相手はクリスティン・アポトウィッチ

経歴

1996年に『バカルー・バンザイの8次元ギャラクシー』の続編脚本を二次創作として執筆し、ネット上で公開して知られるようになりました。

1998年には『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 』の製作がきっかけとなり、『ファンボーイズ』の脚本製作を行いました。

これは同人誌として書いたものでしたが、クラインがネットで公開したところ人気になり、俳優のケヴィン・スペイシーが気に入り、彼のプロデュースにより2009年に映画化されました。

『ファンボーイズ』の成功で、クラインはプロの作家へと転身しました。

2011年に発表した小説『ゲームウォーズ』(原題:Ready Player One)がベストセラーとなります。

この映画は2018年にスティーヴン・スピルバーグ監督により映画化され大人気となりました。

スラム詩人としての経歴

アーネスト・クラインは、スラム詩人としても有名で、1998年と2001年にオースティン詩スラムチャンピオンとなっています。

中でも有名なのは「ダンス、モンキー、ダンス」で、世界29か国の言語に訳されてyoutubeで流れているそうです。

↓「ダンス、モンキー、ダンス」↓

私生活

アーネスト・クラインは1972年にアメリカ合衆国のオハイオ州で生まれました。

母親はアッシュビルで不動産業を営んでいたそうです。

子どもの頃からゲームや映画が好きで、「ダンジョンズ・&ドラゴンズ」という卓上ゲームや「スターウォーズ」に夢中でした。

2016年に作家のクリスティン・アポトウィッチと結婚しました。

出会ったのは1998年のナショナル・ポエトリー・スラム(National Poetry Slam)です。

お似合いのカップルですね!

(c)ニューズウィーク

アーネスト・クラインは自分のことを『オタク』と公言しています。

『ゲームウォーズ』の映画化権を売って得た収入で『デロリアン』DMC-12を買いました。

『ゴーストバスターズ』のステッカーを貼ったりプロトンパックなどを乗せたりして装飾したそうです。

日本のカルチャーにも詳しく、『ゲームウォーズ』では東映版『スパイダーマン』の巨大ロボ、レオパルドンをメインに活躍させています。

映画化の経緯

 

アーネスト・クラインは2010年に『ゲームウォーズ(原題:Ready Player One)』の映画化権を売りました。

これは本の発売よりも前のことだったといいます。

そして彼は「ヴァーチャル・リアリティでの宝探し」という、ストーリーだけを残した脚本を書いたそうです。

スピルバーグが現れなかったら、レディプレイヤー1は「原作小説からはほど遠いものになって、小説の魂も失われていたと思う」とクラインは言います。

彼は「映画化は不可能だと思った」とも話しています。

映画の脚本は、最終的にクラインと脚本家のザック・ペンによって書かれました。

原作はポップカルチャーへのオマージュでいっぱいの作品でしたが、映画も同様のものになりました。

スティーヴン・スピルバーグが監督になってほんとうに良かったですね!

映画「レディプレイヤー1」について

ストーリー

2045年の世界の話。環境汚染や気候変動、政治の機能不全により世界は荒廃していた。

多くの人々はスラムに住み、「オアシス」と言うVR世界に現実逃避していた。

オアシスはゴーグル1つですべての夢が実現するVRワールドで、誰もがなりたいものになれる場所だった。

ある日、オアシスの創設者ジェームズ・ハリデーからの遺言が発表される。

それは、オアシスに眠る3つの謎を解いた者に、オアシスの所有権と5000億ドル(日本円で約56兆円)相当のハリデーの遺産が授与されるというものだった。

56兆円をめぐって、子供から巨大企業まで全世界の壮大な争奪戦が始まった。 

オハイオ州コロンバスのスラムに住むウェイド・ワッツことガンター※のパーシヴァルも、戦いに参加していた。

※ハリデーがオアシス内に隠したとされるアイテム「イースターエッグ」を探すプレイヤーのことをガンター(エッグハンター)と呼ぶ。

ウェイドは第一の試練を突破するが、オアシスの独占を目指す大企業IOIの社長ソレントの陰謀に立ち向かっていく事となる。

まとめ

今回は、レディプレイヤー1の原作や映画について、また作者のアーネスト・クラインについてのまとめでした。

クラインやスピルバーグの日本のPOPカルチャーに対する愛があふれていて、日本人としては本当にうれしいですね!

レディプレイヤー1のタイトルについてはこちらの記事にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です