サマータイムレンダでシデの正体を解説!300年生き続けている理由も

漫画『サマータイムレンダ』はジャンプ+で連載され全13巻コミックが発行されています。

1億3000万PVを記録し、和歌山を舞台にしたSFサスペンスが幅広い世代の人たちに受け入れられました。

アニメ『サマータイムレンダ』の悪役シデであり雁切真砂人と呼ばれる宮司は、和歌山出身の小西克行さんが演じられます。

田中さんは『サマータイムレンダ』を描き始めたきっかけは、小西さんに「和歌山の漫画を描いて欲しい」と言われたからだと仰っています。

そんな小西克行さんが、シデという悪役をどのように演じられるか期待を隠しきれません。

『鬼滅の刃』の宇髄天元役とはまた違った小西さんの演技に目が離せないですね。

シデについての考察は、ネタバレを多く含みますので、ご注意くださいませ。

*『サマータイムレンダ』の漫画を安く読む方法は?

 

サマータイムレンダでシデの正体を解説!

雁切真砂人

引用:田中靖規『サマータイムレンダ』集英社

シデの正体は日都神社の宮司である雁切真砂人(かりきり まさひと)です。

雁切は物語の序盤で、潮の葬儀の取り仕切りなどで登場していたのに、まさか敵だったなんて意外ですね。

そんなシデの正体についてまとめてみました。

シデとは?

シデは、江戸時代にハイネとともに生きていた、初代菱形医院の院長である菱形紙垂彦(ひしがた しでひこ)のことです。

シデはハイネの家族としてずっと生きてきました。

二人で暮らし、影を産み、時には食卓も囲んで食事をして生きてきたのかと思います。

ハイネの記憶の中では、二人が大人の姿で浜辺を歩いたものもあったので、恋人として接していた時もあったのでしょう。

シデの正体は雁切真砂人

雁切真砂人は、シデであり街の人達と友好的に暮らしてきました。

洋食屋小舟が10周年を迎えたら、お祝いの品を持っていきますし、葬儀や祭りも取り仕切ります。

極めて円滑なコミニケーション能力を持った人です。

それと同時に、ゲーム好きであり、東京にも行ったことがあるほどで島の世界以外にも興味があると言っても良さそうです。

喋り出すと話が止まらず、相手の相槌などを待たないで自分の興味があることを永遠と喋り続け、南方ひずるは真砂人を嫌っていました。

オリジナルは菱形紙垂彦

菱形紙垂彦は、人格を産まれた子供の肉体に入れ替えて、ずっと生きてきました。

その系図が巻の裏表紙に描かれていて、紙垂彦から始まり真砂人まで7代も続いています。

二代目以降は、形式上妻を娶りましたがそれは全員影で、産まれた子供は皆ハイネの子でした。


300年生き続けている理由も

ハイネと紙垂彦は夫婦で、ハイネが子供を産むとその子は紙垂彦の記憶を持ち見かけも紙垂彦に瓜二つになって行ったそうです。

真砂人は、影のようにコピーされた人間ではなく、ハイネから産まれた影と人間のハーフだったのです。

そのため、他の影のように平面の影を傷つけてもダメージを負いません。

ハイネ(ヒルコ)とシデ

シデとハイネは、親子であり夫婦でありとても仲睦まじい関係でした。

二人は一緒にいることが多く、お互いを気にかけている様子がいつも伺えます。

しかし、終盤にかけてシデがヒルコを、武器を出してくれる便利マシーンのように扱っている場面が出てきます。

今まで物腰を低くしヒルコに従うようなふりをして、うまく利用してきたんですね。

300年生き続けている理由

先述しましたが、ヒルコとシデは交配を繰り返し子供を産むと、その子がまたシデとなって日都神社の宮司になることを繰り返していました。

過去には、特に巌は根津の幼馴染であった時もあり、根津のことを「銀坊」と呼んでいました。

慎平の味方の根津はシデとは幼馴染で、ハイネはひずると友達だったんですね。

二人は、友達であったからこそハイネとシデの暴走を止めようとしていたのかもしれません。

シデの能力

シデにはコピー能力などはありませんが、骸の鎧と呼ばれる、野良の影の成れの果てを集めた変幻自在の鎧をまとい戦います。

鎧の腕は伸縮性があり、自由自在に伸ばすことができ、目が4つあるのは巌と真砂人が視覚を共有することができるようにするためです。

この鎧は実物がなくても動けて、空っぽの鎧を自分の意識を伝達させ動かすことができるようです。

そのため、日都神社に慎平が潜入した時はあらかじめ影を鎧に変えておき、替え玉を作っておきました。

ウシオが真砂人の替え玉を倒して気を取られている間に、真砂人はウシオの後ろから本体の平面を刺してしまいました。

真砂人が影の気配を発することがないからこそ、ウシオの本体を刺し殺すことができたのです。

また鎧には「ヤマビコ」という力があり、鎧がうけた力を相手にそのまま返すというカウンター能力もあります。

与えたダメージを返されてしまうので、ウシオは苦戦を強いられました。

シデは2人いた

シデは不足の事態のために、肉体を保存していたそうでです。

しかし、空襲の影響でスペアは燃やされてしまい、巌と真砂人の二つの体だけが残ったそうです。

先述しましたが、シデの鎧には4つ目があり、常世で真砂人が戦うのを現世から巌が操っていたようです。

潮は、骸の鎧を全て破壊するためにハッキング弾を作り、シデに撃ち込むように計画を立てます。

しかし、ずっと影の感覚で戦ってきたシデは戦いなれていて、弾を撃ち込む隙が作れません。

果たして慎平達はシデを倒すことができるのでしょうか…。

まとめ

影の黒幕であるシデについてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

屈託ない笑顔の裏で、全てを無に返そうとしていたなんて、序盤の優しそうな真砂人からは想像できなかったですね。

長く生きすぎたせいで、欲求に忠実になってしまった様は哀れだなと感じました。

ゲームのやりすぎで、日常や家族を大切にできなくなった人の末路みたいでしたね。

ゲームオタクが絶大な力を手にしてしまって、しかも世界を崩壊してしまおうとしているのを、慎平達は止めることができるのでしょうか。

ぜひアニメやコミックでチェックしてみてくださいね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です