四ツ原フリコはわたナギの前は百合作品ばかりだった?経歴や結婚は?

四ツ原フリコ原作のドラマ『私の家政夫ナギサさん』はメイ役の多部未華子さんが小顔で本当に可愛いのと、ナギサさん役の大森南朋さんのほのぼのした感じがとても良かったですね。

原作漫画『家政夫のナギサさん』の作者四ツ原フリコさんはしばしばTwitterでわたナギについてなどツイートしていますが、どんな経歴なのでしょうか?

なんでもナギサさんを書く前はおじさんを描いたことがなかったとか。

謎の多い四ツ原フリコさんについて調べてみました。

 

四ツ原フリコはわたナギの前は百合作品ばかりだった?

四ツ原フリコさんは、2008年にコミック百合姫に掲載された『スリーピングビューティーの見た夢』でデビューしました。

この作品で、一迅社コミック大賞 (第4回コミック百合姫部門)を受賞しています。

それ以前には、2005年に同人誌に発表された作品『Chopsticks』があります。

当時のペンネームは「五月涼」でした。

ご本人のTwitterで、百合作品について述べています↓

『私の家政夫ナギサさん』の原作漫画はオヤジズムという漫画雑誌からの依頼があったからのようです。

それまでは男子を描くことが少なかったのですね。

百合以外の作品も

しかし、四ツ原フリコさんの以前の作品を調べてみると、百合以外の作品もいくつかありました。

その代表が、『先生、先生、先生』です。3巻あり、1話ごとの読みきりになっています。

先生、先生、先生 1巻

あらすじは以下です↓

居眠りスマホは当たり前のバカばっかりが集まる高校で、一人だけ厳しく真剣に教えようとするオヤジ教師の日下から「赤点とったら留年」をつきつけられたユキ。もう卒業間近で就職も決まっているのに!なんとか留年をまぬがれようと交渉したら、昼休み、日下とふたりっきりの補講を受けるハメになって…!!

引用:amazon

読んでみると、『家政夫のナギサさん』の原型と言っても良い作品でした。

堅物で真面目に教える仕事に取り組む中年の先生と、生徒のお話です。

先生の補講を受けるうちに、勉強が楽しくなり、先生の人柄にも惹かれていく、というストーリーです。

『家政夫のナギサさん』と共にぜひ読んでみると良いと思います。

1巻は無料で観ることができます。

先生、先生、先生 2巻

あらすじは以下です↓

41歳無職。仕事に追われ何もかもが嫌になって会社を辞めた俺は、公園で一人の女子高生と出会う。メガネをかけて今時水筒なんて使う見るからにマジメそうな女の子。そんな彼女が口にする…、「悪いコト、教えて」と――。

引用:amazon

 

先生、先生、先生 3巻

あらすじは以下です↓

私、伊勢崎 椿。元ヤンの高校3年生。ひょんなことからBARのマスターに一目惚れして猛アタック中。でもいっつも子供扱いされて終わっちゃう…。私はこんなに好きなのに。子供って何?オトナって?ねぇ…なんなの……?教えて―――…。

引用:amazon

 

どの作品も女子高生と40代男性の話で、女子高生が男性に惹かれる、という展開です。

四ツ原フリコの経歴や結婚は?

四ツ原フリコさんは、ご自身のことをあまり公にしていず、画像などもありませんでした。

プロフィールには、女性、5月25日生まれ、現在は千葉県に在住、とありましたが、Twitterで引っ越しされたようなことを書いておられたので、現在も千葉に住んでいらっしゃるかは分かりません。

Twitterでお知らせをよくしている

「わたナギドラマ関連まとめ」というウェブページで、わたナギについての記事を更新してくれています。

漫画もあってとても楽しいです↓

猫を飼っている

Twitterでは、猫の話が良く出てきます。「三角」と言う名前の猫ちゃんもいるようです。

年齢や結婚は?

四ツ原フリコさんの年齢や結婚しているかは分かりませんでした。

ただ、Twitterを見る限り結婚している感じはしないです。(してたらごめんなさい)

まとめ

・四ツ原フリコさんは『私の家政夫ナギサさん』の原作漫画を描くまでは、主に百合漫画をかいていた。

・『私の家政夫ナギサさん』の原作漫画によく似た構成の、若い女性とおじさんの恋愛の本も書いていた。

・四ツ原フリコさんの年齢や結婚しているかなどは分からないが、Twitterで日常のことなどを良く発信している。

新しい情報が分かりましたら追記していきますね!

『家政夫のナギサさん』はebookなら、1~3巻を無料で観ることができます↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です