【君の膵臓をたべたい】海外の反応と韓国での評判は?小説や漫画や映画を比較して紹介!

『君の膵臓をたべたい』は、住野よるさんの青春小説ですが、海外でも人気があるようです。

『君の膵臓をたべたい』小説版のタイトルは、英語だと”I Want to Eat Your Pancreas”となっています。そのままですね。

ライトノベルのペーパーバック版です。

映画のほうでは”Let Me Eat Your Pancreas”というタイトルになっていました。

『君の膵臓をたべたい』の、海外での評判を調べてみました。

 

【君の膵臓をたべたい】海外の反応と韓国での評判は?

海外の反応

小説版の評判

アマゾンでは2020年9月1日現在で107個のレビューがあり、★5つが90%、★4つが7%、★3つが3パーセント、★2と1は0%、と大変高い評価になっています。

Kamran Sikandar(2019年1月10日にレビュー・英国)
★5:Introvert meets extrovert student. Sad rollercoaster ride.

After watching its anime movie counterpart i quickly bought the novel in hopes of experiencing the story again but in a more in-depth fashion.
It met and exceeded my expectations.
Would definetly recommend to people who have/not seen the movie.
Its a very sad story so please keep a box of tissues. The title can only be understood by reading/watching the novel or movie. So dont mix up the genre!!

要約:アニメ版映画を観てから購入したが、内容が更に深く、期待以上だった。映画を観ている人にも見ていない人にもお勧めする。泣ける話だから読むときはティッシュを忘れずに。実際に読んで(観て)みないと題名の意味は理解できなく、別ジャンルとごっちゃにしないように!

※別ジャンルとごっちゃにしないように、とありますが、実際多くの外国人が、ホラー小説または映画だと思ったらしいです。

Red(2020年1月16日レビュー・インド)
★5:Best Slice of life, I’ve read so far!

The book was awesome.
Wanted to purchase it for a long time.
The Author really tried to put the emotions of characters and it was perfect, loved it more than movie.
Brook’s condition was nice (not perfect) and it was delivered in time.

要約:素晴らしかった。ずっと購入したいと思っていた。著者のキャラクターへの感情移入は完璧だ。映画よりも小説のほうが好きだった。ほんの状態は完ぺきではないが良かったし、それほど遅くもなく届いた。

Lara Kostyra(2020年2月4日にレビュー・ドイツ)
★4つ: Cute book

It is a very sad and cute story. A great book.
It got 4 stars because the cover has been damaged a bit.
All in one no problems.

要約:とても悲しいけれど素敵な話。素晴らしい本。星が4つなのはカバーが少し汚れていたから。中身は問題なかった。

他にもメキシコやスペインといった国の人もレビューを書いていました。世界各国で読まれていることに驚きました。

アニメ映画や漫画がきっかけで、原作を読んだ人が多いようです。

漫画版の評判

漫画版は、245のレビューがあり、平均が★5つ中の4.8で、これも高い評価となっています。

■好意的なレビュー

Alejandra Hernandez(2020年5月11日にレビュー・アメリカ合衆国)
★5: I want to eat your pancreas.

A sad but charming story that you should not miss. If you already saw the film and you liked it, the manga will surely fascinate you. It is a book so realistic that you can not help but empathize with the characters and the situation they live in the story. It leaves you with a feeling that everyone has ever experienced.

要約:悲しいけれど魅力的なストーリーで、絶対に見たほうがいい。映画版が好きならきっと気に入る。とても現実的でキャラクターに共感せずにはいられない。

■批判的なレビュー

Sally(2019年5月29日にレビュー・アメリカ合衆国)

★2: Forgettable Storytelling

I’m a fan of slice of life stories, but this story just didn’t cut it. If you’re looking for something that will tug at your heartstrings, make you reflect on your youth or just wonder about life questions, this might not do that for you. A few problems I had with it:

Weak characters – The male protagonist is somewhat of a bore; he doesn’t really have any qualities that make him memorable or likeable. You don’t even find out his name until the end, and I know that’s supposed to be part of the story’s impact, but it fell flat for me. The main female protagonist was just overly bossy in an immature way. Their “friendship” (if you could call it that) was really not based on anything that would really hold that long in real life, and as I reader, I had to really suspend my disbelief and go along with it even though I felt like main male was spineless and the main female was manipulative in this “friendship.”

