【鬼滅の刃】堕姫(だき)の本名は梅!鬼になった経緯についても

こちらでは、2021年12月5日から放送が始まるアニメ「鬼滅の刃」の第2シーズン、「遊郭編」の登場キャラクター堕姫(だき)についてみていきます。

堕姫(だき)の本名は梅といいますが、鬼になった経緯やどのような鬼なのか、そしてアニメで堕姫(だき)を担当される声優の沢城みゆきさんについても解説していきます。

「鬼滅の刃」を試し読みしよう!
「鬼滅の刃」をebookjapanで試し読み!

↑ページが移ったら、「購入」の横の「試し読み」をタップ!

ebookjapan』なら無料初回ログインで、6回使える50%OFFクーポンがもらえます。

 

●「鬼滅の刃」を読むならebookjapan

ebookjapanの特徴や会員登録の方法!作品の購入の仕方も画像付きで解説

【鬼滅の刃遊郭編】堕姫(だき)の本名は梅!


引用:https://kimetsu-no-yaiba.fandom.com/wiki/Daki

堕姫(だき)とは?

堕姫(だき)は、鬼滅の刃に登場する鬼のキャラクターです。

「遊郭編」では竈門炭治郎たちにとって、ラスボスのうちの1人です。

上弦の鬼と呼ばれる非常に強い鬼で、堕姫の目には「上弦の睦」の数字が与えられています。

とても美しい容姿で、日中は鬼である正体を隠すため、吉原遊郭の京極屋で花魁として人気を集めていました。

一方、その性格は極悪で、京極屋の働き手を次々と自殺や脱走に追い込んでしまう程です。

だきの本名は梅

人間の時のだき ↓


引用:https://kimetsu-no-yaiba.fandom.com/wiki/Daki

堕姫は、遊郭最底辺の階級に生まれた女の子でした。

人間だった頃の名前は「梅」といったそうです。

この名前は母親の病気「梅毒」が由来で名付けられたそうで、生い立ちが壮絶であったことが分かりますね。

だきの身の上

前述の通り、遊郭で生まれ育った堕姫ですが、母親に容姿を気味悪がられたことで命を狙われたことがありました。

そんな時、兄である妓夫太郎に助けられ、助けられたこともあります。

親からの愛に恵まれなかった堕姫ですが、兄の妓夫太郎のことだけは慕っていたようです。

兄・妓夫太郎との関係

妓夫太郎は堕姫の実の兄で、常に堕姫の中で眠っています。

ですが、堕姫が鬼殺隊との対戦等でピンチに陥った際には目を覚ましサポートします。

ピンチの際、堕姫は「お兄ちゃん何とかして!!」と泣き叫んで兄を頼ります。

また、人間だった頃も度々命を救われており、兄から片時も離れたくない様子でした。

また、妓夫太郎も堕姫を非常に可愛がっています。


鬼になった経緯についても

遊郭での生活

人間であったころ、貧しい母親の元に妓夫太郎と堕姫は生まれました。

幼少期は飢えに苦しむことが多かったようです。

母親に暴力を振るわれることが多かった堕姫ですが、自分の美貌を上手く使いこなせるようになると大人から物を貰えるようになり、飢えることも無くなりました。

侍に危害を

妓夫太郎が13歳の時、当時10歳前後だった堕姫が激高し、客として訪れていた侍の目を潰してしまう事件を起こします。

この事件は、その侍が妓夫太郎の容姿を侮辱したことが原因でした。兄をとても慕っていて、大切に想っているからこそ起きた悲しい事件でした。

鬼になった経緯

前述の事件で、店の女将によって堕姫は火あぶりされ死にかけてしまいます。

それを見つけた妓夫太郎が堕姫を痛めつけた店の女将と侍を殺し、堕姫を助け出します。

そこに上弦の弐の鬼である童磨がすれ違い、妓夫太郎と堕姫に鬼になるよう説得し、二人は鬼になり堕姫は一命を取り留めました。

柱との闘い

堕姫は今までに7人の柱を倒していました。

そんな中、遊郭編では音柱である宇随天元と戦闘を行います。

堕姫は分身を使って戦闘し、たとえ日輪刀であろうといくら切られても死ぬことはありません。

身体は非常に柔らかい帯のようなものでできており、切りづらいという特徴を持っています。

堕姫を倒すためには妓夫太郎の首と同時に切り捨てる必要がありました。

だきの死亡シーン

宇随天元・炭治郎・伊之助・善逸らの力により、妓夫太郎の首が切られた直後に堕姫も首を切られ、絶命します。

首を切られて後、悔しさからか兄としばらく口論をしますが、炭治郎に諭されます。

改心したのか、再び兄に甘え始め、泣きわめきながらそのまま消失したのでした。

だき役の声優は沢城みゆき


引用:https://www.aoni.co.jp/search/sawashiro-miyuki.html

沢城みゆきのプロフィール

沢城みゆきさんは、声優、女優、及びナレーターとして活躍しています。

1985年6月2日生まれの36歳です。出生地は長野県で、出身は東京都で身長は154cmだそうです。

2014年に結婚されており、お子さんもいらっしゃいます。

沢城みゆきの経歴

沢城さんは小学生のころに演じる事に興味を持ち始めました。

その後、1999年にオーディションで審査員特別賞を受賞したことがきっかけで声優デビューします。

2001年にテレビアニメデビューを果たし、2008年に大学を卒業。

2011年にルパン三世の峰不二子の声を務めて以来、現在も峰不二子役を担っている他、PSYCHO-PASSの唐之杜志恩などのキャラクターを担当しています。


まとめ

この記事では、2021年12月5日から始まるアニメ「鬼滅の刃 遊郭編」の主要キャラクターである堕姫と、その声を担当される沢城みゆきさんについて解説しました。

9月にテレビで放送された予告動画からも堕姫のビジュアルの高さが期待できます。

新シリーズを楽しみに待ちましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です