【おちょやん】鶴亀撮影所の女優・遠山弥生のモデルは?木月あかりについても

鶴亀撮影所に入り、女優としてスタートを切ることになった千代(杉咲花)でしたが、大部屋女優の嫌がらせを受けることになります。

その中の一人、遠山弥生との関係を見ていきたいと思います。

 

【おちょやん】鶴亀撮影所の女優・遠山弥生のモデルは?

千代のモデルの浪花千栄子は、村田栄子一座(山村千鳥一座のモデル)から東亜キネマに移ります。

撮影所の所長が紹介してくれたのでした。

東亜キネマでは新人女優として香住千栄子と言う名前ももらい、1月35円という給料ももらって安定した生活を送れるようになりました。

特に他の女優たちから嫌がらせを受けたというようなこともなかったようです。

なので、鏡台を使わせなかったりするエピソードは創作だと思われます。

ただ、弥生が撮影所を解雇されたときに、千代が所長の片金(六角精児)に抗議するエピソードがありますが、それは実話です。

東亜キネマで人員整理が発表され、真面目な中堅女優が解雇の対象になっているのを知って、浪花千栄子は事務所の人事課に抗議に行きました。

その中堅女優が弥生のモデルのようです。名前などは分かりませんでした。

抗議に行くと撮影所長から、人のことよりも自分のことに目を向けるように諭されるのでした。

そのときにこんな風に言われます。

「君は、君たち芸の道を行こうとする人は常に孤独だという事を知っているかね。孤独とのたたかいこそ、芸の道の修行と言えるんだよ」

この言葉がお話の中でも片金の言葉として使われていました。

「おちょやん」での遠山弥生と千代との関係

「おちょやん」では、遠山弥生は、千代が鶴亀撮影所に入り、女優部屋で挨拶をすると、真っ先に嫌がらせをします。

千代が奥に行くと、とこは準幹部の席だ、と言って入り口のそばに行くように言うのでした。

また、川奈絹江(和泉)が、「10円払ったら鏡を貸してやる」と言うのに続けて、「8円でいい」と続けます。

また、千代が時代劇のエキストラになった時も嫌がらせをします。

そのせいで千代は出番がなくなり、女優の髪を結う美粧部で髪結い見習いとして働き始めます。

ある時、弥生が血相を変えて美粧部に飛び込んできました。

撮影に間に合わないから先に髪を結ってくれというのです。

他の髪結いは相手にしません。しかし、千代が引き受けて新米ながらも器用に髪を結いあげました。

そのことで、弥生は借りを作ったので、出番を千代に譲ってくれました

そこからまた、千代の女優としての修行が始まるのでした。

遠山弥生を演じるのは木月あかり

遠山弥生を演じるのは、女優の木月あかりさんです。

木月あかりさん ↓


引用:http://www.box-corporation.com/akari_kizuki

木月さんは、1994年4月20日、兵庫県生まれ。

2018年9月まで宝塚歌劇団 雪組で、叶海世奈(かなみ せな)として活躍しました。

現在は女優としてドラマ・ミュージカル・映画へ出演するなど幅広く活躍しています。

プロフィール

生年月日 1994年4月20日
星座 おひつじ座
身長 170㎝
出身地 兵庫県
趣味 映画、舞台鑑賞
特技 歌うこと、琴
その他 宝塚歌劇団(2012.4-2018.9)

 

インスタから、読書好きなことが分かりました ↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

木月あかり (Akari Kizuki)(@akari_kizuki)がシェアした投稿

まとめ

今回は、千代が鶴亀撮影所で女優を続けられるようになったきっかけを作った女優の遠山弥生について見てきました。

木月あかりさんの演技にも注目ですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です