【おちょやん】伯爵の娘・梅子役は星蘭ひとみ!経歴やプロフィールについても

1月19日の「おちょやん」の劇中劇で、伯爵の娘・梅子を演じていたのは、元宝塚女優の星蘭ひとみ(せいらひとみ)さんです。

星蘭ひとみさんについて調べてみました。

 

【おちょやん】伯爵の娘・梅子役は星蘭ひとみ!

「おちょやん」の劇中劇で、伯爵の娘・梅子を演じていた星蘭さん、人目を引く美しさです ↓

ここからは星蘭さんについて見ていきたいと思います。

星蘭ひとみの経歴やプロフィール

星蘭ひとみ(せいらひとみ)さん ↓


引用:https://www.tca-pictures.net/skystage/Prgm/Detail/10658.html

プロフィール

愛称 せーら、まゆ
生年月日 5月26日
星座 ふたご座
身長 163㎝
出身地 東京都港区
出身校 学習院女子高等科
所属劇団 元宝塚歌劇団専科

星蘭さんは、生まれた年を公表していませんが、現在20代半ばだと思われます。

経歴

2013年、宝塚音楽学校入学に入学し、2015年、宝塚歌劇団に101期生として入団しました。

2015年に月組公演『1789 -バスティーユの恋人たち-』で初舞台を踏み、その後星組に配属されます。

NHKドラマ「経世済民の男 第二部 小林一三~夢とそろばん~」後編に出演もしています。

2017年 ミュージカル「THE SCARLET PIMPERNEL」で、ルイ・シャルル役、

同年のミュージカル「ベルリン、わが愛」新人公演初ヒロイン(ジル・クライン役)、

2018 年 RAKUGO MUSICAL「ANOTHER WORLD」新人公演ヒロインのお澄役と立て続けにヒロインを演じました。

2019年、スペシャリスト集団・専科(映像)に異動、映像を中心に活動すると発表しました。

2020年にはTBSドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」で、連続ドラマに初出演し、三浦春馬演じる猿渡慶太の元恋人・聖徳まりあ役を演じました。

TAKARAZUKA SKY STAGE「宝塚ホテルの歴史」にナビゲーターとして出演しています。

2020年11月30日付で宝塚歌劇団を退団しています。突然の退団発表に驚いたファンも多かったようです。

今後はドラマや映画など映像での活躍が期待されますね。

 

「おちょやん」での役どころ

「おちょやん」の劇中劇で、伯爵の娘・梅子を演じていました。

恋人同士の2人が歩いているのを見て、忘れていた恋心を思い出す、というシーンです。

恋人役の女性のほうは千代(杉咲花)だったのですが、恋愛の経験がないので、恋する女性を演じることができなくて、伯爵令嬢(星蘭ひとみ)「私、この子みても恋心、思い出せないわ…」と言われてしまいます。

遠めに見ても美しい伯爵令嬢の登場がネットでも評判になりました。

「おちょやん」出演に喜ぶファン

星蘭さん登場を喜ぶSNSの声 ↓ 皆さん本当にうれしそうです。

オードリーヘップバーンに似ている

星蘭さんは、オードリーヘップバーンに似ていると評判です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MIHO☆宙組贔屓(@cosmos1997)がシェアした投稿

こちらがオードリーヘップバーン ↓


引用:amazon

ビックリするほど似ていますね!

オードリーヘップバーンは、『ローマの休日』で王女役を演じて人気を博したイギリス人の女優です。

二人とも高貴な女性の役柄がぴったりの美しい顔立ちですね。

まとめ

「おちょやん」の劇中劇で、伯爵の娘・梅子を演じていた元宝塚女優の星蘭ひとみ(せいらひとみ)さんについて見てきました。

これからいろいろなところでお姿が拝見できるといいですね!

この方も宝塚出身 ↓

【おちょやん】髪結主任のたつ子役は湖条千秋!経歴やプロフィールについても

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です