【おちょやん】髪結主任のたつ子役は湖条千秋!経歴やプロフィールについても



1月19日の朝ドラ「おちょやん」で、千代(杉咲花)は大部屋女優たちの嫌がらせで出番がなくなり、暇なので、美粧部に自ら行き、髪結いの勉強を始めます。

そこで、髪結主任のたつ子役を演じていたのが湖条千秋(古城千秋)さんでした。

宝塚女優だった古城さんについて調べてみました。

 

【おちょやん】髪結主任のたつ子役は湖条千秋!

湖条千秋さん ↓


引用:http://geolog.mydns.jp/sky.geocities.jp/th11042000/sub2.html

湖条さんはご自身のブログにおちょやん出演のことを書かれていました ↓

https://ameblo.jp/chiaki-kojo/entry-12650776486.html

湖条さんはお父様が無声時代の映画俳優だったそうです。


経歴やプロフィールについて

プロフィール

本名 堤 純子
生年月日 1955年12月12日
星座 いて座
血液型 O型
身長 164㎝
出身地 兵庫県神戸市
出身校 大阪教育大学附属高等学校池田校舎
趣味 読書 映画鑑賞 乗馬 旅行
特技 日本舞踊、西洋舞踊、乗馬(4級ライセンス)
著名な家族 湖条れいか(妹)
所属事務所 アクターズハウス

 

芸歴

1971年に宝塚音楽学校入学し、その後1973年に宝塚歌劇団に入団しました。

宝塚時代の湖条さん ↓

59期生で、同期には大地真央、平みち、姿晴香らがいました。

星組公演『花かげろう/ラ・ラ・ファンタシーク』で初舞台を踏みます。

男役からのちに娘役へ転向。

1979年に宝塚歌劇団退団します。その後、東映俳優センターへ移籍。

「難波金融伝」「遠山の金さん」など時代劇に多数出演していました。

1980年の「電子戦隊デンジマン」での女スパイ・ケラー役が当たり役に。

1984年の『星雲仮面マシンマン』では、オクトパスの女ボス・レディーM役でも注目されました。

現在もドラマを中心に活躍しています。

◆湖条さんは、いままで朝ドラにも多数出演しています。

連続テレビ小説(NHK)出演歴

●2001年「ほんまもん」
●2007年「芋たこなんきん 」第135話、第138話羽田婦長
●2011年「カーネーション] 第64話
●2012年「純と愛」 第113話 ホテルの女性客

主なドラマ出演作品

●1980年-「電子戦隊デンジマン」ケラー役
●1982年-「遠山の金さん」
●1984年「星雲仮面マシンマン」レディM役
●1985年-「水戸黄門」
●2020年「心の傷を癒すということ」
●2020年「閻魔堂沙羅の推理奇譚 第7回、第8回」新山律子 役

エピソード

湖条千秋さんは、妹さんの湖条れいかさんのことが大好きのようです。

湖条れいかさん ↓

湖条れいかさんが『我が愛は山の彼方に』でヒロインの万姫を演じたときには、心配で毎日楽屋をうろうろして、ステージ姉ちゃんをやっていたそうです(笑)

おちょやんでの役どころ

おちょやんでは、髪結主任のたつ子役をやっていました。

厳しい中にも優しさがにじみ出る役どころでした。

ひたむきに頑張る千代を陰で応援しながらも、口調は厳しいところが岡安の女将の岡田シズ(篠原涼子)を思い出させました。

1月29日の放送にも登場し、大阪に戻ることになった千代が挨拶に来たのを引き留めて、お礼を言う千代に「はなむけの代わりや」と髪を結ってあげていました。


まとめ

今回は「おちょやん」で、髪結主任のたつ子役を演じていた、湖条千秋(古城千秋)さんについて見てきました。

宝塚出身の俳優さんがたくさん出演して華やかで嬉しいですね。

同じ日に出演していた星蘭ひとみさんについてはこちら ↓

【おちょやん】伯爵の娘・梅子役は星蘭ひとみ!経歴やプロフィールについても

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です