【おちょやん】駐在役・海原かなたの経歴は?プロフィールや役どころについても



2020年後期の朝ドラ「おちょやん」は、大阪のお母さんと言われた浪花千栄子さんをモデルにしたドラマです。

4話では行方不明になったヨシヲ(千代の弟)を村の人たちが探します。

駐在役の海原かなたさんについて調べてみました。

 

【おちょやん】4話で駐在役・海原かなたの経歴は?

海原かなたさん ↓


引用:日本タレント名鑑

プロフィール

本名 西尾 伊三男
生年月日 1947年11月12日
星座
血液型 O型
身長 170cm
出身地 奈良県天理市

趣味・特技

映画鑑賞・パチンコ ・車の整備(整備士免許所持)
所属事務所 松竹芸能

趣味が映画鑑賞となっていますが、かなたさんは、日活等の古い映画の知識がとても豊富なのだそうです。

俳優の経歴

元々は歌手志望で、高校を卒業と同時に明蝶芸術学院に入学、同学院で相方のはるかさんと出会います。

卒業後は役者を志しつつもトラック運転のアルバイトを経て、海原お浜・小浜に入門。

はるかさんとコンビを組み、大阪コマモダン寄席でデビューしました。

しゃべりと歌のうまさに定評があります。

はるかさんの薄毛に、かなたさんが息を吹きかけてなびかせる「一髪芸」ギャグで人気となりました。

2000年度にはコンビで「上方漫才大賞」奨励賞を受賞しています。

2018年に体調不良で車椅子生活となりましたが、復活して活躍しています。よかったですね。

2020年11月8日には大阪・心斎橋角座で「酒井くにお・とおる」とともに50周年記念公演を成功させました。

その後相方のはるかさんと共に新型コロナウイルスに感染したことが分かりました。

かなたさんは味覚障害があるようです。はやく良くなるといいですね。

★日刊スポーツのニュースより ↓

NHK連続テレビ小説出演作品

相方のはるかさんもそうですが、かなたさんは朝ドラに今までも多数出演しています。以下出演作品になります。

●2014年「マッサン」家主役
●2015年「あさが来た」長屋の主人役
●2016年「べっぴんさん」院長役
●2017年「わろてんか」八卦見役

ブログについて

海原はるか・かなた、横山たかし・ひろし、酒井くにお・とおるの3組で、「松竹芸能師匠たちのブログ」というブログを運営しています。

しかし最近では海原はるかさんのみが更新していて、はるかさんがとてもマメだという事が分かりました。

一方かなたさんは、あまり書くのにマメではないようです。2009年に「初孫誕生」「お宮参り」など節目には更新していましたが、2015年から更新がストップしています。

その分はるかさんがかなたさんのことも含めて更新しています。かなたさんもまた更新してほしいですね!

ちなみにかなたさんには娘さんがいて、2009年に出産したそうです。かなたさんのお孫さんも今では10歳になるという事ですね。


「おちょやん」の役どころ

海原かなたさんは、駐在の役で出演していました。

千代は父のテルヲに連れられて鶏の品評会に行き、ガラス工場の社長に流星丸を買ってもらい、意気揚々と家に帰ります。

家には継母の栗子しかいなく、ヨシヲの姿が見当たりません。

村中で一晩経っても帰って来ないのヨシヲの捜索が始まりました。

駐在は、栗子に状況を聞きますが、全く責任を感じていない栗子を叱りつけます。

それでも栗子は責任を隣の家の小林さんのお母さんに擦り付ける始末。しょうもないですね。

まとめ

第4話に出演の海原かなたさんについて見てきました。

駐在の役だったのですね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です