【おおかみこどもの雨と雪】幼少期の雨がかわいい!演じた加部亜門についても



 

映画「おおかみこどもの雨と雪」で、花の長男・雨は幼少時、ひ弱で臆病な性格でした。しかしある時獲物を捕らえる体験をしたことから、野生の本能に目覚めていきます。

幼少期の雨が本当にかわいいし、喋りもぴったりでした。

雨の幼少期を演じた加部亜門(かべ あもん)さんについても見ていきます。

くまた
『おおかみこどもの雨と雪』についてもっと知りたいなら関連記事があるよ!
『おおかみこどもの雨と雪』の関連記事はこちら

【おおかみこどもの雨と雪】幼少期の雨がかわいい!

雪と違って怖がりの雨。そっとのぞき込む様子がかわいいです。

泣き虫の雨。泣き顔もかわいい。

うさこ
「おおかみこどもの雨と雪」を動画で観る方法はこちらだよ!
「おおかみこどもの雨と雪」の見逃し動画を無料で視聴する方法は?

幼少期の雨を演じた加部亜門

幼少期の雨を演じたのは、加部 亜門(かべ あもん)さんです。

2003年6月11日生まれ、東京出身で身長は168cmだそうです。

【主な映画出演作品】 体操しようよ サニー/32 望郷 ちはやふる きみはいい子 ハロー!純一 まほろ駅前多田便利軒

【主なテレビ出演作品】 無用庵隠居修行3 龍馬の遺言 お迎えデス。 撃てない警官 ぼんくら2 グッドライフ~ありがとう、パパ。さよなら~  

現在は18歳ですが、雨を演じたときは小学生でした。大人が子どもを演じるのとは違う自然な感じがとても良いと思いました。

加部亜門さんは、NHKEテレの「にほんごであそぼ」のレギュラーも務めていました。

雨の演技

雨が川に落ちるシーンは雨がおおかみとして生きていくきっかけとなった重要な場面。何度も撮り直したんですね。

「もっかい、だいじょうぶ、して」のシーンは外せませんね。

まとめ

映画「おおかみこどもの雨と雪」で幼少期の雨について見てきました。

ひ弱で臆病な男の子でしたが本当にかわくて、「だいじょうぶ、して」のセリフは「可愛すぎる」との声が多数ありました。

演じたのは加部亜門さんで、4歳のころからドラマなどで活躍している子役でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です