スパイファミリーでアーニャとは?正体や能力についても

「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」は現在ウェブコミック配信サイト「少年ジャンプ+」にて大人気連載中の少年マンガです。「このマンガがすごい!2020」オトコ編1位、「マンガ大賞2020」2位などを受賞している作品です。

赤の他人だった凄腕スパイの父、「超能力者」の娘、「殺し屋」の妻の3人がお互いに正体を隠しながら「仮初の家族」として、子育てと世界の危機に立ち向かうホームコメディとなっています。

この記事では「超能力者」の娘・アーニャについて解説します。

最初にお伝えしておきますが、アーニャはめちゃくちゃかわいいですよ。

スパイファミリーを試し読みしよう!
SPY×FAMILYをebookjapanで試し読み!

↑ページが移ったら、「購入へ進む」の隣りの「試し読み」をタップ!

ebookjapan』なら無料初回ログインで、6回使える50%OFFクーポンがもらえます。

 

●スパイファミリーを読むならebookjapan

ebookjapanの特徴や会員登録の方法!作品の購入の仕方も画像付きで解説

スパイファミリーでアーニャとは?

アーニャとは?

「スパイファミリー」の主人公であるロイド・フォージャーの一人娘(養子)で、他人の心が読める超能力者の女の子。自称6歳です。

主役3人それぞれが魅力あるキャラクターですが、特に本作最大の魅力と言っても良いのがアーニャがめちゃくちゃにかわいいということです。

アーニャのかわいいところ

では、アーニャのどこがかわいいのでしょうか?

全てがかわいすぎる!と言いたいところですが、話が終わってしまうのでもう少し具体的にかわいいポイントをお伝えします。

この記事を読んで少しでもアーニャファンが増えたら嬉しいです!

・コロコロ変わる豊かな表情

本作のキャラクターの中でも群を抜いて豊かなアーニャの表情。

褒められた時の嬉しそうな表情、悪いことを思いついた時の悪い表情、嘘をついている時の明らかに何かを隠している表情、悲しい時の泣き顔など、小さな女の子ゆえにストレートに感情が顔に出ているのがとてもかわいいです。

・ひらがなメインの可愛いセリフ

アーニャのセリフは漢字を用いず、すべてひらがなカタカナで構成されており、子ども向けの絵本のようなかわいらしさがあります。

加えて知ったかぶりをして微妙に間違った言い回しをしたり、思わずハッとするような確信を突いた深い(っぽい)セリフを発したり。

予想外なことを突然言い出すところも子どもらしくてかわいらしいポイントです。

・愛らしい仕草

嬉しい時に腕をパタパタさせたり、義理の父であるロイドに甘えてくっついて寝たりと、その仕草も非常に愛らしさで溢れています。

見るだけであなたの中に眠る母性・父性が暴れ出すこと間違いありません。

アーニャの好きなもの

好きなものは「わくわくすること」「すぱいあにめ」「ぴーなつ」。

ロイドから貰った「ぺんぎんさん」のぬいぐるみもお気に入りです。

そして何より「ちち」と「はは」が大好き。

アーニャは大好きな「ちち」「はは」との家庭を維持するため、苦手なことにも必死に取り組む頑張り屋な一面も持っています。

ダミアンとの関係

ダミアン・デズモンドはアーニャのクラスメイトです。

そもそもロイドがアーニャを名門イーデン校に入学させた目的は、このダミアンを介して東国の重要人物であるドノバン・デズモンド(ダミアンの父)という人物に近づくためでした。

アーニャはロイドの思考を読み、ロイドの希望を叶えるためにダミアンと仲良くしようとします。

対するダミアンは序盤こそアーニャを敵視していたのですが、作中のある出来事をきっかけとしてアーニャに対して恋心を抱くようになります。

ただ、本人はまだ自分の気持ちには気づいてはいないようですが。


正体や能力についても

アーニャの正体

アーニャは他人の心が読める超能力者です。

その正体は、ある組織の実験体として生み出された「被検体007」

組織で「お勉強」ばかりさせられることに嫌気が差して逃亡した彼女は「アーニャ」と名乗り、ロイドと出会うまでは能力を隠しながら施設を転々としていました。

ロイドとの出会い

ロイドは西国と東国の戦争を企てるドノバン・デズモンドという人物を調査するために、組織から「結婚して子供をこさえろ」と命令されました。

ドノバン・デズモンドは、息子の学校(名門イーデン校)の懇親会に出席するので、子どもを同校に入学させ、懇親会でドノバンに接触するためです。

そこでロイドは子供を探す為に孤児院を訪れます。

そして孤児院にいたアーニャは、超能力を駆使してロイドの養子になることに成功します。

スパイアニメが大好きなアーニャは、本物のスパイと暮らしにわくわくが止まりません。ロイドからは「お父様」と呼ぶように指示されたアーニャですが、難しかったのか呼び方は「ちち」となりました。

アーニャの能力

アーニャは謎の組織が実験体として生み出した超能力者です。

その能力は人の心が読めること。

孤児院を転々とする中、能力のことは隠していましたが、それでも相手から不気味な印象を持たれることが多かったようです。めちゃくちゃかわいいのに不憫すぎます。

また、人混みの中だと大勢の心の声が聞こえてきてしまい、脳がキャパシティオーバーするのか、鼻血が出てしまうこともあります。

SPY×FAMILY 秋マン!! 1【期間限定試し読み増量】

まとめ

この記事では「スパイファミリー」最大の魅力であるアーニャのかわいさに突いて紹介しました。

アーニャは悲劇的な生い立ちを持っていますが、そのことを微塵も感じさせない明るさ、健気さ、かわいさを持つ愛すべき(自称)6歳児です。

それぞれがシリアスの設定を持ちながら、心温まるホームコメディとして人気の「スパイファミリー」を是非お楽しみください!アーニャのかわいさの虜になること間違いなしです!

↓amebaマンガの100冊半額クーポンを使って「スパイファミリー」をお得に読む方法はこちら↓

Amebaマンガ100冊半額クーポンのもらい方や使い方を解説!登録やお得に漫画を読む方法も!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です