今夜ロマンス劇場での三獣士は誰?お転婆姫を守るたぬき役など個性派俳優3人の経歴についても

映画「今夜、ロマンス劇場で」が5月16日にフジテレビ地上波で初めて放映されます。

映画監督を夢見る青年健司(坂口健太郎)が映画館ロマンス劇場で古いモノクロ映画を見つけ、毎日のように繰り返し見て、その中のお姫様美雪(綾瀬はるか)に恋をする、というお話です。

そのモノクロ映画が『お転婆娘と三獣士』で、その中で三獣士が出てきます。

この三獣士は誰なのでしょうか?

今夜ロマンス劇場での三獣士は誰?

劇中に登場する『お転婆姫と三銃士』は、『オズの魔法使い』を模したものと思われます。

オズの魔法使いでは、三銃士にあたるお供は、カカシ、ブリキの木こり、臆病なライオンでした。

一方「今夜、ロマンス劇場で」の劇中劇では、たぬき、とら、はとが登場しました。

 引用:https://www.cinematoday.jp/news/N0098450

それぞれの配役は以下になります。

狸吉  (たぬき): 竹中直人
虎右衛門 (とら): 池田鉄洋
鳩三郎 (はと): 酒井敏也

この御三方ですが、この映画の中での出番は少ないものの、それぞれが個性的な演技で数多くの番組や映画・舞台で活躍している役者さんです。どんな方たちなのか調べてみました。

お転婆姫を守るたぬき役など個性派俳優3人の経歴について

竹中直人

竹中 直人(たけなか なおと)は、1956年生まれ、横浜市出身の俳優。他に声優、映画監督、タレント、コメディアン、歌手の活動もしています。

美術大学美術学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業し、今は同大学の客員教授をしているそうです。所属事務所はレディバード。妻は女優の木之内みどりさんです。

大学在学中に俳優を志し、卒業後劇団青年座に入団しました。

その後映画やドラマでわき役を演じることが多かったですが、1996年、NHK大河ドラマ『秀吉』で主演の豊臣秀吉役に抜擢され、ヒット。その後もテレビ朝日『敵は本能寺にあり』(2007年)NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』(2014年)でも秀吉を演じました。

木之内みどりについて

奥さんの木之内みどりさんとは、1989年の劇団の海外公演でスペインに滞在中に偶然出会い、竹中のお気に入りの喫茶店に誘ったことをきっかけに結婚しました。

木之内みどりさんは北海道出身の元アイドル歌手で、以前後藤次利さんと結婚していましたが4年後に離婚。その後竹中直人と再婚して、1女、1男の子どもをもうけました。女優の木内みどり(故人)とは別人です。

池田鉄洋(虎右衛門役)

池田 鉄洋(いけだ てつひろ)は、1970年生まれ、東京都出身の俳優、演出家、脚本家。「表現・さわやか」主宰。愛称は「池鉄(イケテツ)」。國學院大學卒業。所属事務所はホリプロ。

2014年に30代の一般女性と結婚しています。ガチャピン似の可愛らしい女性という事です。

俳優としては舞台中心の活動でしたが、『TRICK』や『医龍』の個性的な演技で一躍有名になったそうです。

主な出演作品
1999年 「元禄繚乱」NHK大河ドラマ 潮田又之丞 役
2006年 「純情きらり」NHK朝の連続テレビ小説 河原亮一役
2006~2014年 「医龍-Team Medical Dragon フジテレビ) 木原毅彦 役
2007~2010年 「サラリーマンNEO」 NHK 
2014年 「医龍-Team Medical Dragon-4」 フジテレビ  木原毅彦 役

脚本家としての仕事もなさっています。

酒井敏也

酒井 敏也(さかい としや )は、1959年岐阜県出身の俳優。実家は製陶業。酒井未踏という俳号があるそうで、俳句を詠まれるようです。一度結婚しましたが、離婚して今は独身です。

岐阜県立多治見工業高校出身。つかこうへいに心酔し、つかこうへい事務所のオーディションに自己紹介のカセットテープを送ったところ、その独特の声がつか本人に気に入られて、つか本人から上京を命じられ、テレビドラマ『弟よ!』でデビュー。

中年期以降は『踊る!さんま御殿!!』などのバラエティー番組で活躍。

前頭部のみ頭髪を残している理由は、天使のつかまるところだから、らしいです。

2018年に岐阜県出身ということで地元企業のCMに出演。

まとめ

『今夜、ロマンス劇場で』の劇中劇『お転婆娘と三獣士』の三銃士の御三方のまとめでした。

3人ともとても個性的で素敵な俳優さんでした。これからも多くの作品で活躍してくれることを期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です