【聲の形】おばあちゃん西宮いとの声優は?谷育子はナルトのチヨバア役も!

映画『聲の形』で、西宮硝子と結絃のおばあちゃんが優しくてホッとします。声も素敵なので、声優さんは誰か調べてみました。

【聲の形】おばあちゃん西宮いとの声優は?

西宮のおばあちゃん役は、声優の谷育子(たにいくこ)さんが担当しています。

谷さんは声優のベテラン中のベテランで、創成期から活躍し、時代を作ったと言っても過言ではないほどの大御所です。

今は80歳を超えていますが、まだまだ現役で多くの吹き替えに参加しています。

最近はyoutubeなどでもよく見かけますが、とても気さくで楽しい方です。

谷育子の経歴

プロフィール

誕生日 1939年4月9日
出身地 東京都
血液型 A型
身長 157cm
所属 マウスプロモーション

谷さんは、小さい時からラジオ、映画が娯楽で、親に連れられて毎週日曜日に映画を見に行ったそうです。

小学生の時はお姫様にあこがれる少女でした。

高校1年から剣舞や詩吟を始めました。

高校生の時友達が俳優座の養成所を受けることになり一緒に受けに行きましたが、友達が落ちて谷さんだけが受かってしまいました。

1960年に21歳で『武器なき斗い』でデビューしています。

『風と共に去りぬ』でビビアンリーの母親役をやった時に、別人になることが面白いと思い、声優の道に進むことにしたそうです。

1980年よりマウスプロモーションに所属し、洋画吹き替えやアニメで活躍しています。

声質から、地位の高い年配女性や厳格な老女役が多いですが、『スポンジ・ボブ』のパトリックなど少年役もこなしています。

また、声優養成所の先生としても活動しています。

声優になりたい人へのアドバイス

今の若い子は甘いです、なりたいと思う事は自由です。
だと思ったとしたら最後までくらいついてやっていってほしい、何十年も。
演技の上手い俳優さんを作るんじゃなくて、人間として面白い人間を作りたいと思うのが私の望みですしそうあってほしい。
アドバイスはへこたれるなですね。
人を大切に、前を見ていってほしい。

引用:ブログ・明日への扉

谷育子はナルトのチヨバア役も!

ここからは谷さんの出演作品について見ていきます。

谷育子の出演作品

主なテレビアニメ出演作品

タイトル
1979 銀河鉄道999 女海賊エメラルダス
1990 楽しいムーミン一家 ムーミンママ
1998 たこやきマントマン たこ焼き屋のおばさん
2009 サザエさん 磯野フネ(代役)
2009-2015 スティッチ! シリーズ 銀河連邦議長
2013 NARUTO-ナルト-疾風伝 チヨバア
2015 オーバーロード リイジー・バレアレ
2019 鬼滅の刃 おばあさん

他にも

「ハリー・ポッターシリーズ」ミネルバ・マクゴナガル
「スポンジボブ」初代パトリック
「コナン」蘇芳さん

などを手掛けています。

また、色の変わるお菓子「ねるねるねるね」のCMの魔女の声を2011年から務めています。

【聲の形】おばあちゃん・西宮いとについて

映画『聲の形』で、西村いとは、硝子と結絃の祖母です。

姉妹の最大の理解者であり、家で結絃としそジュースを飲みながら話す場面が印象的です。

硝子と会話をするために手話教室に通っていました。

硝子と結絃の母がシングルマザーで仕事をしていたので、夕食を作るなど家のことを手伝っていました。

しかし西村いとは、ある日突然亡くなってしまいます。原因は糖尿病が悪化したからのようです。

まとめ

今回は、映画『聲の形』のおばあちゃん、西村いと役の声優、谷育子さんについてのまとめでした。

これからもどんどん活躍してほしいですね!

>>『聲の形』をフルで実質無料で見る方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です