「おちょやん」須賀廼家万歳のモデルは誰?藤山扇治郎と曾我廼家五郎八は似ている?



 

【おちょやん】19週で鶴亀新喜劇が発足します。

そこに万太郎一座の万歳と千兵衛が参加します。万太郎(板尾創路)が亡くなったため大山社長が鶴亀新喜劇に呼んだのです。

ここでは 須賀廼家万歳のモデルについて調べてみました。

うさこ
今までの朝ドラをお得に見る方法があるんだって!
NHK朝ドラの見逃し動画を無料でパソコンやスマホから観る方法!
くまた
『おちょやん』についてもっと知りたいなら関連記事があるよ!
『おちょやん』の関連記事はこちら
 

「おちょやん」須賀廼家万歳のモデルは誰?

須賀廼家万歳のモデルは、曾我廼家五郎八ではないかと思われます。

曾我廼家五郎八がモデルと思われる理由

鶴亀新喜劇のモデル劇団、松竹新喜劇を見ていきます。

曾我廼家五郎八は、曾我廼家五郎劇団(万太郎一座のモデル)にいましたが、戦後五郎が亡くなったことから、松竹新喜劇の旗揚げに参加します。

2代目渋谷天外、藤山寛美と共に活躍しました。

曾我廼家五郎八 ↓


引用:松竹新喜劇

曾我廼家五郎八ではないかと思う理由は、五郎八が五郎から名前の一部をもらっているように、万歳が万太郎から名前の文字をもらっていると考えられるからです。

曾我廼家五郎は、亡くなる前五郎八に、「五郎八よ、やっぱり芸人は舞台に出てナンボやなあ、楽屋にいてるモンと違うな」と呟いたそうです。

曾我廼家五郎八の経歴

曾我廼家五郎八は、本名は西岡幸一といい、1902年に大阪福島区で生まれました。電気技師をしていた父親の転勤で神戸、台湾高尾市、再び神戸など転々とします。

小さい頃から野球が好きでしたが、野球では生活できないので舞台俳優の道を選びます。

曾我廼家五郎一座に入り曾我廼家五郎八を襲名。

1948年の松竹新喜劇旗揚げに参加し、主力芸人として発展に力を注ぎました。

松竹新喜劇を退団してからはフリーになり舞台、テレビ、映画と幅広く活躍しました。

娘の西岡慶子と共にテレビドラマ「ザ・ガードマン」に出演したこともあり、話題になりました。

曽我廼家明蝶の可能性も

曽我廼家明蝶 ↓


引用:松竹新喜劇

曽我廼家明蝶も曾我廼家五郎劇団(万太郎一座のモデル)にいて、曾我廼家五郎八と共に松竹新喜劇の旗揚げに参加しています。

万歳のモデルは曽我廼家明蝶も考えられます。

曽我廼家明蝶の経歴

曽我廼家明蝶は、本名を北村弘一といい、1908年に兵庫県明石市で生まれました。生まれて間もなく大阪の呉服商の養子となります。

明治学院を中退後芝居の台本作家をめざしていたのですが、欠員で芝居に出たのがきっかけで俳優になり、曾我廼家五郎劇団に入り活躍しました。

戦後は曾我廼家五郎八らと松竹新喜劇の旗揚げに参加。

2代目渋谷天外、藤山寛美、五郎八と共に中心になって活躍します。

1963年8月に退団するとフリーになり舞台、映画、テレビドラマに数多く出演しました。


おちょやんの須賀廼家万歳役・藤山扇治郎は似ている?

須賀廼家万歳を演じるのは、藤山扇治郎さんです。

藤山扇治郎さん ↓


引用:https://www.shochiku.co.jp/shinkigeki/cast/196

藤山扇治郎さんは、曾我廼家五郎八や曽我廼家明蝶とともに松竹新喜劇で活躍した藤山寛美の孫に当たります。

藤山寛美の5女の息子で、「扇治郎」の名は祖父・寛美の本名・稲垣寛治より「治」の一字をとって寛美さん自らが名付けたそうです。

6歳の時、歌舞伎の舞台で初舞台を踏み、学業を終えて本格的に芝居の道を歩んでいます。

元宝塚歌劇団星組トップスターの北翔海莉さんと結婚し、2020年9月には第1子が生まれています。

藤山扇治郎さんが曾我廼家五郎八に似ているかですが、見た目はそれほど似ていませんね。

しかし松竹新喜劇の新たな顔として、次代の上方文化を牽引する存在という点では、松竹新喜劇が生まれたときの曾我廼家五郎八の立ち位置と似ているかもしれません。

鶴亀新喜劇でのエピソード

万歳は戦場に行き大変な思いをして帰ってきましたが、唯一楽しみだったのは万太郎一座で芝居をすることでした。

ところが万太郎は亡くなってしまい、大山の命令で仕方なく鶴亀新喜劇に加わったので、やる気がありません。

千兵衛と二人でなにかと万太郎のことばかり言うので、千之助は面白くなく、新作の配役に二人を入れませんでした。

二人は腹を立てて稽古場から出ていきます。

その後、松島寛治が復員し、新喜劇に入ることになりました。寛治は戦争から戻った千兵衛と万歳に「ほんまにようお戻りになりました」と言い、3人は固い握手をします。

一平は寛治と灯子と万歳の役を増やして脚本を書き直し、千兵衛と万歳は鶴亀新喜劇で役者を続けることになります。

千代が主役となったその芝居「お家はんと直どん」は大成功を収めました。

まとめ

須賀廼家万歳のモデルは、曾我廼家五郎八と思われます。

曾我廼家五郎八は曾我廼家五郎劇団が解散した後、松竹新喜劇の旗揚げに参加し、主力芸人として力を尽くした方でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です