【エール】カフェーパピヨンの従業員役の俳優は?蔵原健の経歴についても

朝ドラ「エール」で、音(二階堂ふみ)は、記念公演で演じる椿姫のヴィオレッタ役を理解するため、カフェーパピヨンに人生修行に行きます。

そこでママの右腕としてお店を守っている男性がいました。44話では突然希穂子に会いに店を訪ねてきた鉄男(中村蒼)を追い返します。

カフェーパピヨンの従業員役の俳優は誰なのでしょう?

 

【エール】カフェーパピヨンの従業員役の俳優は?

そのカフェーでママ(黒沢あすか)が右腕と信頼するバーテンダーを演じているのは俳優の蔵原健(くらはらけん)さんです。

蔵原健さんのTwitterより

蔵原健の経歴について

蔵原健(くらはら けん)さんは、1977年生まれで熊本県出身の俳優です。中野笑店に所属しています。蔵原健は本名です。

2016年4月まで芸名をクラでしたが、熊本地震をきっかけに本名で活動する事にしたそうです。

これまで、クラという芸名でお仕事を頂いておりました。
皆さまには大変感謝しております。そして、熊本出身であり復興を強く願い、
本人の意思により、今後は本名である蔵原を使用させていただくことにします。
今後もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。2016. 5/6

引用:http://www.nakano-showten.com/kurahara.prof.html(中野笑店のサイト)

身長187cmで、特技 は空手、殺陣(たて)、技斗(ぎとう)※、器械体操、バスケットボール(中高大バスケ部)、趣味 は版画、特技は熊本弁だそうです。熊本県出身だからですね。

※技斗(ぎとう)は殺陣(たて)の現代劇での演技のことです。

蔵原さんは、自由学園に通っていて、自由学園大学数理化学研究室を卒業しています。中学から大学までバスケットボール部に所属していました。文武両道なのですね!

※自由学園は東京都東久留米市学園町に本部を置く学校法人です。キリスト教精神(プロテスタント)に基づいた理想教育を実践するため、羽仁もと子と羽仁吉一の夫婦によって1921年に設立されました。

プロフィール

日本タレント名鑑によると、家族構成は、父、母、兄2人だそうです。好きな色はターコイズブルー、長所は愚直な姿勢、短所は心配性という事です。

芸歴

デビューは2000年で、劇団に入団し、カチャーシー2000という舞台に出演しました。

近年の出演作品

映画

2013年 「永遠の0 」
2013年 「甘い鞭 」
2015年 「アンフェア the end」 守屋
2015年 「グラスホッパー」 比与子の部下
2016年 「64-ロクヨン- 後編」遊撃班の刑事
2016年 「SCOOP!」 SP

テレビドラマ

2013年 「相棒元日SP」 (テレビ朝日)
2014年 「花子とアン」 (NHKテレビ)
2016年 「ドクターカー」楠木英孝
2016年 「世にも奇妙な物語 春の特別編」地検の男
2016年 「とと姉ちゃん」酔った男
2016年 「忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣〜」吉良邸の家臣
2017年 「おんな城主 直虎」

まとめ

エール出演の蔵原健さんについてのまとめでした。さわやかな笑顔の俳優さんですね。カフェーパピヨンの場面で活躍してほしいです。

※NHK朝ドラ「エール」の他の記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です