タイバニでルナティックはかっこいい?正体や名言も解説

「TIGER & BUNNY」は、2011年に放送されたサンライズ制作によるアニメ作品です。

様々な特殊能力を操る「NEXT」がヒーローとして活躍する世界で、ベテランヒーロー・ワイルドタイガーこと鏑木・T・虎徹(かぶらぎ・T・こてつ)と、クールな新人・バーナビー・ブルックスJr.のコンビを描いた王道バディヒーロー物です!

放送終了後も高い人気を誇り、劇場アニメで続編が展開されました。

2022年4月にはファン待望の新作「TIGER & BUNNY2」の放送が始まりました。

この記事では、「TIGER & BUNNY」のダークヒーロー・ルナティックについて解説していきます!

その正体や名言についても書いていくのでお楽しみに!

 

タイバニでルナティックはかっこいい?

ルナティックとは?

「TIGER & BUNNY」に登場するルナティック。

己の正義に基づいて犯罪者を粛清していくダークヒーローです。

その思想からワイルドタイガー達スーパーヒーローとは相容れない存在ではありますが、常に敵対関係にあるという訳でもなく、シチュエーションによっては味方になってくれることも。

捕まったウロボロスの犯罪者を粛清したことから、初登場当初はバーナビーからウロボロスの一員(口止め役)と勘違いされていました。

青と白のカラーリングが印象的な細身のスーツとマントに、手形のついたマスクを装着しています。

優雅さと不気味さが共存していて、いかにも己の信念で動いているダークヒーロー感があり、とてもカッコいいデザインです!

ルナティックの正体は裁判官ユーリ・ペトロフ

登場当初は正体不明だったルナティックですが、程なくしてその正体が劇中で明かされます。

ルナティックの正体は裁判官ユーリ・ペトロフ。


引用:https://tigerbunny.fandom.com/wiki/Lunatic

シュテルンビルト司法局のヒーロー管理官兼裁判官です。

ヒーローがその活動中に起こした器物破損などを裁く他、ヒーロー活動に向けた司法手続きをサポートする役割を担っています。

明確に正体が描かれる前にも劇中に登場していたのですが、ネクタイのデザインがルナティックのスーツに似ているという伏線もありました。

物腰柔らかで、非常に有能な裁判官といった人物です。

ルナティックの過去

作中の登場人物は誰も気づいていないようですが、実はルナティック/ユーリ・ペトロフはMr.レジェンドの息子です。

Mr.レジェンドは20年前に活動していたヒーローで、虎徹はMr.レジェンドに助けられたことでヒーローを目指すようになります。

まさにヒーローの代名詞といえる人物です。

ルナティックは父・Mr.レジェンドからヒーローとしての信条を聞かされて育ちました。

しかし、次第にNEXT能力が減退していき、Mr.レジェンドは酒に溺れ、家庭内暴力を振るうようになっていきます。

暴力を受けている母・オリガを救うため、ルナティックはNEXT能力に目覚めてMr.レジェンドを殺害します。

それから現在に至るまで、ルナティックは正義のヒーローだった頃のMr.レジェンドの幻影に囚われており、そのことが自信の正義を信念として犯罪者を粛清するルナティックとしての活動に現れています。

ルナティックの能力

NEXT能力は「青い炎を操る」こと。

火力は最強の炎使いNEXTとされているファイヤーエンブレム以上と言われており、青い炎をクロスボウから矢のように射出したり、両手からジェット噴射して飛行することが可能です。

 

ルナティックはかっこいい?

独自の正義を徹底させる信念、スッキリとしていて気高さと不気味さを感じるデザイン、青い炎という厨二心をくすぐるNEXT能力とかっこいいダークヒーロー要素てんこ盛りのルナティック。

完全にかっこいいです!かっこよくないはずがない!というレベル。

「TIGER & BUNNY」ではルナティックとの決着はついておらず、「TIGER & BUNNY2」でどのような活躍をするのか非常に楽しみです!

新装版 TIGER & BUNNYを試し読みしよう!
新装版 TIGER & BUNNYをebookjapanで試し読み!

↑ページが移ったら、「購入へ進む」の隣りの「試し読み」をタップ!

ebookjapan』なら無料初回ログインで、6回使える50%OFFクーポンがもらえます。

 

●新装版 TIGER & BUNNYを読むならebookjapan

ebookjapanの特徴や会員登録の方法!作品の購入の仕方も画像付きで解説

 


ルナティックの名言と登場回を解説

ルナティックはその独特な台詞も特徴的です。

代表的な名言を紹介していきます!

タナトスの声を聞け

第8話にて、折紙サイクロンを守るバーナビーに対して言ったインパクト抜群の一言。

ルナティックを代表する台詞ですね。

死の神・タナトスの声を聞け、という言い回しに明確な殺意を感じます。(厨二感もありますね)

私は私の正義で動く

第7話で初めて名乗った際の台詞です。

この一言にルナティックとしての信念が凝縮されている他、前述の過去や父・Mr.レジェンドとの関係にも繋がっています。

刮目して己の全てを省みろ。真の罪人を裁きの導きに導く事こそ私の正義

第21話でピンチに陥った虎徹を助けた際の台詞です。

この台詞により、ルナティックとしての正義が明確に示されたように感じました。

これまで敵対していたはずのルナティックからの助力に虎徹も戸惑っていました。

ルナティックの声優は遊佐浩二


引用:https://animeanime.jp/article/2021/08/12/63155.html

遊佐浩二のプロフィール

ルナティックを演じられているのは遊佐浩二さんです。

ここでは遊佐浩二さんのプロフィールを紹介します。

本名 遊佐 浩二
愛称 ゆっちー
出身地 京都府
生年月日 1968年8月12日
血液型 B型
所属事務所 フリー

役柄としては、悪役・軽薄な役・冷酷な役・二面性を持つ役などを多く担当されています。

多くのキャラクターを担当されていますが、私は重度の特撮ファンなので、「仮面ライダー電王」のウラタロスが最も印象的ですね。

「ソニック」シリーズのシャドウ・ザ・ヘッジホッグも担当されています。

ウラタロスはまだしも、代表作でシャドウを挙げる人は他にいなそうですが。。

遊佐浩二の経歴

1968年、京都府京都市出身。

大学卒業後、勝田声優学院を経て1993年に「黄金勇者ゴルドラン」で声優デビュー。

デビュー当初はオフィス薫に所属しており、退所後は所属フリーで活動しています。

2007年に「仮面ライダー電王」にウラタロス役で出演。

主題歌「Climax Jump DEN-LINER form」がオリコン第2位を獲得。

高い人気を博したことで、第2回声優アワードでシナジー賞を受賞しました。


まとめ

この記事では2022年4月に新作放送を控えている「TIGER & BUNNY」のダークヒーロー・ルナティックについて解説しました。

10年ぶり待望の新作に多くのファン同様、筆者自身も期待が止まりません!

「TIGER & BUNNY2」ではヒーロー達とルナティックとの決着も描かれるのではないかと期待しています!

「TIGER & BUNNY2」に備え、未見の方は1期「TIGER & BUNNY」の視聴を是非おすすめします!

「TIGER & BUNNY」1期をご覧になる方法はこちらです ↓

タイガーアンドバニーの動画を全話無料で観る方法!アマゾンやネトフリは可能?

 

バディの活躍に熱くなりましょう!!

読んでくれてありがとう!そして、ありがとう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です