佐久本宝(エール・浩二役)の経歴は?性格や過去の出演作品についても

 

 

NHK朝ドラ「エール」の中で主人公古山裕一(窪田正孝)の弟・浩二(佐久本宝)は長男の裕一に変わって家業を継ぎ、何とか喜多一が維持できるようにといろいろアイディアを出すのですが、ことごとく父の三郎の反対にあってしまいます。

浩二は両親が自分よりも裕一に甘いような気がして気にいりません。兄弟間の親をめぐる嫉妬…永遠のテーマですね。

迫真の演技がひときわ目立つ浩二役の佐久本宝(さくもと・たから)さんについてまとめてみました。

佐久本宝(エール・浩二役)の経歴は?

佐久本宝の経歴

佐久本 宝さんは、1998年7月22日生まれの21歳(2020年現在)で沖縄県うるま市出身です。血液型はA型で身長は163㎝。特技は三線早弾きだそうです。沖縄出身だからですね。

所属事務所は株式会社ビーストリーム(Be-stream)です。2017年2月にオフィシャルサイトがオープンしているので、まだ新しい事務所のようです。

映画「怒り」で1200人のオーディションを勝ち抜き映画初出演をし、第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞されました。

映画出演のきっかけは、うるま市にて中高生が演じる舞台・現代版組踊「肝高の阿麻和利」で七代目阿麻和利役を演じたことです。

それを見に来ていた映画監督の李相日が関心を示し、映画『怒り』のオーディションに呼ばれて参加しました。

映画『怒り』公開後は瞬く間に「あの子は誰?」と話題となり、今最も話題で期待の大型新人俳優と言われています。

佐久本宝の過去の出演作品

佐久本宝さんの主な出演作品です。

映画出演作品
「凪待ち」(2019年) 石母田翔太 役 
「あの頃、君を追いかけた」大野陽平 役
「YOU達HAPPY映画版 ひまわり」花村龍二 役
「怒り」(2016年)知念辰也 役
 
テレビドラマ出演作品
「3年A組」(2019年 日本テレビ系) 石倉光多役 
「甲子園とオバーと爆弾なべ」 (2019年 NHKBSP)
「KBOYS」 (2019年 ABC GYAO)
「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」 (24時間テレビドラマスペシャル NHKBSP )
「花へんろ特別編 春子の人形」 (スペシャルドラマ NHKBSP )
「声だけ天使」(2018年 Abema TVオリジナルドラマ ) 長友信二役
 
舞台出演作品
「風の声が聞こえる」沖縄公演
「銀幕の果てに」 (2019年) 山崎宝 役 @紀伊國屋ホール
「熱海殺人事件 NEW GENERATION」 (2017年)
「現代版組踊・肝高の阿麻和利」(2013年〜)うるま市中高生による舞台

ナレーションにも挑戦!

佐久本さんは、合同会社ミッシングピース(MissingPiece)とVoice部門で業務提携をしています。

ミッシングピースのHPから佐久本さんの音声を聞くことができます。とても21歳とは思えない味のある語り口です。

佐久本さんはご自身のインスタグラムでこのように話しています。

「声だけで届ける。
凄く、単純で難しくて、誤魔化せない。

初めは自分の声の録音を聞き、
レッスンでも思うようなものが出せず、
泣きながら(泣いてない)、どうすれば、
相手に届くのか。
と言う事を考えながら、信頼出来る先生方とレッスンを重ねました。

分からない事だらけですが、
これからも、どんどん新しい世界に挑戦していきたいと思いますので、よろしくお願い致します。」

 

これからもいろいろな挑戦をされることでしょう。楽しみですね!

佐久本宝の性格

佐久本宝さんは役柄に真摯に取り組む姿勢から、とてもまじめな方だと思います。

AbemaTVの連続ドラマ「#声だけ天使」で、オタクで内気な性格のシンジを演じたときのインタビューで、このように語っています。

ーーご自身とシンジが重なる部分はありますか?

 シンジは基本的に発言したり表現することが、難しいというか、上手くできないのです。その代わり、メンバーを人一倍客観的に見ているところがあります。監督も言っていたのですが、「シンジが一番大人だ」と。

シンジはいつも冷静で、自分が今どうすればいいか、何を話せばいいか、ということを考えながらしゃべっていたと思うんです。相手への伝え方をすごく悩むので、皆よりワンテンポ遅れてしまうところがあるんですね。そういうところがとても自分に似ているというか。あまり話すのが上手くないんですよ、僕。苦手なんです(笑)。(ABEMA TIMESより)

 

「話すのが苦手」、と言っています。どこか控えめな印象を受けるのはそのせいでしょうか。

しかしプライベートでは普通の21歳のようで、ドラマで共演した「3年A組」メンバーとも仲良しだそうです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

プライベートでも仲良し3Aメンバー◎ #神尾楓珠 #若林時英 #佐久本宝 #actor #イケメン #俳優 #model #kamiofuju #fujukamio #3A

ぽん◎ 神尾楓珠くん(@kamio_fuju_)がシェアした投稿 –

佐久本宝のメッセージ

朝ドラ「エール」で福島の視聴者にメッセージを送っています。

力強いメッセージ、意気込みが伝わりますね!

「エール」取材会でのコメント。古山家の和やかな様子がよく分かります。本当の家族のようですね。

浩二が好きというコメント。裕一には厳しいけれど家族のために働く浩二にもエールを送りたいですね。

 
 

エールでの役どころ

「エール」の中で、佐久本さんは主人公裕一(窪田正孝)の弟役です。

長男でありながら、音楽という道を進む兄に対して納得できずに、裕一に「もっと家族のことを考えてほしい」と詰め寄りますが、後半では音楽で成功した兄を認め、自分は役人の道を選びます。

父の三郎(唐沢寿明)亡き後、母のまさと二人暮らしをしていたためか結婚が遅れてしまいます。

義姉の音に、「どんな人が好き?」と聞かれて、「原節子みてえな…?」と答えて絶句されたりもしますが、そのうち身近にいるお相手との恋のお話もあるようで楽しみですね。

料理の腕前はなかなかのようで、音と華に自作のお菓子をふるまう場面もありました。

佐久本宝はジャングルポケットのおたけに似ている?

Twitterでおたけに似ていると話題

佐久本さんはtwitterでも評判で、ジャングルポケットのおたけに似ていると言われています。写真を見てみると、確かに似ていますね!

ご本人もツイート

おたけご本人もツイートしています。「佐久本さんすいません」とあやまっておきながら「アカデミー賞おたけ」と言っています。おかしいですね。(笑)

まとめ

今回は裕一の弟・浩二役を演じる佐久本宝さんについてまとめてみました。

舞台を見て監督から声をかけられるなんてめったにないことですね。いかに演技力に優れているかがわかるエピソードだと思います。

エールで浩二を演じるときも、父に認められている兄・裕一(窪田正孝)が羨ましいという心情がよく出ていて素晴らしいと思いました。

 

お知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です