【王様ランキング】ボッジが非力なのはなぜ?ボッス王の取引についても

 

 

ボッジは巨人族の両親から生まれたのに、普通の人間と同じように小さく生まれてきました。

デスパーからは「ボッジ君には膂力(筋肉の力)がない」とまで言われています。

なぜボッジはここまで非力なのでしょうか

●王様ランキングを読むならebookjapan

ebookjapanの特徴や会員登録の方法!作品の購入の仕方も画像付きで解説

【王様ランキング】ボッジが非力なのはなぜ?

非力なボッジ

ボッジは巨人族の子なのに、体のサイズは年下のダイダよりも小さいくらいです。

熱心に真面目に剣の練習をしても、ショートソードすらまともに持てません。

国一番のソードマスターで四天王のドーマスも、呆れ返ってしまいました(実は彼は人に戦い方を教えるのは、とても下手だったそうです)

ボッジは人が見ていないところでは、大粒の涙を流し自分の腕を殴って悔しがります。

ダイダと決闘したときに、不意打ちでダイダに木刀をあてます。しかし、何度打ってもダイダは痛がる様子もなく攻撃をしているので、ダメージらしきものは与えられませんでした。

ボッジが非力な理由

ボッジが非力なのは、ボッス王が魔神と取引をしたせいです。

世界一強いと言われるシーナとボッスから産まれたボッジは、もともと戦士としての才能に溢れ大きくて強い子だったはずです。

しかしその力は、魔神との契約によってボッス王に奪われてしまったのです。

そのため、ボッス王はボッジが小さく産まれシーナが悲しそうにしていたのをみて改めて自分の罪の重さを自覚しました。

贖罪のために、ボッス王は非力なボッジでも暮らしていけるように、ボッス王国を築きます。

ボッス王の取引についても

ボッス王の取引とは?

ボッス王はミランジョとともに、魔神の巣窟に行きました。ボッス王は魔神の言葉はわからないので全てミランジョが通訳をしていました。

ミランジョが言うには、魔神は「存在しない力は与えることはできない。ただ、血のつながりのある者の力を奪い与えることはできる。」と伝えます。

ボッス王は自分の寿命を魔神に捧げ、世界一強くなる願いを叶えるためにシーナと結婚します。

ボッジが産まれた時、ボッス王は魔物達に倒されそうでしたがボッジの力を奪い魔物達に圧勝します。

ボッス王が取引で得た副作用は?

ボッス王が取引で得た副作用は、寿命を奪われてしまったことです。

しかしそれだけではなく、力の制御ができなくなり倫理的な心が失われてしまったことも大きいかと思います。

ボッジが産まれて力を得たボッス王は、殺す必要のないはずの魔物の子供までも皆殺しにしています。

また、ボッス王の戦い方は守りを捨てて怯まず退かない戦い方になりました。どんなに深傷を負っても立ち上がることができます。

しかしそのことで、ボッス王の心は少しずつ壊れていったと推測します。

倫理的な心があれば、ダイダの体を奪ってもう一度生き返り平気でいられるわけがないです。しかし、ヒリング達を猛獣に襲われ暗殺未遂をした時もそうでした。ヒリングが死にそうになっていたのに、ミランジョとダンスを踊ったりしています(踊っている場合ではないと思うのですが…)

また、ヒリングが「ダイダを返しなさいっ 今すぐに!」「まだ間に合う誇りを見せてください!」と必死に訴えてもなしのつぶてでした。 

ボッス王はミランジョに「…私は歪んだ存在だな」と呟いています。

ボッジは取引について知っている?

ボッジは10巻の段階では、ボッス王に自分の力を奪われたことを知ってはいないです。

デスパーがボッジに「ミランジョを殺せますか?」と言うとボッジはぶんぶんと首を横に振ります。

そして、デスパーからミランジョの記憶を見せてもらうと大粒の涙をこぼしました。

ボッスとミランジョには想像以上に辛い過去がありそうです。

優しいボッジならボッス王とミランジョを許して、良い解決策を導き出してくれるかもしれないです…

まとめ

・ボッジはショートソードも持てないくらい非力

・ボッジが非力なのは、ボッス王が魔神と契約をしたから

・ボッス王は自分の寿命を捧げる代わりに、ボッジの力を全部奪ってしまった

・取引の副作用は寿命が縮んでしまったこと

しかしそれだけではなく、力を制御できずボッス王の倫理的な心も壊してしまった可能性もある

・ボッジはボッス王が自分の力を奪ったことを知りません

しかし優しいボッジなら、ボッス王の罪を許し物語をハッピーエンドに導いてくれることを期待しています…

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です