松大航也の筋肉がすごい理由!俳優としての経歴や性格についても

松大航也(まつだいこうや)さんは、『ドクターY~外科医・加地秀樹~』でバスケットボール界の若きスーパースター・大根類を演じていました。

大型新人として以前から注目されている松大さんは筋肉がすごい、と言われています。

その理由や経歴・性格を調べてみました。

 

松大航也の筋肉がすごい理由

端正な顔立ちの松大航也さん ↓


引用:ザ・テレビジョン

松大航也さんはアクション俳優を目指していて、『GARO ‒VERSUS ROAD‒』で初のテレビドラマ主演をしたときに、アクションにも挑みました。

しめ技などの実践的なものが多かったので、アクション監督に『これは本当にけんかで使えるから、他ではやるなよ(笑)』と言われたそうです。

元々運動していた松大さんですが、難しいものもあり、かなり練習したそうです。

アクション練習は3部に分かれていて、どこに参加するかそれぞれ選べたそうですが、松大さんは全部に参加して、気付けば6時間ぐらい練習していた日もあったという事です。

そんなに練習していたら筋肉が付くのも当たり前ですね。

『GARO ‒VERSUS ROAD‒』をHuluで見る ↓

松大航也の俳優としての経歴

松大さんは朝ドラ「エール」にも出演しました。

それについてはこちらに書いています ↓

【エール】青年期のケン役は松代航也!吟と智彦の養子になった役どころについても

プロフィール

生年月日 1999年9月4日
星座 おとめ座
血液型 B型
身長 180cm
出身地 三重県
趣味 映画鑑賞、運動、筋トレ
特技 バレーボール
所属事務所 スパイスパワー

俳優になったきっかけ

中学3年生の時に地元・三重でスカウトされましたがその時は芸能界に興味がなかったため断ったそうです。

高校時代、映画『アベンジャーズ』を観て俳優の仕事に興味をもつようになり、スカウトされたことを思い出して事務所に連絡をとりました。

2017年にネスレKitKatショートフィルムでデビュー。

同年『オーファン・ブラック〜七つの遺伝子〜』の小林良役を演じました。

2019年9月公開の『見えない目撃者』でのヒロインの弟・浜中大樹役で初の映画出演を果たします。

 

また、マーベル作品※やイ・ビョンホンへの憧れからアクション俳優を目指し、ボクシングや殺陣で鍛錬していたこともあり、2020年4月の『GARO ‒VERSUS ROAD‒』で初のテレビドラマ主演に抜擢されました。

これは、大人向け特撮ドラマ「牙狼〈GARO〉」シリーズの15周年記念作品という事です。

※マーベル作品とは、2008年の『アイアンマン』からスタートした「マーベル・シネティック・ユニバース(MCU)」の作品のことです。マーベル・コミックによって出版されたコミックのキャラクターに基づいて制作されています。

その後も『ドクターY〜外科医・加地秀樹〜』に出演するなど順調に出演し、演技の幅を広げています。

松大さんがあこがれの俳優・ポールラッドにインタビュー ↓

主なドラマ出演作品

●2017年『オーファン・ブラック〜七つの遺伝子〜』
●2019年『螢草 菜々の剣
●2020年『GARO ‒VERSUS ROAD‒』
●2020年『ドクターY〜外科医・加地秀樹〜』

dTVで「ドクターY〜外科医・加地秀樹〜」の松大航也を見よう! ↓

>>【dTV】映画・ドラマ・アニメ・音楽など12万作品が月額500円で見放題!

ネット配信作品

●2020年『速食物語』

中国南京発の料理バラエティ! 今をときめく若手俳優 小林亮太 、富田健太郎 、松大航也 の3人が、料理の腕を競いあう!

↑ 松大航也さんのチャーミングな姿が見られます。

 

松大航也の性格

恥ずかしがりやの性格

松大さんは恥ずかしがり屋で、昔から写真を撮られるのも苦手だったそうです。

俳優の道に進んだのは、そんな自分を変えられるのではないかと思い、飛び込んだという事です。

Instagramにも始めたころは恥ずかし過ぎてなかなか顔を載せられなかったそうですよ。今は写真を撮られるのにも慣れてきたことでしょう。

半端ない努力家

『GARO ‒VERSUS ROAD‒』を演じるにあたって、周りの俳優に比べて経験不足でプレッシャーを感じていたそうです。でも、台本を読み込んだり監督に相談することで乗り越えていった、とインタビューで答えていました。

また、ある俳優から「主演と呼ばれるのは一人だから、誇りに思った方がいい」と言われて、主演を意識し、スタッフへの感謝も抱くようになったそうです。

ザ・テレビジョンのインタビューでは、撮影の合間に「(主人公の)気持ちを考えたり、セリフの練習をしていることが多い」と答えていました。

また、監督やスタッフからのアドバイスから、自分のとらえていた主人公の感情以外の感情も存在することを学んだそうです。

「こういう気持ちもあるんだよと提示されたときに、僕が凝り固まっていたなと。まだまだ僕は浅くて、視野を広げていかなければならないなと思いました。それはすごくいい経験になりましたし、今後に生かしていきたいです。」

引用:ザ・テレビジョン

役柄に真摯に取り組む松大さん、俳優として大物になりそうですね!

慎重だが行動力がある

松大さんは高校時代、映画『アベンジャーズ』を観て俳優の仕事に興味をもつようになり、スカウトされたことを思い出して事務所に連絡をとりました。

スカウトをされても興味がなかったので断ったのは慎重だと思いますが、興味が出たら自分から連絡する行動力もあるので、とてもバランスが取れていると思います。

まとめ

今回は、注目若手俳優の松大航也さんについてのまとめでした。

朝ドラ「エール」にも出演した松大さん、これからの活躍が期待できますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です