【おちょやん】シズの元恋人早川延四郎役は片岡松十郎!経歴や役どころについても

 

 

朝ドラ「おちょやん」3週で、岡安の女将岡田シズ(篠原涼子)のかつての恋物語が明らかになります。

その相手役は歌舞伎俳優の延四郎でした。

早川延四郎を演じている片岡松十郎(かたおかまつじゅうろう)さんについて調べてみました。

【おちょやん】シズの元恋人早川延四郎役は片岡松十郎!

片岡松十郎さんは「松竹・上方歌舞伎塾」1期生の1人です。

イケメンさん ↓

朝ドラ「おちょやん」では、千代(杉咲花)の奉公先・岡安の女将・岡田シズ(篠原涼子)の元恋人・早川延四郎役を演じていました。

歌舞伎俳優・片岡松十郎の経歴

片岡松十郎さんは、端正な顔立ちと歯切れのよい口調で人気の若手歌舞伎俳優です。

共に「松竹・上方歌舞伎塾」第1期生の片岡千壽、片岡千次郎と共に「晴の会(そらのかい)」を結成。

「松竹・上方歌舞伎塾」は1997年に片岡秀太郎の監修で、上方歌舞伎の継承者育成のため設立されました。

助成金などに頼らずに、自立した公演形態の確立をめざして一般から支援金を募る、クラウドファンディングを導入するなど、斬新な試みを行っています。

3人を中心に2015年に「あべの歌舞伎」を結成、毎年夏に近鉄アート館で公演を行っています。

芸歴

片岡松十郎さんは1975年生まれ。

上方歌舞伎塾第1期生で、1999年に修了しました。

その年の3月には、大阪松竹座『忠臣蔵』に石垣壮一郎の名で初舞台。

12月片岡仁左衛門に入門し、南座『お祭り』の若い者で片岡松次郎を名のります。

2011年には第十七回日本俳優協会賞奨励賞を受賞、同年3月『絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ)』の非人九介で国立劇場奨励賞。

2012年、南座『仮名手本忠臣蔵』六段目の猟師狸の角兵衛ほかで片岡松十郎を名のり名題昇進

2016年8月第二回あべの歌舞伎「晴の会」における成果で16年度大阪文化祭賞奨励賞。

片岡松十郎の画像や動画

★2008年歌舞伎座『竜馬がゆく』風雲篇 での片岡松十郎さん。

龍馬の護衛役の長府藩士・三吉慎蔵を演じました。 ↓


引用:https://meikandb.kabuki.ne.jp/actor/279/

★2020年、第六回安部の歌舞伎「晴れの会」であいさつする松十郎さん。左の方です。

ちなみに12月14日の放送では、右にいらっしゃる片岡千次郎さんも鶴亀座の従業員役で登場していました。

★松十郎さんは、2016年にはタレントでイリュージョニストの牧野舞さんのブログに登場していました ↓

「おちょやん」での役どころ

「おちょやん」では、千代(杉咲花)の奉公先・岡安の女将・岡田シズ(篠原涼子)の元恋人・早川延四郎役を演じます。

NHKの「おちょやん」フォトギャラリーに片岡松十郎さんの姿がありました ↓

 

予告映像では劇中劇の「夏祭浪花鑑」で団七九郎兵衛団七を演じていました。

12月14日の放送では、劇中劇で団七を演じていましたが、さすがに素晴らしい演技でした。

「おちょやん」出演で一気に知名度を上げた松十郎さん、テレビでもまた拝見したいですね ↓

早川延四郎はシズと恋仲だった

片岡松十郎さんは、道頓堀の劇場を沸かしていた歌舞伎役者、早川延四郎を演じます。

延四郎は、岡安の女将シズ(篠原涼子)と20年前に恋仲になり駆け落ちまで考えたことがありました。

当時は役者とお茶子の恋愛は許されないもので、恋仲になった二人は駆け落ちするしかない、と覚悟を決めます。

しかし延四郎について「岡安」を出て東京に行こうする直前に、シズは母である先代の女将に止められ行かなかったのでした。

家族で夜店に出かけたシズは、一人になった時に、えびす座に出演していた早川延四郎とばったり出会います。

シズはそっけない態度で立ち去ろうとするのですが、延四郎が声をかけるのでした。

「千秋楽のあくる日の朝、ここで待ってる」

そんな二人の様子を岡安のライバル店福富のお茶子が見ていて、シズが密通をしている、といううわさが道頓堀中に広がります。

動揺するお茶子たちにシズは20年前のことを話し、たまたま出会っただけだと言います。

次の日千代は待ち伏せしていた延四郎からシズへの手紙を託されます。

そして甘栗をごちそうになりながら延四郎の話を聞くのでした。

(そんなところを見られたら、またあらぬ噂がたてられるかもしれませんね…)

延四郎は、もともと歌舞伎界の出身ではなく外から入ったために今まで苦労したことを話し、20年ぶりに大阪に戻ってきたのが潮時だと、役者をやめると言うのでした。

また、千代にシズの今の境遇を聞くと、「何よりや、幸せそうで」と心から言います。

シズの幸せを確かめたかった延四郎 ↓ テルヲにも見習ってほしい(笑)

延四郎と話したことで、千代はシズに延四郎に会って欲しいと思うようになるのでした。

千代は手紙を受け取りシズに渡そうとします。

シズは受け取ろうとしませんが、千代はシズに、延四郎に会いに行ってほしいと言います。

千秋楽のあくる日は組見という大勢の芝居客の接待をする日で、目が回る程の忙しさの中で、千代は女将がいない中、他のお茶子たちと接待を滞りなくすすめていきました。

一方、待ち合わせ場所に立つシズ。その姿を見て、延四郎は驚きます。

20年の歳月を経て、シズは延四郎に会い、今の自分があるのは延四郎のおかげだと言い、悔いなく延四郎との別れを果たします。

シズと別れた後の延四郎の表情が切ない…

1カ月後、延四郎の訃報が届きます。延四郎は重い病を患っていたのでした。

早川延四郎のモデルは?

岡安のモデルは芝居茶屋「岡島」ですが、女将に恋仲になった相手がいるかは分かりませんでした。

当時人気の歌舞伎俳優で名前が似ているのは市川團十郎ですが、モデルとはいえず、早川延四郎はオリジナルキャラクターだと思われます。

※これについては「歌舞伎好き」さんからコメントをいただき、当時の上方歌舞伎役者・實川延二郎(じつかわえんじろう)のことを教えていただきました。

調べてみると、早川延四郎に名前も似ているうえに、二代目は年代的にも適合し、中村鴈治郎に次ぐ上方代表俳優とありますからモデルとしては不足がないのです。

ただ、芝居茶屋「岡島」の女将と恋仲だったかどうかは知る由もありません。

實川延二郎についてはこちらに書いています ↓

【おちょやん】早川延四郎(片岡松十郎)のモデルは實川延二郎か?経歴についても

まとめ

今回は朝ドラ「おちょやん」3週目で早川延四郎を演じている片岡松十郎(かたおかまつじゅうろう)さんについてのまとめでした。

歌舞伎界のみならずこれからどんどん活躍しそうな方ですね!

※「おちょやん」などのNHK作品を観るならU-NEXTがお得! 詳細はこちら



2 件のコメント

  • モデルかどうかはわからないけど、当時の上方歌舞伎役者で似た名前といえば、實川延二郎でしょ。

    • 歌舞伎好き様

      そうなのですね!實川延二郎について全く知りませんでした。
      調べてみたら素晴らしく芸歴の広い役者さんで、「夏祭」の団七などは独壇場だったとありました。
      教えていただきありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です