【おちょやん】千代の初恋相手・小暮真治役は若葉竜也!経歴や助監督の役どころについても



朝ドラ「おちょやん」の7週目で、千代(杉咲花)は京都に行き、女優の道を歩き始めます。

そこで初恋を経験するのでした。

相手は撮影所の助監督の小暮真治(こぐれしんじ)です。

小暮真治を演じている若葉竜也(わかばりゅうや)さんについて調べてみました。

 

【おちょやん】千代の初恋相手・小暮真治役は若葉竜也!

若葉竜也さん ↓


引用:https://nfbnfb.co.jp/actor/ryuya_wakaba/

ここからは若葉竜也さんのプロフィールや経歴について見ていきます。


若葉竜也の経歴について

プロフィール

本名 最上 竜也
生年月日 1989年6月10日
星座 ふたご座
身長 174㎝
血液型 A型
出身地 東京都練馬区
出身校 堀越高校
事務所 N・F・B

5人兄妹の三男で、兄に若葉紫、若葉市之丞、弟に若葉克実、妹に若葉美花子がいて、いずれも芸能活動をしています。

経歴

若葉竜也さんは、大衆演劇のチビ玉三兄弟として知られ、31歳にして芸歴30年というすごい方です。

舞台で口もよく回らないときから演技していました。

俳優としてテレビや映画でも活躍。

1998年のNHK大河ドラマ『徳川慶喜』では慶喜(本木雅弘)の幼少期(七郎麿)を演じました。

 

幅広い演技力で数多くの作品に出演しています。

『葛城事件』では第8回TAMA映画賞 最優秀新進男優賞を受賞。 

12月25日に公開された映画『AWAKE』では、主人公英一(吉沢亮)のかつてのライバル棋士・陸の役を演じています。

若葉竜也さんは、幼いころから役者として演じてきたにもかかわらず、俳優を仕事にすることを決めたのは、20代半ばの頃だったそうです。

舞台の上で脚光を浴びたり、演劇界独特の空気が苦手だったことから、高校時代は他の職種につこうと考えていたそうですが、一番生活していける可能性が高いのが俳優だったことから選んだそうです。

何の疑問もなくキャリアを積んできたのかと思いきや、そうではなかったのですね。

いつまでもアマチュアの気持ちを忘れないことがプロだと思って演じているそうです。キャリアの長い中、いつまでも謙虚に役柄を追求する姿勢が素晴らしいと思いました。

主な映画出演作品

●2016年『葛城事件』
●2017年『曇天に笑う』
●2018年『蝉時雨』監督作品
●2018年『パンク侍、斬られて候』
●2019年『愛が何だ』
●2020年『AWAKE』
●2020年『罪の声』
●2020年『朝が来る』
●2020年『生きちゃった』
●2020年『街の上で』

今回「おちょやん」で天海一平役の成田凌さんとは『愛がなんだ』で共演。

今回は、二人とも千代の恋人役を務めることになります。

『街の上で』では主演を務めました ↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

若葉竜也(@ryuya_wakaba.official)がシェアした投稿

 

主なテレビ出演作品

●2017年『LOVEマシーン』
●2016年『神の舌を持つ男』若林正輝役
●2016年「女くどき飯 Season2」第5話
●2015年『美しき酒呑みたち』

その他CMなど

●2018年 レオパレス21
●2018年 ANAのTVCF(ナレーション)
●2019年 みずほフィナンシャルグループ『Jump!あと1年 デート』篇

 

【おちょやん】での役どころ

若葉竜也さんの役どころは、いつか監督をしたいと願っている鶴亀撮影所の助監督・小暮真治です。

千代と恋仲に

小暮真治は、撮影所の大部屋女優となった千代を助けて千代と恋仲になる役どころです。

インスタでおちょやん出演をお知らせ ↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

若葉竜也(@ryuya_wakaba.official)がシェアした投稿

千代は鶴亀撮影所に大部屋女優として採用されますが、他の女優たちから嫌がらせを受け落ち込みます。

小暮は、千代に演技で見返すよう励まします。

そんな時、率先して嫌がらせをしていた遠山弥生を千代が助ける出来事が起こります。

そのお返しに出番を譲ってもらった千代ですが、恋の経験がないため恋する女優を演じられずに役を下ろされてしまうのでした。

千代は女給仲間の真理に、誰かと恋人の真似をするといいとアドバイスされ、小暮にその役を頼みます。

二人は仮の恋人として活動写真を見に行くことになりますが、小暮の仕事が長引いたため、活動写真は行かずに洋食屋で食事をします。

小暮は千代と話すとホッとして元気になれる、と言い、芝居だと思った千代に本心だと打ち明けるのでした。

千代は次第に小暮に惹かれていきます。

小暮真治のモデルは?

「おちょやん」で、千代は山村一座の座長・山村千鳥の紹介で鶴亀撮影所にやってきます。

しかし史実では、千代のモデルの浪花千栄子は、山村千鳥のモデルの村田栄子一座の人気が下り坂であることから、劇場主から東亜キネマに推薦してもらい、映画の世界に入るのでした。

なので、鶴亀撮影所のモデルは東亜キネマだと思われます。

ここで浪花千栄子は「香住千栄子」と言う名前で若手映画女優として活躍します。

千栄子は村田栄子一座の中で人気の女優だったため、東亜キネマではすぐに「帰ってきた英雄」という映画に出演します。

その後も順調に仕事をこなし、「新スター」と呼ばれるまでになりました。

なので、鶴亀撮影所での大部屋女優からのいじめなどのエピソードや、小暮真治のような助監督との恋物語もフィクションだと思われます。

小暮真治にはモデルはいなく、オリジナルのキャラクターと言えるでしょう。


まとめ

朝ドラ「おちょやん」で、千代の初恋相手、鶴亀撮影所の助監督の小暮真治(こぐれしんじ)役を演じる若葉竜也さんについて見てきました。

こちらでは、小暮真治のモデルが誰かについて書いています ↓

【おちょやん】小暮真治のモデルは誰? 千代の初恋相手の助監督と恋愛関係について

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です