映画「クローゼット」のテーマは孤独!「添い寝屋」という職業についても

映画「クローゼット」は、2020年10月30日から東京・テアトル新宿ほかで全国順次公開しています。

テーマは「孤独」。添い寝屋という職業についても見ていきます。

 

映画「クローゼット」のテーマは「孤独」

監督は進藤丈広氏。「ヌヌ子の聖★戦 HARAJUKU STORY」を手掛けた方です。

浅田弘幸氏の描き下ろしイラストを使用したポスタービジュアルも素敵です。

あらすじ

交通事故で男性機能が不能になったジンが、行きついたのは「添い寝屋」という職業でした。

そこには10代から70代までの男女の客が添い寝をしてもらいに来ます。

そんな客との交流を通してジンは自分を取り戻していきます。

あるとき一人の女性に、「一緒に死んで欲しい」と乞われるジン。いったいどんな選択をするのでしょうか。

「クローゼット」の意味

タイトルの「クローゼット」ですが2つの意味があるそうです。

・心の中にしまい込む何かを入れておく場所
同性愛者などの性的志向をカミングアウトしない人のことを指す

見どころ

出演者はほとんどオーディションで選んだそうです。監督の思っていた以上の演技が生まれたと言っていました。

綿密な取材から生まれたリアルな映像が見どころです。ホストクラブの場面は実際のホストたちが出演して、プロの臨場感がすごかったそうです。

主演の三濃川陽介さんについてはこちらに書いています ↓

【エール】114話出演の三濃川陽介とは?俳優の経歴やプロフィールも!

添い寝屋とは

添い寝屋とはどんな職業なのでしょうか。

血行古くからあるようで13年前から営業している店もありました。

1時間1万円くらいだそうですが、決して安くないその費用を出しても添い寝を頼む人たちは様々な境遇の人たちです。

お金に裕福な人ばかりではありません。みな心に隙間を抱えていて、それをどうにかしようと無理しても来るのでした。

「添い寝屋は、女性のお客様のために自宅やホテルに男性キャストを派遣し、腕枕で添い寝しながら、ピロートークなどによって癒やしを提供するサービスです。私たちの場合、料金は2時間2万円から。ロングコースを希望すれば、キャストと10時間以上一緒にいることも可能です」

「Rose Sheep」オーナー談

監督と主演の三濃川さん ↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

映画「クローゼット」公式(@movie_closet_official)がシェアした投稿

SNSでの映画の感想 

清水崇監督の感想メール ↓

まとめ

映画「クローゼット」についてのまとめでした。

うちのあたりではやっていないので残念!早く見たいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です