Poor message – The female lead makes some really bad jokes about suicide that were rather tasteless. I get it, it’s a comic and there is such thing as dark comedy and making light of dark situations, but her jokes were just “off” in timing and didn’t strike me as realistically something people would say in that’s situation.

What did I like? I suppose the art was nice and the idea of the storyline was nice, but the execution left much to be desired. Perhaps marketing is to blame for the higher expectations than the book itself could actually deliver.

Overall, I would not recommend this read unless you have some money to spare and time to pass. There are better slice of life to read out there.

要約:男性主人公のキャラクターが退屈で女性キャラクターは未成熟で傲慢。友達関係と呼べるのかはわからないが、彼らの関係においても主役の男性は意気地が無く、女性は支配的だ。

女性キャラクターの死に関するジョークがジョークとは思えずに笑えない。

絵柄とストーリーのアイディアはよいがお金と時間が余っている人にしかお勧めしない。日常系漫画は他にいくらでも良いものがある。

アニメ版の評判

Letterboxdでのreview 平均★3.6 いいね!の数2143

■好意的なレビュー

faticidio
Review by faticidio ★★★★★

The amount of tears I shed during the last 30 minutes is indescribable to the point that when I finished it, I had to watch the last 20 minutes all over again because my eyes were so full of tears I couldn’t see a thing. It’s beautiful and heart-breaking, but what I really loved about it is that it was realistic. I think that it’ll take some time to recover from this one. It’s the type of movie to not only give you emotional pain, but also physical.

要約:ラストの30分は涙で見えなかったので何度も見直さなくてはならなかった。美しく心に響く映画で、一番いいと思ったのは実際に起こりうるところだ。立ち直るのにしばらくかかりそうなくらい精神的にも肉体的にも影響を与える映画だ。

■批判的なレビュー

Omnia
★★ Watched by Omnia 02 Sep, 2020

Unbearable mediocrity

要約:耐えられないくらい凡庸

実写版の評判

Letterboxdでのreview 平均★3.4 いいね!の数294

■好意的なレビュー

charly
★★★★★ Watched by charly 28 May, 2020

this was one of the saddest movies i’ve watched i cried like a little baby… i really wanted them to see the cherry blossoms together 🙁

要約:私が見た中で最も悲しい映画で、赤ん坊のように泣いてしまった。彼ら(主人公の2人)が桜を一緒に見てほしかった。

■批判的なレビュー

Gugu
07 May, 2020 4

I tried my best to finish the film, I swear… but the INTJ in me could not handle each and every scene involving the unbearably annoying dying girl. I could not sympathize with her character – I mean, she’s selfish & she talks too much.

Takumi Kitamura and Shun Oguri (despite his limited screen time) shine in their respective role, though. if I eventually decide to finish the film, they might be the only cause.

要約:映画を最後まで観ようとしたが、INTJ型*の性格だからか、主人公の少女が神経に触って耐えられなかった。彼女は利己的でしゃべりすぎだ。北村匠海と小栗旬は良かったので、もし映画を最後まで見るとするなら彼らのおかげだ。

*INTJ型とは、16タイプ性格診断で、分析家タイプのこと。人や社会を悲観的に見ているところがある。

韓国での評判

『君の膵臓を食べたい』は、韓国でも人気で、観客41万人を突破したそうです。

これは日本実写映画史上最高の記録だという事です。

”桜良”と“僕”役の浜辺美波と北村匠海が伝えるヒット感謝映像↓

この映像には熱い反響が寄せられたそうです。特に、北村匠海が映画の中のセリフ、「君、本当に死ぬの?」を言いながらはにかむ姿が、韓国女性の心をわしづかみにしたという事です。

 

まとめと感想

『君の膵臓を食べたい』の海外での評判をまとめてみました。

やはり海外ではアニメや漫画から入る人が多く、実写版を見ている人は少なかったです。

評価は小説や漫画のほうが映画よりも高いようでした。

海外での “slice of life”「日常系」ジャンルに置いて、日本の漫画やアニメはとても人気があるようでした。

日本はコロナ後に行きたい国No.1ということですが、海外の若者の漫画やアニメ好きも一因なのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です