【おちょやん】芝居茶屋岡安の女将・岡田シズのモデルは?役どころについても



 

2020年後期の朝ドラ「おちょやん」が始まりました。

ヒロイン千代が奉公する芝居茶屋「岡安」の女将(おかみ)・岡田シズを演じているのは篠原涼子さんです。

岡田シズのモデルについて調べてみました。

 

【おちょやん】芝居茶屋岡安の女将・岡田シズのモデルは?

千代のモデル・浪花千栄子が奉公した先を見て、岡田シズのモデルが誰かを検証したいと思います。

仕出し弁当屋の女将か?

千代のモデル浪花千栄子は8歳から仕出し弁当屋で働いていました。

その店の女将は厳しく冷酷だったので、岡田シズのような「千代を厳しくも温かく見守り、千代にとってもう一人の母親といえる存在」ではありませんでした。

浪花千栄子の自伝に、当時の仕出し弁当屋女将の様子が書いてあります。

それによると、奉公人にとても厳しい人で、浪花千栄子には特に厳しく、つきっきりのしごきを受けたそうです。

千栄子の仕事は最初弁当箱を洗うことでした。千以上もの弁当箱を、ピカピカに洗い上げる仕事です。一粒のご飯粒が付いていても「これ、なんや、もう一ぺんよう洗いなはれ」と小突かれたそうです。

また、洗うときにご飯粒が流れて、流しの金網の袋にたまったものを、他の洗いカスからより分けて食べさせられたと言います。

女将に見つめられながら食べるのに屈辱を感じたそうです。当然ですね。

しかし社会で生きる術を教えられたので社会学の師匠だったと述懐していますが、本当に厳しい人だったようです。

材木屋の奥さんの可能性

父親が千栄子の奉公先にきて金の無心をするので、千栄子は奉公先をあちこち変えなければなりませんでした。

その中に材木屋があり、そこでは奥さんに可愛がられたという事です。

ここで働いた2年間は尊いものだったと千栄子は述懐しています。

人の世なる美しいもの、人の心に宿る愛情や善意、教養などを教えてもらいました。

また、女として知っておかねばならないいろいろをたくさん学んだそうです。

この奥さんがモデルの可能性もありますね。

芝居茶屋「岡島」の女将

浪花千栄子が働いていた仕出し弁当屋の近くに芝居茶屋「岡島」があり、「おちょやん」での千代の奉公先「岡安」のモデルとされています。

岡安と名前が似ていることもあり、岡島の女将がモデルかもしれません。

ただ、岡島の女将についてははっきりした記載がないことから、この人がモデルだと断言はできませんね。

オリジナルキャラクター

というわけで、千代が女中奉公する芝居茶屋「岡安」の女将は、オリジナルキャラクターなのではないかと思われます。

または、奉公先の女主人の性格や特徴を合わせたもの、と言えるのではないでしょうか。

 


岡田シズの役どころ

「おちょやん」では、千代が女中奉公することになる芝居茶屋「岡安」を取り仕切る女将は、仕事には大変厳しいが、芝居の街「道頓堀」を深く愛している、という役どころです。

「千代を厳しくも温かく見守り、千代にとってもう一人の母親といえる存在となっていく」とありますので、幼い頃に実母を失い、義母からは追い出され、母の愛情が欠けて育った千代にとっては、かけがえのない存在になるのではないでしょうか。

岡田シズ役の篠原涼子さん ↓


引用:映画.com

シズの現在

放送時点でのシズは、「岡安」の女将として、芝居茶屋を仕切るやり手です。

人のいい旦那さん岡田宗助(名倉潤)の妻であり一人娘みつえの母でもあります。

お茶子たちをしっかり修行させ一人前にするのが使命と感じ、時に厳しいことも言いますが、根はやさしい女将さんです。

シズの過去

3週の放送で、シズがかつて役者の早川延四郎と恋仲だったことが明らかになります。

延四郎が東京から20年ぶりに戻ってきて芝居を打つのですが、たまたま道頓堀のお祭りで再開します。

延四郎に声を掛けられたところをライバル芝居茶屋の福富のお茶子に見られて、道頓堀中の噂になってしまいます。

シズは、岡安の皆に申し訳ない、と頭を下げるのでした。

千代の働きで、シズは延四郎としっかり別れを遂げることができます。

それから間もなく延四郎は病に倒れ亡くなりました。

 

ちなみに、先代の女将でシズの母・岡田ハナは、宮田圭子さんが演じています。

千代を何かと助けてくれるやさしい人物です。

★宮田圭子さんについてはこちらに書いていますので、よろしければご覧ください ↓

【おちょやん】シズの母・岡田ハナ役は宮田圭子!経歴やプロフィールについても

★シズのライバル・福富の女将役のいしのようこさんについてはこちらに書いています ↓

【おちょやん】福富の女将・富川菊役はいしのようこ!女優の経歴についても

まとめ

千代が女中奉公する芝居茶屋「岡安」を取り仕切る女将・岡田シズのモデルについて見てきました。

この人、と言えるモデルはいませんでしたので、オリジナルキャラクターと考えられます。

ただ、千代のモデルの浪花千栄子が働いた先の女主人の何人かを合わせてキャラクターを作ったのかもしれませんね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です