砕け散るところを見せてあげるのロケ地は?通学路ガードレール編

映画「砕け散るところを見せてあげる」が3月9日から映画館で上映されています。

正義感の強い高校3年生の濱田清澄(中川大志)が、学校でいじめにあっている1年生の蔵本玻璃(石井杏奈)を助けようとしたことから、話が始まります。

こちらでは、清澄が玻璃を毎朝待っていた通学路のガードレールのロケ地についてお知らせします。

 

砕け散るところを見せてあげるのロケ地は?

この映画はほとんどのシーンを長野県で撮影し、諏訪地域では全編の約8割のシーンが撮影されました。

ロケ地全体についてはこちらです ↓

砕け散るところを見せてあげるのロケ地は?諏訪地方に実際に行ってみた感想も!

ロケ地の中でも印象的だったのが、通学路のガードレールです。

通学路ガードレール

ここのガードレールに座って清澄が玻璃を待っていました。

最初の時は、クリーニング店のおばちゃんから預かったおはぎを渡すためでした。

その時の2人の会話 ↓

—————————-

玻璃:「そんなところに座っていたら、おしり、痛くないですか」

清澄:「割れ目に対して直角方向だから大丈夫。クロス!、って感じで」

—————————-

その日から清澄は毎日玻璃をここで待つようになります。

SABU監督は、この橋で雨の日に撮った待ち合わせシーンが印象的だったと話していました。

当初雨で中止にする予定だったそうですが、周囲の山に霧がかかりいい絵が撮れて、お気に入りの場面になったという事です。

撮影時は山が緑の季節だったのですね。

実際に行ってみたのは4月の初旬でしたが、山の緑がまだくすんでいて、桜が咲いていました。

車が一台やっと通れるくらいの狭さで、ここでロケをするのは大変だったろうな~と思いました。

平日の昼間に行ったので、人通りもほとんどなく、周囲は静かな場所でした。

このガードレールがある橋は「三ツ又橋」と言います。

清澄が座っていた横にはかな表記がありましたが。反対側には漢字表記もありました。

待ち合わせ場所のガードレールに玻璃が来なくなる

この待ち合わせ場所ですが、あるときを境に、玻璃はここに来なくなります。

それは、テストの過去問をもらうために玻璃が清澄の家に行き、遅くなったため清澄の母が運転する車で玻璃を送って行った時に、玻璃の父親に会った後からです。

玻璃はこの日から清澄を避け続けます。実はそれは、清澄を守るためでした。

通学路のガードレールはロケ地マップではSCEAN②

場所の地図はこちらです。 道が三叉路になっていて、後ろに小さな祠があります。

 

まとめ

今回は、ロケ地の中の通学路のガードレールについてお知らせしました。

ロケ地のまとめは、こちらにあります。

砕け散るところを見せてあげるのロケ地は?諏訪地方に実際に行ってみた感想も!

 

期間限定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です