【ジュラシックパーク】イアン・マルコムとは?死亡したと言われるのはなぜ?



イアン・マルコムジュラシックパークに登場する数学者です。

見た目はちょい悪のダンディなおじ様ですが、中身はまっとうな考えを持っていて数多くの名言を残しています。

ジュラシックパークシリーズ4作に出演するメインキャストですが、死亡したと勘違いしている方もおられるようです。

彼が死亡したと言われるのはなぜでしょうか?

今回はイアン・マルコムについて紹介させていただきます。

うさこ
「ジュラシックワールドシリーズ」を無料で観る方法はこちらだよ!
「ジュラシックワールドシリーズ」をフルで無料で視聴する方法は?

【ジュラシックパーク】イアン・マルコムとは?

イアン・マルコムとは?

イアン・マルコムはテキサス出身の数学者、カオス理論の専門家です。

イケメンでスタイルもよく、映画の中でも存在感がある魅力的な人物です。

ファンの間ではセクシーなキャラとしても知られているようです。

皮肉屋で女性関係も派手ですが、根は真面目で男気溢れる人物です。

イアン・マルコムの名言

イアン・マルコムは数々の名言を残しています。

彼の発言は皮肉が込められているのですが、ずばり的を得ていることも多いです。

彼の名言をひとつ紹介します。

「神は恐竜を作り、破壊した。神は人間を作り、人間は神を破壊した。そして人間は恐竜を創った」

失われた恐竜の命を科学によって再生することは神や自然界への冒涜であり、ジュラシックパークのシステムは必ず破綻すると主張します。

マルコム博士は一見チャラ男で適当なようですが、数学者になるくらいですから非常に賢いのですね。

皮肉屋と思われようと、歯に衣着せぬ発言が素敵です。

イアン・マルコムの出演したジュラシックパークシリーズは?

https://twitter.com/sunsetblvdmovie/status/1286634422729498624?s=20

イアン・マルコム博士は「ジュラシックパーク」(1993年)にメイン・キャストの一人として登場します。

「ロストワールド」(1997年)では主役を務め、シリーズの3.4作目には登場しませんが「ジュラシックワールド 炎の王国」(2018年)に21年ぶりに再登場しファンを驚かせました。

 2022年夏に公開される次回作「ジュラシックワールド/ドミニオン」にも出演します。


イアン・マルコムが死亡したと言われるのはなぜ?

ジュラシックパーク1でイアン・マルコムは死亡した?

イアン・マルコムはジュラシックパーク出演以降も、ロストワールドやジュラシックワールドに登場していますから死亡していません。

なぜ死亡したと勘違いされているかというと、ジュラシックワールドでヘリが墜落して死亡したキャラ、サイモン・マスラニと似ているからです。

テキサスの数学者イアン・マルコムとジュラシックワールドのサイモン・マスラニは全くの別人で、2人がシリーズで共演したこともありません。

雰囲気が似ていて日本語吹き替えを担当した声優さんが同じだったことから同一人物だと勘違いされたようです。

ロストワールドでのイアン・マルコムの変化

 前作「ジュラシックパーク」ではサングラスを掛け軟派キャラで少々浮ついていたマルコム博士。

「ロストワールド」ではかなり落ち着いた雰囲気になっています。

どうやら前作で痛い目に遭ったことから慎重に行動するようになったようです。

ただ恋人のサラに振り回され今回も痛い目に遭いますが。

イアン・マルコム役はジェフ・ゴールドブラム

ジェフ・ゴールドブラムの経歴

ジュラシックシリーズでイアン・マルコムを演じたジェフ・ゴールドブラムはアメリカ・ペンシルベニア出身の俳優です。

生年月日は1952年10月22日生まれの68歳です(2021年8月現在)

足が長くてスタイルが良い印象ですが、なんと194㎝の高身長です。

17歳の時に俳優を志してニューヨークで演技を学び、ブロードウェイデビューを果たします。

1986年に「ザ・フライ」でハエと合体してしまう科学者セスを演じて注目され、「ジュラシックパーク」「インデペンデンスデイ」でも科学者・技術者を演じています。

AppleのTVCMに出演したほか、1997年に京都のハイテクメーカー・ロームの企業キャラクターも務めました。

2回の結婚を経て、2014年に元オリンピック新体操選手のエミリー・リヴィングストンと結婚し2児の父親となります。

60歳を過ぎてからパパになるとは驚きましたね。


まとめ

今回はジュラシックパークのメインキャラクター、イアン・マルコムについて紹介させていただきました。

彼はイケメンでセクシーなキャラとしても知られていました。

確かに映画でも圧倒的な存在感を放っていたと思います。

次回作にも出演するということで楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です