レイチェル・クーのチョコレート!メレンゲのデザート&サラダの内容は?

料理人レイチェルの新シリーズ「レイチェル・クーのチョコレート」が始まっています。

今回レイチェルは、「メレンゲのデザート&サラダ」と称して「チョコレートとカルダモンの焼きメレンゲ」「チョコレート風味のビーツサラダ」の2品を作りました。

内容について見ていきます。

 

レイチェル・クーのチョコレート!メレンゲのデザート&サラダの内容は?

引用:NHK

今回のテーマは「相性バツグンの食材」です。

チョコレートとカルダモンの焼きメレンゲ

1品目は「チョコレートとカルダモンの焼きメレンゲ」。

メレンゲにダークチョコレートとココアパウダーを加え、焼き上げます。

【作り方】

1.刻んだダークチョコレート125gと粉のカルダモン小さじ1/4をボールに入れて湯煎しながらかき混ぜる。

 

2.メレンゲを作る。卵の白身3個分をボールに入れて電動泡だて器で攪拌しながら砂糖120gを少しずつ入れていく。ツノがたつくらいまで泡立てる。

3.1のボールをお湯から話して冷ます。塩を一つまみ入れる。塩を入れるとダークチョコレートの香りが一層引き立つ。

4.2に甘くないココアパウダー30gをパラパラと足して、3を加える。

5.4を軽く混ぜる。(レイチェルは、電動泡だて器をちょっとだけかけて、そのあとゴムベラでざっくり混ぜていました)

6.メレンゲの白い色が残っているくらいまで混ぜたら、オーブンシートを引いた天板にゴムベラで掬ったチョコ入りメレンゲを6個ぐらいに分けてぼたっぼたっと落としていきます。

7.120度に温めた段付きオーブンで1時間焼く。

8.飾りのチェリーを準備。チェリーの種を瓶の口に置いて、金属のストローで押し出していました。そうするとった値が瓶の中にポトンと落ちる仕組みです。

9.焼けたチョコ入りメレンゲをオーブンから出す。外側はサクサクで中はしっとりしている。

10.9を適当にちぎってお皿に載せる。泡立てた生クリームを少しずつ絞り出す。絞り袋がなければスプーンですくって載せてもよい。

11.種を取ったチェリーを乗せて最後にいたチョコを削って振りかけて出来上がり。

ロンドン大学で研究者と、チョコレートの味に人間の感覚がどう反応するかの実験もありました。

チョコレート風味のビーツサラダ

さらに塩味の料理にチョコレートを活かしているシェフを訪問。

それに刺激を受け、2品目は「チョコレート風味のビーツサラダ」。

チョコレートとビーツ?不思議な組み合わせですね。

【作り方】

1.ミニサイズのビーツを洗い、オーブンシートを敷いた天板にバラバラ載せてオリーブオイル適量、塩一つまみを振り、200℃のファン付きオーブンで40分焼く。

2.ソースを作る。かぼちゃの種一掴みを入れ物に入れ、ココアパウダー大匙山盛り、惹きたての黒コショウ適量、バルサミコ酢(材料が浸るくらい)を加えてスプーンで混ぜる。

3.ヤギのチーズボールを作る。アーモンド、ヘーゼルナッツ、ヒマワリの種適量を炒ってビーツと一緒のオーブンで10分焼く。

4.フライパンにカカオニブとクミンシード、コリアンダー、ゴマ、フェンネルシードも入れて、リュカと呼ばれるスパイスを作る。

5.パチパチはねてきたら火からおろし、焼けた3を加えてすり鉢で粗めのパン粉くらいにつぶす。

 

6.ヤギのチーズを200g小鉢に入れて、小さくちぎって丸めて、5の上で転がす。

7.みかんの皮をむき、身をいくつかナイフで袋から出して皿に並べておく。残りは絞って汁を取っておく。

8. 焼いたビーツに2のソースをかけ、オーブンに戻してさらに5分焼く。

9.フェンネルをスライサーで薄く切り、ミカンの汁に浸して塩を振る。

10.盛り付け

大きめの皿に8のビーツを乗せ、フェンネルを散らし、ミカンの身を乗せる。

アボカドをスライスして加える(色が変わりやすいので最後に)

6のヤギのチーズボールも乗せて、オリーブオイルを適量回しながら垂らす。


まとめ

新シリーズ「レイチェル・クーのチョコレート」から、「チョコレートとカルダモンの焼きメレンゲ」「チョコレート風味のビーツサラダ」の2品の内容を見てきました。

 

2回目の放送内容はこちら⇒レイチェル・クーのチョコレート!トマトソースペンネ&ドライフルーツの内容は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です