【おちょやん】福富の女将・富川菊役はいしのようこ!女優の経歴についても

家を離れて芝居茶屋「岡安」に奉公に行く千代ですが、「福富」は「岡安」のライバル店で、岡安の女将・シズと「福富」の女将・菊はことあるごとに張り合っていました。

「福富」の女将・菊を演じているいしのようこさんについて調べてみました。

 

【おちょやん】福富の女将・富川菊役はいしのようこ!

いしのようこさん ↓


引用:https://www.vip-times.co.jp/

いしのようこさんのプロフィールはこちらです!

プロフィール

本名 石野 陽子
生年月日 1968年2月20日
星座 うお座
血液型 AB型
身長 165cm
出身地 兵庫県芦屋市
著名な家族 石野真子(姉)宝乃純 (妹)
配偶者 あり(事実婚)
趣味 日曜大工 読書 料理 ゴルフ
特技 フィギュアスケート 乗馬
所属事務所 グランドスラム

ドラマ「伊藤みどり物語」では、特技のフィギュアスケートを活かした演技をしていました。

プライベートや結婚は?

いしのさんは2020年現在52歳ですが、プライベートでは籍はいれていないものの事実婚の旦那さんがいるそうです。

2019年に「人生イロイロ超会議」の中でそのことを明かしています。

また、バラエティーで共演していた志村けんさんとは15年に渡って交際していたと言われていますが結婚はしませんでした。

坂上忍さんとも交際していた時期があったようです。

いしのさんは、結婚という形式にとらわれない生き方がしたい、と話しています。

 

E-girlsの元メンバーAmiに似ている

 

いしのさんはE-girlsの元メンバーAmiさんに似ていると言われています。笑った顔が本当にそっくりですね。

志村けんさんといしのようこさん ↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

レッドマン(@jianzhin)がシェアした投稿

Amiさん ↓


引用:プリ画像

女優の経歴について

いしのさんは、両親と姉・妹2人の5人家族の過程に育ちました。

父親はビーズ製のハンドバッグ製造会社の経営をしていたそうです。

お姉さんの石野真子さんがアイドルとして活躍していたのを見て、芸能界に入ることを決め、堀越高校に転校しました。

石野真子さん ↓


引用:https://www.pasonica.com/

1985年に『テディーボーイ・ブルース』でアイドル歌手としてデビューします。

同期には本田美奈子、中山美穂、南野陽子、斉藤由貴などがいました。

この時はライバルが多かったためアイドルとしてはそれほど注目されませんでした。

1986年『セーラー服通り』への連ドラ主演。

その後の『志村けんのだいじょうぶだぁ』での志村けんとの息の合った夫婦コントでバラドルとして人気になりました。

『ミナミの帝王』シリーズにも長く出演しています。

主なドラマ出演作品

●1086年『セーラー服通り』[1] ●1996年『ドラマ30「ふーふ生活」』
●2002年『おかみさんドスコイ!!』
●2005年『冬の輪舞』
●2017年『リバース』
●2018年『アンナチュラル』1話

連続テレビ小説(NHK)

●1989年『和っこの金メダル』
●2003年『てるてる家族』
●2016年『べっぴんさん』
●2020年『おちょやん』

主な映画出演作品

●1992年『夜逃げ屋本舗』
●2005年『七人の弔』
●2010年『ソフトボーイ』
●2012年『Heart Beat』

その他Vシネマ・バラエティなど

●1996年~2000年『ミナミの帝王』シリーズ

●1987年~1992年『志村けんのだいじょうぶだぁ』

病院コント。看護師姿で「本番中は真面目に仕事しましょうよ!」と怒るのがかわいいですね ↓

「おちょやん」での役どころ

いしのさんは、「おちょやん」に出てくる老舗の芝居茶屋「福富」の女将役で出演します。

↓ おかみさんどうし、いろいろあれこれありそうなんですね!ちょっと楽しみ・・・

千代が奉公するのは、「福富」からのれん分けした芝居茶屋「岡安」です。

この二つの芝居茶屋はライバル関係にあり、シズと菊はことあるごとに張り合っているのだそうです。

★岡田シズについてはこちらに書いているので、良ければご覧ください ↓

【おちょやん】芝居茶屋岡安の女将・岡田シズのモデルは?役どころについても

まとめ

居茶屋「福富」の女将役のいしのようこさんについて見てきました。

放送後に追記しますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です