【おちょやん】タイトルバックの猫の愛称は?千代の人生を犬ん子がアニメ―ションで暗示

朝ドラ「おちょやん」のタイトルバックで犬ん子(いぬんこ)さんの絵のアニメーションが流れます。

元気で明るくほのぼのしていて毎朝の楽しみです。

「おちょやん」のタイトルバックについて調べてみました。

 

【おちょやん】タイトルバックの猫の愛称は?

タイトルバックに登場する猫の愛称は「千代猫ちゃん」です。

また、このアニメーションは『千代猫の物語』というのだそうです。

千代の人生を犬ん子がアニメ―ションで暗示

タイトルバックについて

タイトルバックのアニメーションは、犬ん子さん、チャンキー松本さん、谷本雅洋さんの3人が共同作業で作ったものです。

犬ん子さんが絵を描き、ディレクターとしてチャンキー松本さんがタッチや書き込み具合をチェック、谷本さんがアニメーションにしました。

始めに千代の父のテルヲが雄鶏姿で現れます。

鶏の卵からなぜか猫が生まれます。

これは、ダメな父と苦労する娘の話の通じない感じを表しているそうです。

次に千代猫が笹船に乗り川を流れていきます。上には産みのお母さんにもらったガラス玉が。

まるで千代の行く先を導いてくれているようです。

ここは色調を押さえた映像ですが、川を抜けると一気に明るくなり、大阪道頓堀の華やかさが分かります。

映像の中に飛び込んでいく千代猫ちゃん。

ここが華やかでとても好きなところです。

アニメーションでは、猫の姿の千代が、たった一人で実家を離れるところから、道頓堀の華やかな世界へ、そして女優として巣立っていく姿が現されているのですね。

オープニングの映像と、秦基博さんのテーマ曲がマッチして、毎日の放送をいろどっています。

●秦基博さんの「泣き笑いのエピソード」についてはこちらに書いています ↓

朝ドラおちょやん主題歌決定で喜ぶ秦基博ファンの声!「泣き笑いのエピソード」についても

犬ん子さんもツイートでお知らせしていました ↓

タイトルバックについての評判

タイトルバックについてのツイート ↓

みなさんオープニングに大満足のようですね!

また、↓ こんなツイートも。千代のモデルである浪花千栄子に関連したポスターなどが最後の緞帳にコラージュされています。

犬ん子さんもお話ししていましたが、浪花千栄子関連グッズや大阪文化に関係した画像がたくさん入っているそうです。

それをひとつずつ見つけていくのも楽しいですね!

犬ん子さんの絵

私は犬ん子さんの絵を、施設での読み聞かせの時に探した本で知りました。はっきりした色遣いとおかしみのある画風が施設のお年寄りに大うけでした。

その中の一つ、「おかめ列車」 ↓

 

「ピーナッツおこし」の缶にも犬ん子さんの絵が ↓

●タイトルバックについて、絵を描いた犬ん子さんや協力者のチャンキーさん、アニメーション作家の谷本雅洋さんのお話が、NHKドラマガイドでご覧になれます ↓

まとめ

今回は朝ドラ「おちょやん」のタイトルバックについてまとめてみました。

一日の始まりにピッタリの作品ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です