レイチェル・クーのチョコレート!パフェ&チョコの器の内容は?風船も活用!

料理人レイチェルの新シリーズ「レイチェル・クーのチョコレート」が始まっています。

今回レイチェルは「チョコレートチェリーパフェ」「風船で作るチョコの器」の2品を作りました。

内容について見ていきます。

くまた
『レイチェルシリーズ』についてもっと知りたいなら関連記事があるよ!
『レイチェル・クー』の関連記事はこちら
 

うさこ
レイチェルの以前の放送をお得に見る方法があるんだって!
レイチェルの以前の放送を無料で観る方法!

 

レイチェル・クーのチョコレート!パフェ&チョコの器の内容は?

引用:NHK

今回のテーマは「あっと言わせよう!」。

今回もチョコレート職人や、フードアーティストからヒントを得てみんなが驚く斬新な作品を作りました。

1品目は「チョコレートチェリーパフェ」。2品目は「風船で作るチョコの器」。

2品の作り方を見ていきましょう。

チョコレートチェリーパフェ

【作り方】

1.バニラビーンズ1本をまな板に置いて包丁の背ででく。包丁に着いたペーストをボウルのような入れ物に入れ(へりでペーストをいていました)マスカルポーネチーズ小皿1杯分と混ぜる。アマレットをたっぷり注ぐ(分量不明・100mlくらいか?)。

 

 

 

2.別の入れ物にで生クリーム200gを泡立てる。1を入れて混ぜる。

3.シロップ漬けのイタリアンチェリーの瓶詰を開けて濾し、チェリーとシロップを分ける。

4.3のシロップにアマレットを少々入れる。ココアパウダーも大匙2杯加えて火にかけて濃い色になるまでよく混ぜる。

5.焼き菓子(フィンガービスケット風)を4の鍋に入れてシロップを1、2分しみこませる。

 

6.5の焼き菓子を盛り付け用グラスの底に2個ぐらい並べる。3のチェリーと2のチーズムースを適量入れる。この過程を2回繰り返してグラス一杯にする。

7.板チョコの4分の3をミキサー(フードプロセッサー)に入れ(板チョコが大きいので下のクーベルチュールチョコ1個くらいの感じ)ボール状になるまで回す。

8.さらにミキサーを回しながらドライヤーで温める。55℃になるまで温めたら残り4分の1のチョコを追加して再びミキサーを回しながらドライヤーの冷たい風をかけて27℃まで冷ます。

9.絞り袋にチョコを入れて、シートを敷いたトレイの上でハート形や水車形など好きな形を作り冷蔵庫で固める。

10.6のチーズムースの上からチョコを削りながら掛け、9の飾りをつけサクランボを載せる。

 


引用:NHK

 

風船で作るチョコの器

2品目は「風船で作るチョコの器」です。風船を使うアイディアが素晴らしいですね。

【作り方】

1.ホワイトチョコをボウルに入れて鍋に載せ、卓上クッキングヒーターに置いて滑らかになるまで弱火で溶かす。

2.風船を何個か作りたい器の大きさに膨らませる。

3.1に2の風船をそっと回しながら半分くらい浸して、チョコが固まるまでコップにチョコ面を上にして置き、冷蔵庫で固める。

4.ダークチョコをテンパリングする。(テンパリングの仕方は「レイチェル・クーのチョコレート!トリュフ&ステーキの内容は?ビーナスの乳首の作り方も!」の記事にあります)

5.3を冷蔵庫から取り出して4をホワイトチョコの上に重ねて塗り、冷蔵庫で固める。

フルーツサラダを作る

6.パイナップル、マンゴー、バナナを適当な大きさに切り、上からライムを絞る。

仕上げ

7.5を冷蔵庫から出して風船の端をはさみで切り、空気を抜いて抜き取る。

8.焦げ付かないフライパンを温め、7でできたチョコの器の切り口を下にして溶かし、ふちを均一にする。

9.8でできた器にココアパウダーを振りかけ、フルーツサラダを入れて出来上がり。

食べる時ですが、レイチェルはチョコの器をひっくり返してスプーンでたたいて割り、かけらにフルーツを載せて食べていました。別々ではなく一緒に食べたほうがおいしそうですものね。


引用:NHK

 


まとめ

新シリーズ「レイチェル・クーのチョコレート」から、「チョコレートチェリーパフェ」「風船で作るチョコの器」の2品の内容を見てきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です