【おちょやん】朝比奈灯子役の俳優は誰?小西はるの経歴や役どころについても

 

「おちょやん」の第19週で、鶴亀新喜劇が発足します。

家庭劇一同が集まっていたところに社長の大山が連れてきたのが鶴亀歌劇団出身の朝比奈灯子(あさひなとうこ)らでした。

朝比奈灯子を演じている女優の小西はるさんについて調べてみました。

うさこ
今までの朝ドラをお得に見る方法があるんだって!
NHK朝ドラの見逃し動画を無料でパソコンやスマホから観る方法!

【おちょやん】朝比奈灯子役の俳優は誰?

朝比奈灯子役は小西はるさんです ↓


引用:https://www.stardust.co.jp/section3/profile/konishiharu.html

小西はるさんは小西真奈美さんと似ていますが、血縁関係などはないようです。

プロフィールを見ていきます。

プロフィール

生年月日 2000年10月16日
身長 159㎝
出身地 大阪府(東京在住)
特技
趣味 猫の写真を撮ること
事務所 スターダストプロモーション

 

俳優の経歴

小西はるさんは、ご当地アイドル東播磨ちゃんとしても活躍していました。

東播磨とは兵庫県の3市2町(明石市・加古川市・高砂市・稲美町・播磨町)からなる地域のことです。

東播磨ちゃんとして奮闘している姿がこちら ↓

CMに出たくて女優に

小西はるさんは、中学生のころから「CMに出たい」という思いがあり、全国のオーディションを調べて、一人で現在の事務所のオーディションを受けに行きました。

その時流行っていたゲームのアプリのCMに出たいと思ったのがきっかけで、そのCMには遠藤憲一さんが妖精の役で出ていたそうです(笑)

始めはスターダスト大阪営業所に所属し、「ちゃうちゃうわっちゃーず」というアイドルグループで活動し、翌年「少女劇団いとをかし」でも活動。

「少女劇団いとをかし」は公演ごとにオーディションで出演者を決めており、競争も大変だったようです。

公園を終えた後のインタビューでは終始泣きどおしでした。

10代の頃からずっと頑張ってきた小西さん、朝ドラにも出演し注目される女優さんになりました。

小西はるさんのあこがれの女優は満島ひかりさんで、自分の世界を持っているところに惹かれるとインタビューで話していました。

今後は舞台で全国を回ったり、ミュージカルに挑戦したり、朝ドラのヒロインにもなってみたいそうです。楽しみですね。

主な映画出演作品

●2021年「ライアー×ライアー」
●2021年短編映画「シガレット」倉田エリ役
●2020年「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」角谷ともみ役 

「ライアー×ライアー」では、10股の女子高校生役を演じました。  

主なTV出演作品

●2021年NHK「裕さんの女房」
●2021年 WOWOWオリジナルドラマ「出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年のこと」後藤 役
●2021年「今野敏サスペンス 警視庁強行犯係 樋口顕」
●2021年「痛快TVスカッとジャパン」
●2020年「あと3回、君に会える」
●2019年「G線上のあなたと私」清水結愛 役
●2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」

『G線上のあなたと私』では、中川大志さん演じる・理人に恋する大学の友人・結愛役として出演しました。

インスタグラムより

成人式の前撮りだそうです。横顔も美しいです ↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小西はる(@haru_konishi_official)がシェアした投稿

二十歳になった時の写真。お母さんをひーちゃん、お父さんをとーちゃんと呼んでいるようです。仲良し家族なのが伝わってきますね ↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小西はる(@haru_konishi_official)がシェアした投稿

おちょやんでの役どころ

おちょやんで小西さんは、朝比奈灯子役を演じます。

朝比奈灯子は、鶴亀歌劇団出身の役者ですが、千代たちの家庭劇の芝居を見て感激し、自ら大山に願い出て劇団にやってきました。

岡福うどん店で灯子は千代と一平に身の上話をします。

千代は早くに父親を亡くし、空襲で母と妹も亡くなり、一人ぼっちになって生きていてもしょうがないと思っていました。そんな時に瓦礫の中で演じていた鶴亀家庭劇の芝居「マットン婆さん」を見て、また頑張ろうと思ったのです。それで大山社長に相談して鶴亀新喜劇に来たのだと言うのでした。

灯子の話を聞いている一平の表情が気になります。灯子のことを愛おしそうに見ているのです。灯子は後に一平と関係をもつようになるのでした。

鶴亀家庭劇を辞める決意

一平と関係をもった灯子は、自分が身を引けば千代に知られることなく丸く収まると思い、鶴亀家庭劇を辞める決意をします。

ところが一平が千代に謝ったことから千代の知るところになり、千代は家を出て岡安に身を寄せることになります。

一平の子を妊娠

千代は灯子と一平とまたもとのように一緒に芝居をしたいと考え、一平を連れて灯子のところに話しに行きます。すると灯子の家から出てきたのは医者で、おめでただと告げるのでした。

灯子は自分が違う場所に行き、子どもを一人で育てるからお金をください、と一平に言います。

一平は岡福うどん店のみつえにお金を貸してくれるよう頼みます。

そこへ寛治が千代から一平への封筒を持って現れるのでした。

中には離婚届が入っていました。

灯子のモデルは?

灯子のモデルは2代目・渋谷天外の2番目の妻で、女優だった九重京子(ここのえきょうこ)でした。 本名は、渋谷喜久栄(しぶやきくえ)さんです。

SNSの声

灯子がついに登場したことから、ツイッターではいろいろな声がありました。

●歴史は変えられなかったという声。確かに・・・

●「一平と千代夫婦には何も起こらんといてー」と願いたい気持ちわかります

●良い子で可愛いからこその不安・・・

●史実と違ってほしい、という切実な声

●一福くんがいいのでは?という声も

●スカーレットを思い出した方もたくさんいました

●次回は爽やかな役を、という声

●朝ドラの主役になるのでは?という声

まとめ

朝比奈灯子を演じている女優の小西はるさんについてまとめてみました。

これからどんどん活躍しそうな明るい女優さんでした。

「おちょやん」では主人公の千代(杉咲花)と対立する複雑な役柄ですが、どんな演技を見せてくれるか楽しみですね。

くまた
『おちょやん』についてもっと知りたいなら関連記事があるよ!
『おちょやん』の関連記事はこちら
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です